ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【亀梨和也 主演「妖怪人間ベム」第3話 感想 レビュー&視聴率】

  

<サブタイトル:絶対死なせない! 人間を守る妖怪の正体

今回も切ないけど、
そんな中にも、やっと自分たちを心から受け入れて
感謝してくれる人間と出会ったベムたち。

ときは、50年前。
ちゃんと、時代背景も、昭和で、
ベム、ベラ、ベロは、今と変わらぬ同じ姿なのが印象的。

事業がうまくいかず、首吊りをしようとしていた
和久井(平田満)を、ベムたちが助け
その後、仕事が入り、ネジ工場が順調にいったことを喜び
ベムたちを食事に招待していたのだ。

その男性が、50年のときを経て、
公園で、とても悲しそうな顔をしてベンチにすわっていたのを
ベロ(鈴木福)が発見する。

気になったベム(亀梨和也)は、あとをつけようと言いだし
案の定、鉄道自殺をはかる和久井を
間一髪でベラ(杏)が助ける。
しかし、和久井は、ベムたちの姿を見ても
以前に、助けたものたちとは、気づかない。


ってか、今、不幸の真っ只中にいて
死しか考えてない人間にとって、
ほかの事は、いっさい眼中に入ってないだろうと思う。
それも、人間じゃないと、理解できないのかーー;

その頃、街では、老人を標的にした
バイクで襲う引ったくりが頻発していた。

しかし、何人目かの引ったくりの被害にあった女性が
以前、付き合ってた男性がバイクが好きだったので
それからバイクにはまり、車種をよく知っているのだと
犯人のバイクの車種を、夏目刑事(北村一樹)たちに話したのだ!


和久井は、病気にかかっていて、
もう今、何をしても仕方がないと思っていたのが
ベムたちに、死ぬ前に、一度で良いから、やってみたいことを
1つ1つ一緒にやっていくうちに、
ベムたちと信頼関係が生まれていた。

信じても、また裏切られるんじゃないか。というベロのツンツンなベロ。
しかし、ベムが自分の正体を和久井に明かしたあとも
和久井は、恐がることなく、3人を受け入れたのだ。

緑の血・・・・

3人と、やってみたいことを、1つづつやっていくうちに
笑顔を取り戻した和久井さん。。。

しかし、会う約束をした時間にやってこなかった和久井を
ベムとベラは、和久井が、バイクの引ったくり犯に襲われていると知り
助けに!

今回は、ベムだけの変身で解決なのか~
と、思ったら。

なんとなんと。
3人と待ち合わせの場所に現れなかった和久井のかわりに
やってきたのは、
一度でいいから、バイク便を使ってみたかった、そのバイク便!

渡されたノートを読むベムたちは
和久井の心から感謝する気持ちがつづられ
涙を流した3人は、変身したのだ。。。。

感動の涙では人間には戻れないけど
感謝の気持ちと温かさにふれた感情で変身したベム、ベラ、ベロ。

こ、これは。。。


深い。
すごく深い。

↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
【視聴率】
第3話 15,8%
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/876-39f1488f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ