FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「ゴーストライター」美しい中谷美紀の腹黒さと素朴な水川あさみの野心】

   

初回見て、かなり感激したんだけど。

いきなり始まる二人の暴動シーン、
うわ、初回からラストらしきシーンを持ってくるのか。

水川あさみが、中谷美紀のゴーストライターになることは
わかっていたので、
最終的には、遠野りさ(中谷美紀)とは決別して、
いつのまにか、立場が逆転する由樹(水川あさみ)へと
変わっていくんだろうと想像させる。

はじまりは、小説家を目指し、1年だけ東京で暮らし
新人賞の応募を続けてきた由樹。
恋人との婚約もあり、田舎に戻るそのときが近づいたときに
出版社に、原稿を持ち込みをした。
そこで出会ったのが、小田(三浦翔平)。

いまどき、持込するなんて、珍しいと
同僚、菜々緒からも言われ。。。。

あれ?菜々緒って、セレブ病院の看護師もやってた気が。。。

作家さんたちのお付き合いで疲労困憊のなか、
ふと、ユキの原稿に目を通した小田は、
その小説に引き込まれる。

そして、遠野りさが、アシスタントを探しているので
ユキを小田が紹介したことから
始まった。。。。


雑誌やイベント。
メディアにも、引っ張りだこの、遠野りさ。

ところが、天才女流小説家は、
スランプの底を這っていた。
書けない。
まるで、書けない。
読者からも、キレがないと言われ、ファンだという女性からは
10年前の作品名を言われ、
笑顔とは裏腹に、傷をおっていく、りさ。

でも、とーっても、「静」な雰囲気。

この、独特な雰囲気が、中谷美紀が演じると
本当に深みを増してて、素晴らしい。

また、書くことを諦められない、ユキ。

ついに、婚約者の浩康(小柳友)が
東京へとやってくるが、
遠野りさと、ともに食事をすると、
鋭い一発をくらう。

それは、浩康のカンにさわり
ユキの心を動かしてしまった。


遠野りさの執筆に出世がかかっている、文芸誌編集長の、神崎(田中哲司)。
りさと関係しながら、ユキの存在を知ると、
骨組みをユキに書かせ、そこに、肉付けをしていけばいいと
提案したのも、神崎。
最後まで、人の書いたものを世に出すのは、いやだという
りさの信念が、しだいに、崩れていく。。。。。


自分の人生を自分で切り開いていきたい。と思い始めた
ユキのことは、もう止められない。
りさの言うように、書きたくて書きたくて、
楽しくて楽しくて、仕方ないのだ。

すごい才能もあったのだ。


じゃ、なんで、新人賞に引っかからなかったんだろーー;
そんな人も、たくさんいるんだろうな。。。。

りさの言うアドバイスをスポンジのように吸収し
すぐに、みごとに手直ししてくるユキの力を
もっと見たいのと、ねたましいのと?

この二人の関係性が、どうなってバランスを保ち
どう崩れていくのか。

すごい楽しみ。

とても、丁寧に描かれてて。

とにかく、脚本もいいし、
やっぱり、キャストがいいのだね。
中谷美紀。水川あさみ、
うま!!


【視聴率】
第1話 10,5%  第2話 9,2%

訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
お手数ですがバナーをポチっとしていただけると嬉しいです

ranking.gifにほんブログ村新ドラマQ 
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
Instagram
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments(-) | trackbacks:1 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/4807-2bb846ac

TRACKBACK

ゴーストライター - 中谷美紀 水川あさみ

ゴーストライター 火曜 21:00 フジテレビ 2015年1月13日~ [キャスト] 中谷美紀 水川あさみ 三浦翔平 菜々緒 キムラ緑子 江波杏子 石橋凌 田中哲司 ほか [スタッフ] 主題歌: androp「Ghost」 [概要] 小説家とゴーストライター。 公式サイト ...

| 新ドラマQ | 2015/01/21 19:48 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ