FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「小説王」第1話 小説家、白濱亜嵐】

   
 
何本か深夜ドラマが録画されてて。
最初のほうだけ見てみて、つまんなそうなら消そうと
見てみた最初が「小説王」
白濱亜嵐が主演のようだったので

そうか、EXILEかぁ・・・と、
町田啓太と青柳翔いがいは、あまり演技に良い印象がないので
すぐ消しそうになった。
とどまって、良かった><

そうなのか。
白濱亜嵐は、劇団EXILEだったのか。
だったら良かった^^;

白濱亜嵐が演じるのは、10年前に小説デビューを果たし
賞も受賞した作家だったけれど
それ以降は、さっぱりの、小説家、吉田豊隆。

書いても、編集になかなかOKとは言ってもらえず
バイト先でも、売れない小説家扱いで
陰口半端なかった。

もう二度と小説は書かない!と、決意した
その直後に
運命の再会。




出版社に勤務している、小柳友が演じる小柳。
吉田とは、小学生の同級生で
二人で作った新聞が小柳は、忘れられず
また、吉田が小説家デビューしたことで
絶対に、吉田の編集になりたい!と、出版社に入ったのだ。

最近の消息を知るため、調べるのだけど
なかなか吉田豊隆の居所は、分からない。


そこで、小柳は吉田の書いた小説の中には
本物の街の風景が描かれていることを思い出し
書き出し、そこを片っ端から訪れた。

すると。

いた~~~!!!!


「もう、俺は書かないって決めたんだ!」と
意地でも、もうやだ!と言う吉田。

本当は、書きたくて、
最近まで、編集にアプローチして
流行りの傾向で書いてみたりしてたのに。
酷評されて、諦めてた。

諦めちゃ駄目なんだよね。
それでも続けなくちゃ。。


小柳が渡したのは、
吉田の処女作。
それも校正入のもので、
その赤字を見ているだけで、小柳が、真剣に読み入って
感動したり、本気でアドバイスを入れたりしているのが伝わる。


「これを出す時の編集が、オマエだったら良かったな」と言った吉田だけど。
そうじゃないと言うことを、伝える小柳。


一緒に、本を出したいんだ。
という小柳の強い思い。
もともと、嫌いで筆を折ったわけではなかった吉田。

運命の再会。
というか、死に物狂いで小柳が探してくれたんだけど。


ここから、奇跡の快進撃が二人、起こしてくれるんだわ!と
思った、その瞬間。

大御所、小説家の西岡徳馬が
新人賞を取ったことのある吉田を紹介されると。

「これは、先につぶしておかないと」
と、物騒なことを言う。。。

うわ、味方じゃなくて、
敵!?
やだ、こういう展開。。。

と、思ったけど。
どうも、この西岡徳馬との出会いで
また、小説家への道を再スタートする決心をするみたいよ、白濱亜嵐くん。


けっこう、真面目なドラマで
深夜じゃなくても良いんじゃない?って思うようなドラマだった。


面白くなりそう。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | 小説王 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ