FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「37,5度の涙」鈴木梨央ちゃん】

 
なんと。梨央ちゃん
成宮寛貴くんの娘役だったとは。

しかも、お父さんのことガン無視する娘。

どうやら3年前にお母さんは
亡くなったらしいのね。

でも、そんなツッパった9歳の心を
少し開いたのも、桃子(蓮佛美沙子)だった。

朝比奈(成宮寛貴)が、小春(鈴木梨央)のことを桃子に
お願いした日。
朝比奈が、小春と、そして、桃子のために
お弁当を作っていったのだ。

すっごい印象的だった。
蓮佛美沙子さんの、お弁当のふたをあけながら
涙流すシーン。
素晴らしかったよ。

「お弁当くらいで、泣いて」って、小春には意味が分からなかったけど。
母や兄弟から虐待されて育った桃子は
これまで、自分のためにお弁当を作ってもらったことが
なかったのだ。

そんな子供時代ってーー;

たびたび出てくる桃子の少女時代の回想シーン
胸が痛いわ。。

泣きながらお弁当を食べる桃子を見て
小春も、お弁当を食べ始めたのだ。

そんなやろうと思ってやったんじゃないけど
桃子には、子供のこころを動かすところがあるって
朝比奈は、気づいてたんだね。。


そして、今回の3話ゲストの矢田亜希子。
矢田亜希子が演じるのは、絶大な支持を受けるカリスマママタレ大橋華絵(矢田亜希子)
柳(藤木直人)との対談で、病児保育を全面的に協力し
スノーホワイトも宣伝していきたいと約束した。

ある日、華絵の娘、姫華が発熱したので看て欲しいと
柳に依頼が入る。

すると、柳は、桃子に担当を任せたのだ。

案の定、クレームだらけ。
30分おきに、細かい内容をメールしてほしい。と言った華絵だったが
その内容に、最初に桃子に言ったこととは違うことを
クレームつけてくる。

あげく、物を投げつける姫華。
階段から、落ちてくる姫華。

このバカ母にして、このバカ娘!!
と、思ったけど、
なるほど・・・・・
桃子が、マニュアルなんて、くそくらえ!と
ちゃんと、姫華に向かって
いけないことは、いけない!と、叱ったのだ
「人に向かってものをなげてはいけません。
危ないことをして自分を傷つけようとしてはいけません!」

これは、心からの言葉だったので、ちゃんと子供にも
通じたんだね。
アレまくる華絵をよそに、
最後には、桃子を追いかけて、謝った姫ちゃん。
見直した!

それより、柳が、てっきり、桃子をやめさせるための
今回の担当だと思ったけど
度重なるクレームの内容で、柳も、桃子に非はない、と分かったんだ~

桃子を大切な社員だとかばった!

でも、そのウラには、亡くなった朝比奈の妻、小雪のことがあるみたい。
小雪が桃子そっくりだった。とか、めぐみ(水野美紀)の若いころにそっくりだとか。

ほ~、めぐみも、実は、あれだけ桃子に怒ってばかりだったけど
最初は、あんな感じだったんだ~と、そんな事も分かったりして。

蓮佛美沙子、頑張ってる~。


次は、いよいよ、恐ろしい母親、浅野温子と兄と対面となるんだろうか。
動けなくなった父の介護を押し付けられるんだろうかーー;

あああ・・・・


母の命日に、墓参りには、行けない。と言った小春。
行くと、お母さんが本当に死んでしまったことを
認めなくちゃいけないから。。。
やっぱ、梨央ちゃん、うまいよね~
鈴木梨央ちゃんなら、主演じゃなくても、十分存在感出した演技で
ドラマを盛り上げられるけど
これ、芦田愛菜ちゃんだと、主演じゃないと、ダメなんだろうねーー;
だから最近、めっきり出演なくなったのかな~
私は梨央ちゃんで良いけど。

ranking.gif
↓訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
お手数ですがバナーをポチっとしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村新ドラマQ
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/5099-7b8865bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ