ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「マッサン」第2話ネタバレ ナレーション、セリフ全集】

いやああ、「マッサン」は、ナレーションが多い!長い!
ピン子のセリフが長い!ピン子とマッサンとの掛け合いが、めちゃ広島弁で
早口で、長い!!!
いきますよ!

  


(マサハル)
THIS IS STAR of my new LIFE


(ナレーション)
スコットランドのエリーは
ウイスキー作りに夢をいだくマサハルと国際結婚をし
カレの生まれた国、日本へやってきました
マサハルのふるさと、広島県、タケハラについたエリーは
カレのお母さんに会うのが、楽しみでした。

遠い国スコットランドに、結婚を祝福すると聞いたからです。

ところが。。。

(母)「外国人の嫁は、絶対に認めません」


「亀山の跡取りの嫁が外国人につとまるわけがないじゃろうか」
(マサハル)「ちょっとまってよ、おかあちゃん。わしは、一言も、この家を継ぐとは」
(母)「留学からもどったら継ぐはずじゃったじゃろうが」
(マサハル)「兄貴には好きにさせておいて、次男のわしに継げとは
筋が違うじゃろうが」
(母)「筋は、ちがいやせんおとうちゃんだって、大阪の会社に2、3年いたら
戻ってくるもんと思っとった」」
(マサハル)「ワシは、日本でウイスキーを作るためにスコットランドで勉強してきた
留学費用も全これでウイスキーそれなのに作らなかったら
裏切りものになるじゃろうが」
(母)「そんなの勝手は許さん、お前が継がなかったら、この家はどうなる??」

(ナレーション)
会話の内容はわからなくても
お母さんが怒っているのは、エリーにもわかりました。

(マサハル)「なら、姉ちゃん夫婦についでもらったら?」
(姉・チカコ)「うちはもう、この家の人間じゃないよ
ちいと実家に帰ってきてるだけじゃ」
(マサハル)「じゃったら、すみれが婿とってのぉ」
(妹・すみれ)「私は学校卒業したら教師になります」

(母)「オマエがおるのに、なんぼ他の婿をとらにゃいけんの
おやじだって婿養子じゃろうが。
(母)「男の兄弟がいなかったら」
(マサハル)「西洋ではの・・」
(母)「なーに西洋かぶれしとんのここは日本じゃ
亀山の家には、亀山の決まりがある!」


(エリー)「もおお、ダメ」と英語で言いながら崩れる

(マサハル)「大丈夫か??」
(エリー)「ごめなさい、ごめなさい」
(マサハル)「これか、ここか!」
(エリー)「あああ~きゃ~~」

母、すげー恐い顔でにらむ。

(マサハル)「動くな、動くな」

番頭がやってくる
「奥様、和尚様とのお約束の時間が」
(母)「ほうじゃった。」
(マサハル)「和尚?」
(チカコ)「明日、おじいちゃんの17回忌なのよ、」
(母)「あんたは、準備しときなさい。
跡取りとして、和尚様に挨拶してもらうけん」
(マサハル)「まだ話はすんどらん」
(母)「すんだじゃないか」
(マサハル)「エリーのことじゃ」
(母)「手紙に書いたじゃろ」

(エリー)「てがみ?」

(母)「外国人は嫁にはせん!書いたはずじゃ!」
マサハル、きょどってエリー見つめる。
エリー、呆然
(母)「正座もろくに出来ん外国人が亀山の嫁に
つとまるわけないじゃないか。」去っていく母。。。
チカコも後を追う。

(マサハル)「ワシはでんけんの!法事なんて、出んけんのぉお!」

手紙を取り出すマサハル。

エリーが、横から奪う
(すみれ)「外国人との結婚は、許すわけにはいきません」
(エリー)「お母さんも、お父さんも、私に会うの楽しみにしてるって。。。」
(マサハル)「エリーに実際会えばわかってもらえる。結婚も
認めてもらえる思うたんじゃ」

同じころ、母は、なにやら写真を破っていた。
ビリビリビリ。。。
「ああああ!」
その破った写真を懐に入れる母
「この家は、うちが守りますけん」


<清酒亀山>
(ナレーション)
その日の夕方、マサハルはエリーを嫁と認めてもらうため
あり計画を考えついたようです。

喪服を着てるマサハルとエリー。


(マサハル)「エリー!どうだ!」
(エリー)「So handsome!」
(使用人、番頭の島爺)「さっきは、ほおじにやでーん!とおしゃってたのに
なんで急に出ることにしたんでしゃろうのお」
(マサハル)「おお、法事には親戚じゅうが集まる、
そこでエリーを紹介して気に入ってもらう。
みんなが認めれば、さすがのおかあちゃんだって納得するしかないだろ」

(エリー)「どう?」


(島爺)「ちいと、丈が」
「ちいとじゃない、」

(すみれ)「エリーさん、お兄ちゃんのどこが好きになったの?」
(エリー)「マサハル、ゼンブスキ」
マサハルに駆け寄るエリー「I love you I love you」
いちゃつく二人。。。

(マサハル)「ニッポンでは、そういうことは、人前では
言ってはいけんのじゃ」
(エリー)「どうして?」
(マサハル)「どしてって。。」
すみれが、思わず微笑んで、兄に向かって
「アツアツねええ!!」と嬉しそうに言う。
(マサハル)「すみれ!!」恥ずかしそうなマサハルw
 「おまえもお、用はすんだんじゃろうが!」怒ってごまかす。

(すみれ)「二人は、どこで出おうたん?」
(マサハル)「お!おい!すみれ!!!」まだ照れて怒ってるww

笑いころげたエリーさんが
「初めて会ったのは2年前のクリスマスパーティ」
(マサハル)「え~り~」
(すみれ)「クリスマスパーテ??」


<2年前の回想>

「メリークリスマス!!!」

(エリー)「私の家のパーティに、妹のヘレンと同じ大学で
勉強してたマサハルが、やってきました。」


玄関に向かえでたエリーを見て、
( ゚ ρ ゚ )ボーっとするマサハル。
一目ぼれ?


「ああ、はじめまして、カメヤママサハルと申します」
「マサハル?」
「ヘレンさんに招待されまして」
「中へ、どうぞ。飲み物を用意します、どうぞ」
「ありがとう」

ケーキの中から何か出てきたマサハル。
「スコットランドでは、銀貨を引き当てた男と
指貫を引いた男が結婚するといわれているんだよ」

「そんなの単なる迷信だってば」

「エリー人は、運命に逆らえないわ」
「なにいってるの」ポ・・・・

(エリー)「マサハルは、それから弟に柔道教えに
家に来てくれて、私たち、家族と仲良くなって。。。」
バックでは、蛍の光を歌う家族の声が・・


(マサハル)「まさか蛍の光が、スコットランド民謡じゃったとは」
草原にいる二人。

「マサハル、恐くなかった?」
「恐い?何が?」
「たった一人で、スコットランドに来ること」
「もちろん、不安もあった。じゃけど、夢があったけん!」
「夢?」
「ワシの夢は、日本でウイスキーを作ることだ
今の日本は、酒といえば日本酒じゃ、
でも、いつか日本人もウイスキーを飲む時代が来る!
そのとき、みんなに飲まれるのがワシノウイスキーじゃ!
ワシの作った、国産ウイスキーを!!」


草原でたわむれる二人。。。。。


かくれんぼするマサハル。
驚くエリー

マサハルといると、いつも楽しかった。
だけど・・・・・


湖にいるふたり
「日本に帰ることになった。今度の土曜日」
そうマサハルが言ったときに、エリーは寂しげにうつむき
立ち上がり、

「しょうがないわね、残念だけど、」
涙をうかべて

「サンキュー
忘れないわ、マサハルのこと
日本でマサハルの夢がかなうことを祈ってる」

マサハルは近づき
「エリー わしと、結婚してくれ」

驚いたエリー
(マサハル)「エリーと結婚できるなら
日本に帰れなくてもいい、このままずっと
死ぬまでスコットランドに住む
ずっとエリーと一緒に
生きて生きたいんじゃ。」

(エリー)「日本に行こう、マサハルと一緒に
私が日本にいこう。
マサハルの夢は、日本でウイスキーを作ることでしょ
だったら、私が日本についていく」


<もどる>
(すみれ)「ロマンチックじゃねえ」
(マサハル)「いい話ばっかじゃないぞ、そのあとが大変だった


(エリーの母、ローズマリー)「どうしても、日本に行くというのなら
親子の縁を切ります」


(ナレーション)
そうです、二人の結婚は、スコットランドでも
大反対されたのです・・・・。



なるほど、
すみれちゃんがなれ初めを聞いて、思い出しながら
回想シーンとして、出会いからプロポーズまでを描いたのか~!
こういう感じで、スコットランドでの勉強修行も紹介されていくのかも。

エリーさん、本当に日本語じょうずだし、美しいし。
最初、どうせ外国人をキャスティングするなら、まるっきり日本語が
話せない女優よりも、カツゼツもよくて、演技も最近うまくなってきた
トリンドルとかで良いのに。と思ってた。
オーディションで、輝いていたのがこっちにも伝わる演技だね、エリーさん。
スコットランドでの英語の会話が吹き替えになってたのに違和感感じてる人が
多いようだけど、タマテツ出演の「ルパン三世」が何をかくそう
ほとんどが役者本人たちによる吹き替えだったので
違和感なかった(!)



訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
お手数ですがバナーをポチっとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | NHK朝ドラ マッサン | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/4535-258cc23d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ