FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【いだてん:ピエール瀧容疑者の代役に三宅弘城 NHKが正式発表】

  
 
NHKは19日、同局の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で、
麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕されたピエール瀧容疑者が演じていた
「足袋の播磨屋」の店主・黒坂辛作のキャストを、
俳優の三宅弘城さんに変更すると発表した。

 黒坂は、東京・大塚の足袋屋「足袋の播磨屋」店主。
金栗四三(中村勘九郎さん)が偶然この店の足袋を履いて
長距離走で優勝したことをきっかけに、マラソン用の足袋開発に
二人三脚で取り組むことになる。
頑固一徹な職人気質だが、四三の年齢の離れた“盟友”となる……という役どころ。

 「いだてん」は、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、
東京に五輪がやってきた1964年までの約半世紀を描く、
宮藤官九郎さんのオリジナルストーリー。
テーマは「東京とオリンピック」。近現代史の大河ドラマは、
86年の「いのち」以来33年ぶり。勘九郎さんが日本で
初めて五輪に参加したマラソン選手の金栗四三、
阿部サダヲさんが「東京オリンピック」実現に執念を燃やす
政治記者・田畑政治(たばた・まさじ)を演じ、“リレー”形式で
主演のバトンをつなぐ。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。
(まんたんウェブ)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 
最近、大河のレビュー書いてないけど
ちゃんと毎週見てる。
クドカン大好きだし。
前回、初めてのオリムピックがいよいよ始まり
今までに感じたことのない、心のモヤモヤと葛藤しながら
日本では、ただ二人、三島弥彦(生田斗真)と、金栗四三(中村勘九郎)が
参加している。
見たこともない大きな西洋人たちに
圧倒されながらも、
病をおして、一緒にやってきた竹野内豊の
素晴らしい助言が、弥彦を救ったシーンは、
心打った。

「敵は外国人ではない。敵は記録だ。」

その言葉に救われた弥彦は
「ありがとうございます!!」と、
すっかり切り替わり
「できればもっと早く言ってほしかったです!
3週間、早く言ってほしかったです!」と言うのには
大笑い。
こういうセンスが、大好きだ。

アイドルみたいな弥彦と
田舎から出てきた真っ直ぐな四三。
オリンピック開催前から一緒に過ごし、練習をしていくなか
意外と小心者な弥彦と
意外と頑固だけど柔軟性のある四三で
楽しめた。

外国の選手にも足袋をあげたことから
ほかの選手たちも、ほしいほしい!と四三にねだり、
それで、播磨屋にお願いして送ってもらうというくだりで
ピエール瀧さんが出てきたのだけど。
それはそれは、とてもうれしそうに足袋を包む播磨屋さん。

次からの三宅弘城さんの播磨屋さんに
大いに期待だわ。
安定感あるし、クドカンと同じく大人計画。
大丈夫。

撮り直すなかで、少しテコ入れみたいなことも
したりするのかな。
できれば、やっぱり、ビートたけしの出番は少なくしてほしいわ。

森山未來だけで十分だわ。
森山未來が、たけしになるっていうのが、そもそも
無理がありすぎるからね。




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | いだてん(2019大河) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ