FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【斎藤工主演「臨床犯罪学者 火村英生の推理」第1話殺人マニア】

   

文句なく斎藤工は、カッコいい。
背が高いのに、さらに高く見えるほどの
長すぎるコートを羽織る姿のムダなロングスロー。
絵になる。

どうして、小説家の有栖(窪田正孝)と、
こんなに仲良しなのかが、よく分からないけど。
どうして、警察が、これほどまでに
火村(斎藤工)を必要とし、現場に必ずといっていいほど同行させるのも
よく分からないけど。

即座に、犯罪を読み取り、解決が早いのは分かるけど
そこに有栖が一緒に呼ばれている意味は、いったい何?

窪田正孝の関西弁が苦しそうで、聞きづらい。
これは、窪田正孝の演技力が霞んでしまうほど
関西弁が違和感すぎて残念かも。
火村が関西弁じゃなくて良かったーー;


冒頭の事件に、TEAM NACSの戸次重幸と音尾琢真が
出てきたのは、インパクト大きすぎる!
その二人に惹きつけられてしまった。
おお、初回は、この二人の話なのかと思ったら
前座!
視聴者のココロをつかむには、大成功。
でも、事件内容は、あれだけど。


次々起きる通り魔殺人事件。
狙われているのが、若い女性で
火村の授業を受けている女子学生たちも
恐いと、火村と食堂で話をしていた。
こんなカッコいい先生なのに、
髪ボサボサとか、似顔絵でおちょくってる学生たち。

思ったんだけど、
あの授業風景のホワイトボードの字、
あれは、斎藤工、本人の字なんじゃないのかな??
ほかにも、あれ?斎藤工が書いてる?って思う字が出てきた。


京都府警の鍋島(生瀬勝久)は、
とてつもなく、火村と有栖川に信頼を寄せてて
頻繁に二人を現場に呼び寄せるのが、この人。

けれど、警部補の小野希(優香)は、二人が事件に関わり
捜査に加わっていることを、よく思っていない。
優香、どうなんだろう?と思ってたけど、
かなり優秀な女性刑事、テキパキした雰囲気を持った刑事の雰囲気
けっこう良かった~。
オトナな雰囲気になったな~。
やっぱ女優なんだね。って。


今回の軸となった事件。
結末は、なんとも悲しい結末だったけれど
ココロがなさすぎて、空っぽで、その動機すらない
21才の大和田英児(高杉真宇)。
その弟をかばうために第四の通り魔殺人事件と見せかけ
自殺していった姉、雪枝(入山法子)。

それを推理し、みごと犯人を当てたのも火村だったわけだけど
キッカケは、鳥。
鳥のフンの匂いに気づいたのが、有栖。

そんな細かいコンビネーションが
事件の糸口を掴んでいき、スピーディに解決していくというのが
火村と有栖のコンビなのだと分かった。

そこまで、犯罪学に突き動かされる火村は
人を殺したいと思ったことがあるからだと聞いていた有栖。
殺人事件の概要をシミレーションし、
自分が犯人となり事件を起こしていくほどに
のめりこんでいく様を火村は思い描き、
時おり見せる、不気味な笑みに、
有栖は、絶対に警察の前では、その顔を見せるなと注意までした。

時々出てきた、拘束されてるハセキョーが不気味で
教祖さま?
過激派の指導者ということらしいけど
その諸星沙奈江(長谷川京子)を開放しろ!と信者たちの抗議デモがあったりと
それが、今後、どんな関わりが出てくるのか。

なかなかオモシロそうなドラマで
良かった~

【視聴率】第1話 11,1%

ranking.gif
↓訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
お手数ですがバナーをポチっとしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村新ドラマQ
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | 臨床犯罪学者 火村英生の推理(斎藤工) | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/5363-297a0361

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ