ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

≫ EDIT

【『逃げ恥』作者・海野つなみ『デイジー・ラック』ドラマ化 NHKドラマ10佐々木希ら出演】

  



海野つなみの漫画『デイジー・ラック』がドラマ化。4月20日からNHK総合で放送される。

『逃げるは恥だが役に立つ』で知られる海野つなみの
同名漫画をもとにした同作は、幼なじみの楓、薫、ミチル、
えみの「アラサー」女性を描いた作品。えみの結婚式で薫、
ミチルと再会した日に仕事も恋人も失った楓は、
子供のころの夢だったパン職人になることを決意するが、
楓の新しい人生の始まりと共に薫、ミチル、
えみの日常も思いがけない展開を見せていくというあらすじだ。

楓役に佐々木希、高級エステサロンの仕事に邁進する薫役に夏菜、
極貧のカバン職人・ミチル役に中川翔子、
新婚のえみ役に徳永えりがキャスティング。
脚本は横田理恵、演出は木下高男、都築淳一、小山田雅和が手掛けた。

佐々木希は「アラサー世代なら誰もが共感する部分が、
胸がチクリと痛くなるくらいにリアルで切実に、
そして泥臭く描かれており、『どうにか頑張れ!』と
心の中で思いながら台本を読みました」とコメント。

また海野つなみは「自分の中でも大事な話なので、
ドラマ化されて嬉しいです。結婚や出産で人生が変わることが多い
20~30代というのは、女性は特に大きな転機だったりします。
このドラマが、そんな皆さんへのエールになればいいなと思います」と語っている。
(シネマネット)

<キャスト>
佐々木希
夏菜
中川翔子
徳永えり

ほか

ドラマ10 『デイジー・ラック』
【放送予定】
2018年4月20日(金)スタート<45分・連続10回>
総合 毎週金曜 よる10時から
【原作】
海野つなみ「デイジー・ラック」
【脚本】
横田理恵

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | デイジー・ラック | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【<火10・TBS「花のち晴れ~花男 Next Season~」> 杉咲花×平野紫耀×中川大志「花のち晴れ」に、濱田龍臣や飯豊まりえ出演】

  

杉咲花、平野紫耀、中川大志が共演する連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の
追加キャストが発表された。

本作は、累計発行部数6100万部を記録している
神尾葉子のマンガ「花より男子」の新章。
セレブな男子グループ“F4”が卒業してから10年後の英徳学園を舞台に、
他人に言えない“ヒミツ”を抱えた人々の姿が描かれる。
大手化粧品メーカーであるエド・クオリティの令嬢だったが、
会社の倒産により貧乏な暮らしを強いられる主人公・江戸川音を杉咲、
神楽木グループの御曹司でありC5を結成する神楽木晴を平野、
英徳学園のライバル校・桃乃園学院で生徒会長を務める馳天馬を中川が演じる。

このたび、晴の幼なじみで英徳学園歴代トップのIQの持ち主・平海斗役を
「ウルトラマンジード」の濱田龍臣、
晴にアプローチするため英徳学園に転入してくる、超人気モデルの大財閥令嬢“メグリン”こと
西留めぐみ役を飯豊まりえ、
幼い頃から晴に恋心を抱き続けているC5の紅一点・真矢愛莉役を「デメキン」の今田美桜、
超女好きなC5随一のイケメン・成宮一茶役を「兄に愛されすぎて困ってます」の鈴木仁、
類まれなる運動神経の持ち主で武道の達人・栄美杉丸役を中田圭祐が担当することが明らかに。
そのほか、音が“隠れ庶民”であることを秘密にして付き合っている友人の
神田麻美役に牧内莉亜、服部京子役に喜多乃愛が起用された。

さらに、キャスト陣が制服に身を包んだ写真も到着。
杉咲はトレードマークでもあった長い髪を30cmカットした姿を初披露している。
ドラマ「花より男子」で主人公・牧野つくしが着ていたものと同じ制服に身を包んだ杉咲は
「小さい頃から見ていた“花男”の学校に行けるのがうれしい!
自分がこの制服を着ているのが感動」と喜びを語った。
一方、平野が着ているのは晴をリーダーとするC5だけが着用できる
特別な制服“ブラックジャケット”。
格式ある最高級ブランドDORMEUILのオーダーメイドで、
今作のためにC5のメンバー1人ひとりを採寸し作られた。

「花のち晴れ~花男 Next Season~」はTBS系の火曜ドラマ枠で
4月より放送スタート。
「ヒロイン失格」の吉田恵里香が脚本、
「映画 クロサギ」の石井康晴らが演出を手がける。

花のち晴れ~花男 Next Season~
TBS系 2018年4月放送スタート 毎週火曜 22:00~22:54
(ナタリー)

<キャスト>
杉咲 花
平野紫耀(King & Prince)
中川大志
濱田龍臣
飯豊まりえ
今田美桜
鈴木 仁
中田圭祐


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



br_decobanner_20110417165910.gif | 花のち晴れ〜花男 Next Season〜 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【志尊淳の"女装"姿も話題『女子的生活』がギャラクシー賞月間賞】

  


俳優の志尊淳が主演したNHKのドラマ『女子的生活』(1月5~26日放送)が、
ギャラクシー賞の1月度月間賞を受賞した。

志尊がトランスジェンダーの主人公を演じた同作。
同賞では「トランスジェンダーのみきを志尊淳が自然体で演じる個性的なドラマ。
心の中で葛藤を抱えながらも、さっぱりすっきり暮らす主人公の
新しい生き方に共感する
。町田啓太の好演も光る。
明るく楽しいエンターテインメントとしてのドラマだが、
その裏側に性差別のシビアな現実を映し出し、
深く考えさせられる内容の示唆に富んだ作品」と評価している。

ギャラクシー賞は、放送批評懇談会が1963年に創設した、
優秀番組・個人・団体を顕彰する賞。

今回は他にも、中井貴一、波瑠、満島真之介が出演した
『新春ドラマスペシャル「娘の結婚」』(テレビ東京、1月8日放送)、
『報道の日2017「激動の"日本×アメリカ×北朝鮮"今そこにある東アジアの危機!』
(TBS、12月30日放送)、
『NHKスペシャル「光と影 ふたりのダンサー~紅白 舞台裏のドラマ~」』
(NHK、1月21日放送)が受賞している。
(mynavi)


とっても素敵なドラマだったよ、「女子的生活」
志尊淳くんも、すっごく頑張ってたよ!!
町田啓太の存在も、すごく良かったし。
短いドラマだったけど、内容の濃いドラマだった。
おめでとう!!!


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | 女子的生活 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【二宮和也主演ドラマ「ブラックペアン」に竹内涼真、葵わかなが出演 4月スタート】

  

二宮和也が主演を務めるTBSの日曜劇場「ブラックペアン」に、
竹内涼真、葵わかなが出演することがわかった。

海堂尊の小説「新装版 ブラックペアン1988」をもとにした本作は、
手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海征司郎が、
最新医療機器スナイプを巡る疑惑をきっかけに
嫉妬渦巻く大学病院に立ち向かっていく医療ドラマ。
傲慢な性格から通称“オペ室の悪魔”と呼ばれる渡海を二宮が演じる。

渡海の言動に翻弄されながらも成長していく研修医1年目の
世良雅志に扮する竹内は、「実は、医療ドラマに出演したい!と
心の中で密かに思っていたのでその願いが叶いとても嬉しく思います」と
喜びのコメントを寄せた。
また、手術室看護師・花房美和役を務めるNHK連続テレビ小説
「わろてんか」に出演中の葵は、「今の自分からは分からないことも多いですが、
オペナースを志した花房美和というキャラクターと一緒に、
知識も心も成長しながら、彼女にしかない熱を乗せて行けるよう
頑張りたいです」と意気込みを語る。

そのほか渡海の母・春江役に倍賞美津子、
渡海と対立する新任エリート講師・高階権太役に小泉孝太郎、
“神の手”を持つ日本屈指の心臓外科医・佐伯清剛役に内野聖陽が
それぞれキャスティングされた。

「祈りの幕が下りる時」の福澤克雄らが演出を手がける
「ブラックペアン」はTBS系列で4月より放送スタート。
(ナタリー)


<キャスト>
二宮和也
竹内涼真
葵わかな
倍賞美津子
小泉孝太郎
内野聖陽

ほか

<原作>
海堂 尊「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)

<脚本>
丑尾健太郎

<プロデューサー>
伊與田英徳
川嶋龍太郎
峠田 浩

<演出>
福澤克雄
田中健太
渡瀬暁彦

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 



br_decobanner_20110417165910.gif | ブラックペアン | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「家族の旅路」第3話 一家惨殺事件の加害者タッキーが被告人を弁護する】

  

 
なんか暗いドラマだな、
もう録画消しちゃおうかな・・・と、思いながら
このドラマの感想などを読んでみると、
大絶賛されてる。。。!

これは、やっぱり、じっくり見ないとダメなやつだ!と、
気持ちを新たに
じっくり、ゆっくり集中して、2話、3話と、続けて見た。

なるほど。

これは、明るくなるはずもない内容なのだよ。

そもそも、1話の始まりが、いきなり殺害シーンだからね。
目を覆いたくなるようなシーンからのスタートだったもんね。

その一家惨殺事件の家で
たったひとり、赤ん坊だけが、取り残され
生き残ったのが、タッキー。
浅利祐介(滝沢秀明)だ。

殺された夫婦の母親の妹。由美子(いしのようこ)夫妻に
養子として、育てられ
弁護士となった、祐介。

本来なら、殺人事件の遺族である祐介は
裁判官か検察を目指していたが、
司法修習生のときに出会った、
今の弁護士事務所の所長でもある、澤田(片岡鶴太郎)に出会って
考えが変わったのだという。

その祐介の前に現れた依頼人の女性、
河村礼菜(谷村美月)。

礼菜の母親、あかね(横山めぐみ)の
最初の夫が、祐介の両親と祖父を殺した犯人、柳瀬(遠藤憲一)で
あかねとの間に、一人の息子がいたはずで
柳瀬が捕まったときには、その兄である光男は、行方不明のままだった。
その光男を、余命少ない母に会わせたいと、
柳瀬に会うことが許される弁護人になってほしいというものだった。

当然、断る祐介だったけれど、
調べていくうちに、
当時の担当刑事も、
柳瀬を3回に渡って再審請求をしていた担当弁護士も
柳瀬が冤罪ではないかと思っている。


しかし、今はもう、死刑執行の日を
ただ待つだけだと決めてしまっている柳瀬の心を開くのは
簡単ではない。
けれど、
それが出来るのは、祐介以外にはいないとも
祐介は感じ、
柳瀬への面会を重ねていく。


それにしても、柳瀬の元妻、あかねさん。
とてもひどい女で。
横山めぐみは、光男くんを産んだばかりなのに
ネオンが恋しくて、
すぐに、水商売に育児放棄で復帰。
ついでに、元の男とも復帰。

光男を一人で育てようと決めた柳瀬だったけれど
病魔に冒され、焦っていたのではないかと
当時の同僚たちは、祐介に話していた。

とても真面目な男で
聞けば聞くほど、そんな残虐な事件を起こすような男には
思えない。と
祐介も感じはじめていた。


柳瀬をずっと担当していたという故津村弁護士の妻(朝加真由美)から
祐介は話しを聞くと、
殺害現場に残された、赤ん坊だった祐介の成長を
見守って、様子を伝えてほしいと
柳瀬に頼まれていたことも、祐介は知る。
子供の頃から、中学の頃。
祐介は、津村の妻に中学の頃に会った場所を聞き
覚えていた。

そんな話しを聞くと、ますます柳瀬の冤罪を
信じてみる気持ちになっていく祐介。

柳瀬の弁護を受ける決心をしていた。

けれど、猛反対するのが、
育ての母、由美子(いしのようこ)だった。。。

そりゃそうだよね。。。


で、育ての父が益岡徹さんなんだけど。
さっき見たばっかだよね、益岡徹さん!!
と、思ったら、
水川あさみの「我が家の問題」に出てた。



柳瀬の息子、光男はどこに行ったのか。

真実は、どこにあるのか。
柳瀬は本当に冤罪なのか。

これは興味深い。
土ドラで、こんなに真面目な重厚なドラマが見られるとは
思わなかったな~。

タッキーの弁護士も、なかなか。
ちょっとカッコよすぎるけど。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



br_decobanner_20110417165910.gif | 家族の旅路 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【念願のドラマ初主演!坂口健太郎、未解決事件に挑む刑事役で新境地】

  


俳優、坂口健太郎(26)が4月スタートのフジテレビ系
「シグナル 長期未解決事件捜査班」(火曜後9・0)で
ドラマ初主演を飾ることが19日、分かった。
2010年にモデルとしてデビューしてから9年目で念願をかなえ、
いきなり連ドラの“座長”に。映画、舞台も含め話題作で演技を磨いてきた
旬の塩顔イケメンは、過去と交信し、未解決事件の真相を暴く刑事役に
「気合を入れていかないと」と俳優魂を燃やしている。

クールな容姿と存在感のある演技で旬の俳優に成長した坂口が、
ついにドラマ初主演の扉を開く。

 「シグナル」は、一昨年に放送された同名韓国ドラマが原作。
現在を生きる刑事と過去を生きる刑事が、謎の無線機で交信して
未解決事件を解決するヒューマンサスペンスで、
脚本は2006年のフジテレビ系「結婚できない男」など
人気連ドラを多数手掛けた尾崎将也氏(57)が務める。

 坂口は現代を生きる刑事・三枝役。幼いころに
友人が誘拐された事件や自身の兄がある事件により自殺したことで警察不信に。
2つの謎の真相を知りたいという内なる情熱を秘め、警察官になったという難役を演じる。

 2010年に「MEN’S NON-NO」のオーディションに合格し、
モデルとして芸能入りした坂口は14年に俳優デビュー。
16年のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロイン(高畑充希)と
恋に落ちる植物オタクの青年役で全国区になり、
昨年は「64-ロクヨン-前編/後編」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
舞台でも経験を積み、誰もが認めるスター俳優に成長した坂口を起用した制作側は
「冷静さの中に秘めた、誰よりも熱い情熱を持つ男を演じられる」と絶大な期待を寄せる。

デビュー9年目で念願のドラマ初主演を飾る坂口はいきなりの連ドラ座長に
「素直にうれしかったです。気合を入れていかないと、といった気持ち」と武者震いする。

 これまでの作品では“いい人”を演じることが多かったが、
今回は虚無感を漂わせる骨太な警察官役で
「芯のあるところが自分との共通点なのかな」と分析。
「スリリングな展開やスピード感、
三枝の心の奥底に抱えている何かを一緒に感じていただければ」と新境地開拓に燃えている。
(サンスポ)


【原作】
「シグナル」(韓国ドラマ)
      脚本・キム・ウニ

【脚本】
尾崎将也

【演出】
内片輝
鈴木浩介

【P】
萩原崇(カンテレ)
笠置高弘(カンテレ)
石田麻衣(ホリプロ)

【製作著作】
カンテレ


キャストは、まだ決まってないようだけど
カンテレのドラマは、楽しみ!!


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 




br_decobanner_20110417165910.gif | シグナル 長期未解決事件捜査班 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【井ノ原快彦が特捜9主演 渡瀬さん「9係」引き継ぐ】

 

渡瀬恒彦さん(享年72)が主演したテレビ朝日系連続ドラマ
「警視庁捜査一課9係」シリーズが、新たに「特捜9(とくそうナイン)」(水曜午後9時)として
生まれ変わり、V6井ノ原快彦(41)が主演を務めることが18日、分かった。
井ノ原は「9係」にも出演していた。4月からスタートする。

 06年に始まった「9係」はシリーズ12作、スペシャル2作が放送された
人気刑事ドラマだった。
ところがチームを率いる加納倫太郎班長役の渡瀬さんが昨年3月に死去。
同4月から放送されたシーズン12は、加納が内閣テロ対策室アドバイザー兼務で
不在という設定で進行。
渡瀬さんの出演場面は過去の映像を使った。
「特捜9」は、加納不在でチームが解散後、警視庁内に、
初動捜査から送検まで早期の事件解決を目指す新部署
「特別捜査班」が結成され、羽田美智子(49)津田寛治(52)
吹越満(53)田口浩正(50)が演じた旧「9係」メンバーが
再結集した設定で始まる。新班長は寺尾聰(70)が演じる。

 井ノ原は「12年築き上げたものがあるわけですから
一番いい形で再集結したいと思っていました」と、
渡瀬さんと過ごした時間を大切に考えた上での再スタートと意識している。
また「新しい班長がいることで、今までの関係性がガラッと変わるぐらいになっても
面白いと思います。また新たなものが作り上げられると思います」という。
関係者によると、渡瀬さんがけん引した「9係」の
伝統や精神は引き継ぎながら、新たな魅力を付け加えていく。

 収録は来月からスタートする。
(nikkan)

あさイチもやめちゃうし。
主演でもドラマに集中できるような環境になって
俳優、イノッチの活躍が見られるね。
あさイチにイノッチがいないのは寂しいけど。。。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 



br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【2018年1月ドラマ 視聴率 最新版】

20180219.jpg

平昌オリンピックが始まって
影響のあったドラマも
逆に、伸びたドラマもあって。
その間、おやすみになったドラマもあったりと
かなり変則になった冬ドラマ。

そんな中で「トドメの接吻」は
昨日の小平奈緒の金メダルの勢いのまま
ドラマ見て、
ニュース見て。
ニュース見て。
何度も羽生結弦と小平奈緒の金メダルのシーン見て。
ドラマ見て。

って人もいたかも。

「99,9」が、スピードスケートで
視聴率が下がるぞ!!と思ったら
放映するのはTBSだった。
さすがです。
ぬかりない。

「BG」も影響あるかな?と思ったら
かえって前回よりも伸びたし。

やっぱ満島真之介との秘密が明かされる回だったからかな。


少し遅れて始まった
テレ東の「バイプレイヤーズ」が、めちゃオモシロい><!!!

しまっこさんの、本田望結ちゃんが、
めちゃうまい!!
あの目。
素晴らしい!!

光石研さんとか
遠藤憲一さんとかほかのドラマで出てくると
あの無人島から、来たんじゃないかと
思わず思ってしまうもの。


冬ドラマも中盤だな~。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


br_decobanner_20110417165910.gif | ●視聴率 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「トドメの接吻」第7話 宰子GJ!!】

   

「もどろ」
と、キスしても、死んでしまったエイト(山崎賢人)は
戻らなくなってしまった。・。・。・。

死んじゃった。
死んじゃったよ、エイト。。。。

宰子(門脇麦)、どうするかと思ったら。
例の真っ赤な口紅つけて、
ミコト(新木優子)のところに行った。

なんと!
ミコトにキスをした!!!


なるほど~~~。
エイトじゃなくても、
キスさえすれば、1週間戻ることが出来るんだ!!

しかし、驚いたのは、ミコト。

まったく同じことが
起きる。
でも、夢だと勘違い、
1週間分の夢。

で、宰子は、殺される前のエイトのところに
エイトを助けに行った。

けれど、やっぱり布袋(宮沢氷魚)は
ハンマーで殴ろうとして、
今度は、また長谷部(佐野勇斗)がやられてしまった。


ミコトは、すっかり旺太郎(山崎賢人)のことで
頭がいっぱいで、
もはや、好きだった兄の尊氏(新田真剣佑)は
ただの兄でしかなく。

旺太郎にも、旺太郎が死んでしまった夢を見たと話すミコト。

けれど、その話しを聞いて
ピン!ときたエイト。

宰子が自分を助けたのだと知った。

ミコトを放って、宰子のところに行くエイト。

ああ。。。
絶対、これ見られるって・・・。

ほら。。。。。


でも、ミコトは、宰子を見て
「私、この人、見たことある。。。
夢に出てきた」

だって夢じゃないもん。


いっぽうで、なぜか、尊氏の前に、菅田将暉が出没。
宰子の写真を置いていく。

いったい、何がしたいの菅田将暉ミュージシャン!!
エイトの味方じゃなかったのか。。。


そのつど、何度も、同じシーンが繰り返されるけれど
若干、変わってる。
もはや、間違い探し。
ちゃんと見てないと、難しいよ、このドラマ。

「監獄のお姫様」なみに。


しかし、面白くなってきた。

ついに、エイトの父、
無人島から生還?
いや、タイから生還?

光石研さん、宰子の前に現れた。


次は、どんな展開が待ってるんだろう。

【視聴率】第7話 7,3%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

br_decobanner_20110417165910.gif | トドメの接吻 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「西郷どん」第7話 吉之助さぁ】

  
24才になった吉之助。
祖父が亡くなり、
母、満佐(松坂慶子)の具合が悪いことがわかる。
祖父の胸の病がうつったようだった。

父の吉兵衛(風間杜夫)が、こっそり吉之助に伝えた。

満佐と吉兵衛は、早く吉之助に嫁をもらえと、
そればかり言うようになる。
余命少ないと感じさせる、母の嫁への気持ちが
あの笑顔で言われると、
本当につらいのが、伝わるーー;


吉之助は、御前相撲で吉之助を見初めたという
伊集院家から、須賀(橋本愛)を嫁にもらうことになった。


久しぶりの、橋本愛。
ツンツンした雰囲気は、相変わらずで、
それが、この須賀には、よくあってる。
うまく笑顔を作ることができない女性なのだ。

婚前は、吉之助の家で
つましくも盛大に行われた。

満佐は、それはそれは大喜びで
須賀には、この家のことを、なんでも教えておきたいと言い
吉兵衛は、結婚とは、本当にいいものだと
満佐との出会い。
満佐と結婚して、どれほど良かったか。
そして、今でも、どれほど満佐を愛しているか。

満佐の命がもう短いと分かってるからこそ
言えたのかもしれないけれど、
あれだけ、心のこもった、本当の気持ちを言ってもらえて
満佐は、
吉之助の母は、本当に幸せだったんじゃないかなと思う。


なのに、、、、


なのに。


満佐よりも
吉兵衛が、朝起きてこなくて。
そのまま、亡くなっていた><。。。。。


なんという・・・・。


そして、ますます具合の悪くなっていく満佐は
吉之助に、どうしても連れていってほしいところがある。と頼むと、
吉之助は、母を背負って、桜島の見える
思い出の場所へとやってきた。

死ぬ前に、もう一度、ここからの景色を見たかったと。
ここで、一緒に吉兵衛と吉之助がまだ赤ん坊のころに来たこと。
吉兵衛と一緒に過ごしてきた時間を懐かしむように
吉之助の背中が、こんなにも大きくなったことを頼もしく
少し寂しく、
幸せいっぱいの中で、
満佐さんは、命尽きていった・・・。
吉之助の背中で。


泣けた。。。。。


いっぽう、斉彬(渡辺謙)は、於一(北川景子)を養女にすることを進め
於一に、江戸に行って、お輿入れをしてもらいたいと願う。
斉彬は、薩摩から江戸行きの共をよりすぐり
江戸へ行くことを決めていた。

大山(北村有起哉)と俊斎(高橋光臣)の江戸行きが決まったと
報告に現れたが、
吉之助は、人選から落ちたと告げた。



吉之助は、病の母を、置いてはいけず
断っていたのだ。
それを、満佐は、ちゃんと気づいていて
吉之助の背中の上から、やりたいようにやれと
最後に伝えていた。


もうね、
涙涙の第7話。


そんな短い間に、祖父と両親を亡くした吉之助の
悲しみは、どんなだったんだろと。


それにしても、あの家の構造じゃ、
新婚さんには、ちょっとキツいよね^^;
うまく初夜は迎えられたんでしょうか。

須賀さんの、心は開かれていったんでしょうか。

嫁に行った途端に、嫁ぎ先の父、母が亡くなり
あの大所帯を切り盛りしなくてはいけない、須賀さんの苦労も
たくさん、ありそう。。。
もともと、西郷家よりは裕福な家のお嬢さんみたいだったし。


だけど、
この方は、一人目の妻。

あと2回結婚するんだよね。





え・・・・・・・・

こっから、ネタバレです。





吉之助は、江戸に行ってしまい、
残った須賀は、貧しい西郷家の生活を強いられ
体調を崩し、
須賀の実家が須賀を引き取ろうとし
江戸にいた吉之助とは、手紙のやりとりで伊集院家との話しがまとまり

離婚したんだってーー;

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


br_decobanner_20110417165910.gif | 西郷どん(2018大河) | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ