FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【北川景子、「指定弁護士」で初の弁護士役 「等身大の女性を演じたい」 テレ朝で9月23日放送】

 
 

女優の北川景子(32)がテレビ朝日のドラマスペシャル「指定弁護士」(23日午後9時)で、
初の弁護士役に挑戦する。家庭と仕事を両立する上昇志向の強い
女性弁護士を演じるにあたって「自分と役が同居している感覚がある。
悩みながら成長する等身大の女性を演じたい」と話し、
「10~20代の時のトレンディーな役とは違う、新しい一面を見せられると思う」と意気込む。

 指定弁護士とは、強制起訴制度に基づき、検察が不起訴にした容疑者を、
民間人による「検察審査会」が2回続けて起訴すべきだと判断した際に、
検察官役として指定される弁護士。主人公の一ツ木唯は
キャリアアップのため、世間の注目を集める衆院議員の
贈収賄事件で指定弁護士を引き受けるが…。

 「ずっと社会派の重厚なドラマには憧れがあった」という。
平成15年にドラマ「美少女戦士セーラームーン」で女優デビューし、
今年で15年。これまで恋愛や仕事にひたむきな少女や若い女性を
軽快に演じることが多かったが、最近は映画「スマホを落としただけなのに」(11月公開)など、
社会的な題材を扱う作品での主演が続く。
「30代になって、相応にキャリアを積んで苦悩する役が合うようになった」と笑い、
「しんどいけれど充実している」と話す。

 主人公の唯に親近感を抱いている。唯は夫の隆司(えなりかずき)に
「少しは家庭を考えて」と言われるほど、仕事熱心な女性だ。
「日本の女性は、家庭と仕事の両立に悩み、取捨選択を迫られることが多い」と話し、
唯について「一生懸命で、家庭があっても仕事を頑張るガッツがある」と、自身を重ねる。

2年前にタレントのDAIGOと結婚し、家庭を持った。
「仕事を辞める気はないが、家事をおろそかにするのは自分を許せない」と、
寝る時間を削ってでも掃除洗濯をこなしているという。
自身の性格を「負けず嫌いできまじめ」と分析し、
「完璧主義者なのかも。気楽に生きたいのに、無理みたい」と苦笑い。

 完璧主義な側面は、弁護士の役作りにも発揮された。
関係書籍を読み、法律用語を調べ、知識を積み上げた。
とくに多くの資料を手繰り、長せりふが続く裁判のシーンは、
「やってやった」と思うほどの出来だという。

 今回は単発ドラマとしての放送だが視聴率が盛り上がれば、
弁護士一ツ木唯のシリーズとして連続ドラマ化も見えてくる。
「シリーズ化して、私も唯と一緒に成長するような、
女優としての代表作になれば、うれしい」と笑顔で話した。
(産経)

<キャスト>
北川景子
北村一輝
えなりかずき
生瀬勝久
松重豊
羽田美智子
相島一之
矢柴俊博
正名僕蔵
真飛聖
石橋蓮司
中村梅雀



えなりかずきが北川景子の夫役なのか・・・!
なんだか、この秋は、スペシャルドラマが充実してるなぁ~♫


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ●スペシャルドラマ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/7022-706ebe42

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ