ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「無痛」第7話 イバラ】

   

おそらく、「無痛」っていう題名なだけに
無痛症だというイバラくん(中村蒼)が
このドラマの大きなストーリーの展開に一番関係があるのではと
思っていたけど。

いったい、白神(伊藤英明)は、イバラの何を研究しているのか。

イバラの無痛は、先天性なのだから
生まれつきなのかと思ったけど、
ならば、どうして、痛みを感じないという「新薬」を
摂取しているのか。

そして、その「新薬」を大量摂取すると
イバラに最大の変化が起きることが分かった。

手術用の器具や薬品が無くなっていることで
すぐに、白神は、イバラだということも分かっていたようだし。
影で、動いている秘書の横井(宮本真希)のことも
お見通しの白神。
では、白神の本当の目的とは、なんなんだろう。

佐田(加藤虎ノ介)を殺害したことを
覚えていないというイバラ。

さらには、何度も、イバラと会話をしている為頼(西島秀俊)は
まったくイバラを疑うことはなかった。
それまでに、一度も、「犯因症」など、出ていなかったのだ。

しかし、拘束されたイバラが抜け出し
院長の部屋で、「新薬」を、大量摂取した直後に
白神と為頼が現れたとき、
明らかに、イバラに変化が起きていたし、
さらには、「犯因症」が、現れたのだ。

それを見た白神も
「これが、犯因症か・・・」と、見ることが出来たのだ。

一家惨殺事件の真犯人と思われた佐田は
被疑者死亡で送検されることになってしまう。

どうしても、現場にいたに違いないサトミから
話を聞きたいと、早瀬刑事(伊藤淳史)は為頼に
頼んでいた。
サトミは、喉の手術を終え、
順調に回復し、少し自分から、声を出すことが出来ていた。

佐田、サトミ、イバラ。
そして、白神。
一家惨殺事件。

うーわ、どうなるの、これ。

イバラは、オペをした場所を通行人に通報されたことから
殺害容疑で、逮捕される。
けれど、このままでは、精神鑑定になりそうな感じ。

そして、為頼の恩師、久留米(津嘉山正種)は
最後まで、痛みを緩和することを拒否し
「痛みは自分そのものだ」と言い通し
亡くなっていった。

痛みは自分。

痛みを無くしたイバラは・・・。


もう、ホントオモシロすぎる。
夢中で見入る1時間だった。

確かに、これは録画で、じっくり何度も見たいドラマ。
そく視聴率に繋がるのは、難しいドラマなのかも。。

ranking.gif
↓訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
お手数ですがバナーをポチっとしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村新ドラマQ


関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/5275-59c8f440

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ