fc2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、レビュー。最近めっきり韓国ドラマ。パク・ヘジン★ユ・スンホ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「デザイナー・ベイビー」身重な黒木メイサの聡明な演技】

  

けっこうね、この枠、「美女と男子」から比べると
かなり集中して見ないとならないので
疲れるんだけど、
じっくり見ると、とてもオモシロいんだ。

録画してても、他のことをしながらだと
いつのまにか、まったく耳に入らなくなっちゃうので
絶対に、ドラマだけを見ないとダメなドラマ。
なので、昨日はリアルタイムで集中して見た。


赤ちゃん、誘拐事件から一転。
核移植の話にまで発展してしまった。

最初の誘拐犯こそ捕まったものの
いつのまにやら、赤ちゃん、ノゾミは、すりかえられ
本物の、ノゾミは、病院長の息子、峠則孝(柿澤勇人)が誘拐していた。

院長の秘書である、有吉久美(臼田あさ美)が
ちょいちょい情報を入れていたのは、
そういうわけだった。。

その息子が、橋の上から、ノゾミを落とした・・と
見られたが、実は、赤ん坊に愛情を持ってしまったため
殺すことは出来なかった則孝。

別荘近くの山奥に逃げ込んだ則孝を
妊娠8ヶ月の速水悠里刑事(黒木メイサ)は
追い詰めていた。
そこで、則孝を少し改心させたキッカケは
医者の漫画本を持った少年だったり。

「大丈夫だよ、まだ間に合うよ。
お医者さんになれるよ」
この子の優しさは、身にしみた~


勇人がノゾミを預けたと思われる久美は、
赤ん坊を連れている姿を、防犯カメラが捉えていた。
すぐに足取りを掴んだ警察は、久美を確保。
すごいよね、警察の防犯カメラからん割り出しって。こわっ。


しかし、久美が山崎医師(渡辺一計)に連絡したところ
ノゾミに会ってみたいと言われ
児童養護施設に連れて行くように指示されていた。
ところが・・・
再び、ノゾミは誰かに連れ去られ、
その山崎医師は、病院の建物から転落、意識不明の状態に・・・・。

そんななか、ノゾミの兄である優子(安達祐実)の息子が
白血病の再発を発病してしまった。

ノゾミは、このときのためにデザインされた赤ん坊だったのだ。。。
すべてが一致しているノゾミ。

って、あんなちっちゃい新生児の骨髄移植って
出来るんだーー;
それをされたノゾミって生きていくことは
出来るのかな?
それとも、それだけのために生まれてきたので
それでお役ごめんだったのかな・・・
こわっ・・・・。

警察を信用できなくなった優子たち夫婦は
自分たちで探すと、マスコミの前に
自ら立ち公表することを決意する。

しかし、絶対に明かされたくないものをひ隠している
病院側。

山崎が掴んだこととは・・・

視聴者には、わかってた山崎を転落させた皆本(細田善彦)と
それに加担したことになってしまった、山原あけみ(斉藤由貴)の
これからは?

それにしても、どうして黒木メイサは、あんな身重な体で
産休直前に、この事件に関わるってことにしなくちゃ
いけなかったんだろ。
そこに「命」と「母」というキーワードがあるからかな?
黒木メイサの妊婦姿が、さすが経験者だけあって
股の開き方とか、歩き方とか、いちいちリアルなのがすごい。

あんなお腹で、何かあったら、警察なんて
何もしてくれないのに、
ついつい優秀な速水刑事は、次々と探りを入れては
真実に近づいていく聡明な刑事なのだ。

でも、義理の息子に
「その赤ちゃんは、ゆりさんしか産めないんだよ」と
痛い一言を言われてしまう。
愛があるよね、この息子も。
素晴らしい。

途中、飽きそうにもなったけれど
やっぱり最後まで、目が離せそうにないドラマです。

ranking.gif
↓訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
お手数ですがバナーをポチっとしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村新ドラマQ
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/5233-ec97f0dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT