fc2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、レビュー。最近めっきり韓国ドラマ。パク・ヘジン★ユ・スンホ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「エール」第86話 ビルマへ】

  

ネットニュースで見たんだけど、今週はかなり戦争前線での描写が
克明に描かれるらしいんだよね。
朝ドラらしくないほどに。
ということで覚悟を決めて見た月曜日。

裕一は、戦地ビルマへと向かった。
当時の日本軍はビルマを占領し
インド北東部要地インパールを攻略する作戦を開始していた。

同行したのは、作家の水野と洋画家の中井だった。

すると、水野が3週間たっても変わらない戦況に
水野は戦地に行きたいと志願し、自分も一緒に行くと言う。

良かった。
裕一は、行かなかったんだね。。。

裕一は日記を書き留めていた。

学校に慰問に行き、現地の子どもたちがとても日本語が上手で
裕一の作った歌を上手に歌ってくれたことなどを書いていた。

そして一ヶ月後、水野と中井は前線に行き
裕一には水野から詩を託された。
「ビルマ派遣軍の歌」

裕一は、その詩に曲をつけ
時期は雨季に入っていた。

裕一の日記には、裕一の複雑な思いが綴られた。

そして、ある日記者の大倉(片桐仁)が訪ねてきた。

大倉は、藤堂先生を知っていたのだ。
なんと、藤堂先生もビルマにいるのだという!!!
これはビックリ。
まさか、ビルマで再会できるのかな?
でも、もし再会出来たら、すごく嫌な予感が・・・・ーー;


音は華を連れて、裕一の実家、福島へ疎開に向かった。
寝たきりの裕一の母、まささん。。。
浩二は、まだ結婚してなかったんだね。

紹介してくれるなら、原節子のような人が良いって(!)
かたまる音。



そして、ビルマの裕一。
雨のフル中、中井が戻ってきた。
そして手帳を裕一に渡した。
そこには、前線の地獄の風景、真実が語られていた。。。

戦う以前に命を保つことすら危うい状況なのだという。
水野は、さらに先へと向かったのだと言う。
実情を伝えるのが、作家の使命だと。


命を尊重しない戦いに未来はありません。


ホントそうだよねーー;
特攻隊とかもってのほかだよね。。。
いや、戦争そのものが。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT