FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【新田真剣佑、高畑充希&橋本愛と初共演『同期のサクラ』で社長を目指す野心家演じる】

  


新田真剣佑が、高畑充希が主演を務める新水曜ドラマ『同期のサクラ』
(日本テレビ系、10月スタート、毎週水曜22:00~)に、
高畑演じる北野サクラと橋本愛演じる月村百合の同期役で出演することがわかった。

『過保護のカホコ』(2017年)制作チームが集結し、高畑は
脚本家・遊川和彦と再びタッグを組む。
高畑が今作で演じるのは、過疎の離島で育ち、夢のためには
どんな障害にも自分を曲げない、忖度できない主人公・サクラ。
物語はサクラが駆け抜けた10年間を、1話ごと1年ずつ丁寧に描いていく。
2009年春、スーパーゼネコンの最大手「花村建設」の入社式に、
明らかに異彩を放つ田舎者丸出しの新入社員がいた。
名前を「サクラ」という彼女の夢は「故郷の島に橋を架ける」こと。
しかし、新入社員研修で「どうしても自分を貫いた」ことで、
会社人としての歯車が徐々に狂いだす……。

新田が演じるのは、入社後配属までの研修期間、
サクラと同じグループになった5人のうちの1人となる木島葵。
葵は、国交省の幹部で厳格な父と、東大卒でエリート官僚の道を進む兄に
強いコンプレックスを持っている。2人に続いて、東大進学を目指すが
不合格となり、アメリカの大学に留学。卒業後、日本に帰国して
「花村建設」に入社する。新入社員ながらも「花村建設」の
社長を目指すと明言する野心家である。
また社長になる野望のためなら、サクラとは対照的に、
上司とも部下とも上手くやっていけるキャラクターとなっている。

「葵」の花言葉は、「大望」「野心」などの意味を持つ。
「故郷に橋をかける」という明確な夢を持ち、どんな状況にも
決して忖度しないサクラと共に10年を過ごすことで、人間として、
男として成長していく葵の姿に注目が集まる。
(ドガッチ)




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | 同期のサクラ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ