FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「モンテ・クリスト伯」第4話 ディーンが仕掛ける、稲森いずみの近親相姦】

   


うわああ!冷酷!!><。。。
1話とはまるっきり別人のディーン。
だんだん「復讐」に拍車がかかり、
仕掛けてきた。

それも、世にも恐ろしい物語を。


今回、稲森いずみの素性が明かされ
なんと、
夫の新井浩文は、すべて。
すべて知ってたことが分かる。

そっか。

妻として愛人を押し付けられた新井浩文。
神楽は、留美(稲森いずみ)のことも全部調べていた。

入間(高橋克典)と愛人関係だったことも
もちろん知ってた。
知ってたんかい!!


その入間の前妻との娘、
岸井ゆきの。
未蘭は、父に結婚の話しを進められていた。
どうも、未蘭は乗り気じゃない。
出口さんは良い人です。
でも、勉強も始めたばかりだし。
博士課程に上がったばかりらしい。


そんな未蘭は、「おじいさまにもまだ話していないし」
と言い、

生きてたのか!
イルマテイキチ!(伊武雅刀)

でも、言ってることも分かるのか
聞こえているのか、
まったく焦点が定まらず、
話しかけても、まるで答えない。
認知症?
ではなく、脳梗塞で倒れたらしく歩けなくなり、喋れない状態に。
それをいいことに
入間は「だいたい、本当に思考能力があるのか疑問だ
孫の幸せを祝福しないわけがない」と
にやけて言う公平。

これがね。
分かってるんだよ、テイキチさんは。
あとで、こっぴどくやられる。
公平。



モンテクリスト真海(ディーン・フジオカ)は
留美が入間に、「真海にはもう近づくな」と言われた直後に
留美の背後から近づく。
言われなくても、真海のほうから、ぐんぐん近づいてくる。

真海は、留美に青年実業家だという安堂完治(葉山奨之)を紹介する。
新しく立ち上げるブランドに真海は出資をすると話す。

この完治ったら!

留美に「神楽山の奥さんじゃなくて、お名前は?」
とか言っちゃう。

もう、これは、絶対真海、留美が夜な夜な若い男をむさぼってるのも
知ってるでしょ。
で、若い男をあてがう。
だけかと思ったら(!)


二人になった留美と完治。
「養護施設で育ったので」
って話はじめて
(!)
ってなる。

でも、留美は、あのときの赤ん坊は死んでると思ってるから
夢にも、そんなことは考えない。







元々ホステスだったわけではなく、
入間とのことがあって、ホステスになったんだって。
神楽が言ってた。

国有地の取引をめぐってゴヨウ不動産と神楽エステートが争ってることを
経済団体の懇談会で耳にしたと、真海は、神楽に話すと
神楽は「さすが投資家さんは耳が早い」と、
感心する。

そして、再び、真海は仕掛ける。

今度は、ユキオ(大倉忠義)を売る。
香港でよからぬ噂がある。
とある裏組織と関わりがあるようだ。と。。。

ユキオとすみれ(山本美月)は、ライバル会社のCM起用が決まり
神楽は、ちょうどイライラしていたところでもあった。

そのCMも、真海が仕掛けたっぽい。
ユキオのマネージャー、愛梨(桜井ユキ)が話を持ってきたのだ。


神楽はユキオに直談判するけど
うまくいかない。
真海に、ポロっと、「あいつ昔からそうなんですよ
優しい顔して、平気で人のこと裏切るんですよ」
って言っちゃって。
裏切られて、15年も拷問され幽閉されてた真海は、身をもって
ユキオの裏切りを知っているからね。



さーて。
留美は、完治と・・・・
本当に自分でデザインしたものなのか。
いや、それはそうなのかも。
二人で話、盛り上がって、
ベッドイン。
簡単だ。
本当に簡単だ。
こんなに簡単に、若い男と。
それも、夜な夜な若い男と寝なれてるからなのか?
なんの躊躇もなく、すぐに。
だもんな。。。


これが、いったい、どういうことなのか。


真海は、仮想通貨については
「私の持ってるコインも、徹底的に売り浴びせろ
儲けたいんじゃないんだよ、わたしは。
楽しみたいんだ」と、土屋に告げる。

くわああぁあ~
恐い。
カッコいい。
渋い。
カッコいい。。。


完治と寝たあとなのに
またいつものように若い男たちと遊んでると
仮想通貨で5倍にした!と一人の男が喜んでると
留美は、「教えて!!」と、さっそく。

まさか、これも真海の罠とは。。。。

一瞬で大金を失う留美は
夫のカネを1000万、手をつけたらしい。

神楽は、何をしても許すけど
「俺のカネには、絶対手を出すな!!!」
ってことね。
ついでに、入間のことも知ってるし。
若い男と夜遊びしてるのも知ってるし、
それはむしろ、神楽が秘書に頼んだことなのだと言われてしまう留美。

真海に、楽しまれてるとも知らずに。

でも、これは、神楽じゃなくて、留美を傷つけることになるよねーー;
神楽は、留美を痛めつけても、まったく何も思わないのに。。。


いっぽう、未蘭は、市場にダボハゼを探しにやってきた。
なんとここで守尾信一郎(高杉真宙)と出会う。
これは、さすがに真海の策略ではないよね。
信一郎のことは、とてもかわいく思ってるし。
1億のお礼もしてるし。

未蘭は、婚約者よりも、信一郎に惹かれていくのかな。
岸井ゆきのは、「99,9」の時の役よりも、
こういうちょっと影のある役のほうが似合ってる。
すごく良いと思う。

信一郎は、自分のパーカーを貸して
「俺のパーカーは奇蹟を呼び起こすんです」と未蘭に言った。
「引きますよね」
「じゃっかん」
うん、いい感じ、この二人。



未蘭は、祖父、テイキチの部屋にいくと
そこには弁護士がいた。
「入間貞吉さまのご遺言についてお話があります」と、

きたきた。

未蘭が出口と結婚したときには
遺産は全部、寄付する。
って~。

「父が遺言の変更など、できるわけがない」と言う公平。
知らなかったのね。
貞吉の意志の疎通ができることを。


画面を見て、視線で文字を認識させて
文字に変換していくと、
あら不思議。
ちゃんと日本語、文章になってる!!

<私の遺産か、未蘭の結婚か、どちらかを選べ、公平>

残念でした。
コーヘー。


全部、理解してたテイキチおじいさま。
本当に奇蹟のパーカーが奇蹟を呼び起こしたね。
未蘭ちゃん。


今回は、神楽の非情なまでの人間性が明らかになった。

まずは、神楽を壊すのかな。
真海は。。。
いや、留美のほうが先に壊れそうだなーー;



それ、息子だって。。。

DNA鑑定の結果間違いなく「親子」

うわ!
こわっ!


完治のほうは、いい金づるが出来た。くらいにしか思ってないし。


真海は、すみれのことは、どうしようとしてるんだろう。
こわっ><。。。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
 


関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

岸井ゆきのちゃんは

「小公女セイラ」での女学院生徒役からだから、結構キャリア長い女優さんなんですよね。

あの風貌だからコミカルな役が多かったようですが、僕も今回みたいな地味だがしたたかという役どころもこなせることがわかり、満足!。

ドラマファンからすると西内まりやの月9ドラマで共演していた葉山奨之とともにこの作品を盛り上げていってくれそうで楽しみにしています♪

| レインル | 2018/05/12 13:35 | URL | ≫ EDIT

Re: 岸井ゆきのちゃんは

けっこうキャリア長いんですね。
知りませんでした。

私は「ピンクとグレー」の映画で初めて知りました。
岸井ゆきののWIKI見てみたら「玉川区役所」とかも出てたみたいで
このドラマは好きで見てたけど、ぜんぜん覚えてなくて。

そういう印象にあまり残らない女優さんっていうのも
すごい女優さんのような気がしています。

このドラマ、岸井ゆきのが何かキーパーソンになりそうです。
そうでしたね、葉山奨之くんと「突然ですが、明日結婚します」に
二人とも出てましたね!
あのドラマも視聴率よくなかったけど
わりと好きでした。

ぜひぜひ盛り上げてってほしいです。

| ちゃめ | 2018/05/13 13:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/6809-b6fc05be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ