ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「遺産争族」第6話 僕に遺産全部くださいと言う向井理】

  

結局、いやだいやだと思いながら
自分だけは、カネなぞいらないし、
そんなものに惑わされない!と自分を信じてた育生(向井理)じしんが
25年ぶりに育生の結婚を知って
目の前に現れたときに、
母(岸本加世子)どうように
資産家の婿に入ったことを知って
たかりにやってきたと思い込んでしまっていたんだね。

とうぜん、そういう流れで
たかりにきたと思ってるよ、見てるほうも。
だって、光石研さんだもの。


ところが、静岡で塾を始めて
けっこう評判で、子どもたちも、たくさん集まっていて
育生を幸せにしてやれなかった罪滅ぼしに
名前も、育生の字を借りて。
そんな塾舎が狭くなってきたので
建て直したいと金策に、東京にやってきたのだという。

もう、それを聞いただけで、
育生は、楓の両親の前で話し始めたものだから
絶対に、それを頼みにやってきたのだと
信じて疑わなかった。
「やめてくれよ!!」

しかし、父親は、まったくそのつもりなどなかったのだ。

それどころか、もし自分が死んだときには
土地が500万くらいには、なるだろうから
母さんにやってほしいと遺言を告げていったのだ。
離婚したから、元妻には、遺産は渡されないから
オマエからやってほしいと。

そして、父は、去ったすぐあとに
友人でもある酒屋の店員が、
一度引っ込めていた、結婚のご祝儀袋を
自分が帰ったらすぐに渡してほしいと
告げていたのだ。

なんて、イキな父親だったんだ。
ずっと別れてからも25年間、
二人のことを忘れずに、
自分の悪かったところも、ずっと反省しながら
生きてきたんだな。って、伝わって。

育生は、そんな父の姿を見て
自分こそが、カネで変わってしまっていたと
気づいてしまった。

相変わらず、龍太郎の遺産をめぐって
姉妹の意地汚い争いは、絶えない。

楓の母、陽子(余貴美子)など
恒三(岸部一徳)と、離婚する!と言い出し
婿という立場がなくなれば、何も残りはしない!と
けっこう、穏やかで優しい顔してた、この長女の
陽子が、一番豹変したかも。
いや、一番感情的になっただけか。


そして、ついに、育生は
龍太郎のもとへいき

「おじいちゃん、お願いがあります!
僕に、遺産を全部ください!
寄付を任せるとか一任するとかではなく
遺産を全部ください!!」

これは、腹黒育生が正体をついに表したのか?
それとも、育生ならではの考えがあってのことなのか?


【視聴率】第6話 9,9%

ranking.gif
↓訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
お手数ですがバナーをポチっとしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村新ドラマQ
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/5291-ce3673cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ