FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「デート」第8話 恋がしたい恋がしたい恋がしたい】

   
確かに、あの依子(杏)の涙は
自分でも理解できない「感情」だったのだ。
それを、巧(長谷川博己)は、

結婚してもバレンタインデーに、チョコを食べさせあっていた
依子の両親は、結婚していたからではなく、
結婚しても、なお、愛していたから。
恋をしていたからだ。

その言葉は、素晴らしい言葉だと思ったよ。


いくひさひく。
無事に、なんとか結納を終え、
依子が出さなかった母を
なんと、父が、出していたとは。
父にも、母が見えていたんだね。
ちゃんと着物着てたし、
バレンタインのチョコ作ってるし。
いちいち、その季節時事に合った格好してる幽霊の母(和久井映見)が
おかしくて仕方ない。

お酒を買いに外に出た依子が目にした
母と一緒に行った、お菓子や。

そこで、初めて自分で買ったチョコレート。

本当は、絶対に、巧に渡したい。
渡そうと思って買ったに違いない!!!!!
なのに、バレンタインは、お菓子業者の策略だ!と
子供のころから言い続けている巧だということを知った依子は
渡すに、渡せなかったんだよ!!!


なのに・・・・

「彼なら、君に恋をしているから、彼なら」と
鷲尾にチョコを渡せと、婚約が破棄となってしまう。

まあね、まだ8話。
このまま順調に進んだんじゃ、すぐ終わっちゃう。

にしても、カオリ(国仲涼子)の少女時代のチョイワルヤンキー少女も
ヘアスタイルが同じで、同じような目つき。
巧の少年時代も、なんとも、似た子役。
いったい、どんな子役オーディションをしているのか
裏を見てみたい。

依子の子役なんて、
そのまま杏が小さくなったみたいだもの。

本命チョコをこれまでに一度も渡すことが出来なかったカオリ。
鷲尾と兄と、一緒にボーリングしていたので
事情はすぐに知るところとなり。
巧を待って、
やっと、人生初の本命チョコを渡すことが出来た。


えー
とりあえず、年明けカウントダウンキスのとおりに
なってしまうって流れなわけだね~


にしても、面白い。
オモシロすぎる、この月9・

やっぱ、コメディって難しいから
うまい役者じゃないとね。
長谷川博己さま。
よくぞ、高等遊民に、なりきってくれました。

前回から、突然登場した、父、平田満も
最初からいたんじゃないか?と思うほどの違和感なし。
さすがだ。

杏も、よくあの難しい役柄を!

月曜が楽しみなのって、いいよね。

訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
お手数ですがバナーをポチっとしていただけると嬉しいです

ranking.gifにほんブログ村新ドラマQ 
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
Instagram
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/4896-7dcd4b8e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ