ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【水谷豊 主演「相棒」数字不信は及川光博が原因?ショーケンへのオファー】




水谷豊と及川光博のコンビでおなじみの人気刑事ドラマシリーズ
『相棒』(テレビ朝日系)。この10月から放送されている『相棒 Season10』も
平均視聴率15%以上で好調。

及川が初登場した『Season7』あたりに比べると数字はかなり落ちてきている。
前作の『Season9』は常に20%前後で、最低だった回でも17.7%だったが、
今回の『Season10』では3話目で早くも15.0%と
前シリーズのワーストを下回ってしまいました」(テレビ朝日関係者)

「水谷は『相棒』に関しては監督やプロデューサーよりも立場が上で、
現場では"殿"と呼ばれています。『Season7』まで
水谷とともに主役を務めていた寺脇康文も、
"殿"の逆鱗に触れて降板させられたと言われている。

そんな水谷が、『女性自身』(光文社)が報じた及川の不倫密会騒動にえらくご立腹で、
本番以外では及川と一切口を利かなくなっているそうです。
現場スタッフも『及川の降板は時間の問題』と感じているようですよ」
(スポーツ紙の放送担当記者)



 また、絶大な権力を持つ水谷だけに、
「相当視聴率を気にしていて、すでに及川で数字が取れないことを認識している」
(先のテレビ朝日関係者)といい、テコ入れのため
伝説のあのコンビの復活を切望しているというのだ。



「今や伝説のドラマと言われている1974年から放送された
『傷だらけの天使』(日本テレビ系)で名コンビを組んだ
ショーケンこと萩原健一に『相棒』への出演オファーを出しているようだ。
とはいえ、ショーケンの台本や演技に対する激しすぎるこだわりは有名。
最近では多少丸くなったようだが、水谷以外の制作陣は起用に二の足を踏んでいる。
とはいえ、水谷の"指令"ならば出さないわけには行かないが、
ショーケンがなかなかOKしないようだ。となると、水谷が直接交渉に出向くだろうが」
(映画関係者)

「激しすぎる性格で役者仲間が少なかったショーケンも水谷のことは
『豊ちゃん』と呼びかわいがっていた。一方、水谷もショーケンのことを
後年『永年の兄貴』と話し慕っている様子で"相思相愛"。
映画プロデューサーの奥山和由氏が2009年に手がけている仕事として
『傷だらけの天使』の映画化の構想を語ったが、水谷が多忙なために実現しなかった」
(同)

 今シリーズでは初回から戸田菜穂、渡哲也、三田佳子と
毎回豪華ゲストを投入しているだけに、出演するとすればショーケンは"相棒"ではなく、
まずはゲスト枠での登場となりそうだが......。
(livedoor)

↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

そうか、そんなに水谷豊って権限を持つ立場なのか。。
相棒。
いまだに真剣に見たこと1度もないけど。
あの喋り方を聞いただけで拒絶反応が出てしまって
どうして、毎回それほど数字が良いのか、わからない謎なドラマだったけど。
きっとホンは良いんだろうな・・・。
寺脇さんが水谷豊の逆鱗にふれたっていうのも、すごく意外@@;

ミッチーみたいな、元々ロッカーな王子。
不倫するなっていう方が無理。
もっと寛容に受け止めてこそ、ホントの「殿」だと思うけど。
本当に、ミッチーの不倫報道が数字が落ちた原因なのか、
怪しいところだよね。。


関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/875-1576c062

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ