ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「聖女」第5話 亡霊と会話する広末涼子】

 
一審無罪を勝ち取った基子(広末涼子)
弁護団とともに、記者会見にのぞんだ。
悪女と数週間前まではバッシングの渦中にあった基子が
無罪を勝ち取ったと同時に、マスコミの報道も変化していった。
そんな中、基子に噛み付く記者もいたが、
答えなくても良いという黒坂弁護士(田畑智子)は言うが
基子は、逆に、その記者を問い詰め黙らせてしまう。

あまりの美しさに、報道陣はざわつく。。

といった感じなんだろう。

「無罪を祝う会」に泉美(蓮佛美沙子)がやってきて
基子と対面した泉美。
晴樹の婚約者だと聞いた基子は、
自分でも信じられないくらいに、動揺する。


ホテルの部屋で基子は
「私は、ついにやったのよね。
生まれ変われるのよね。
気高い女に」と、鏡に語りかける。

すると、そこに最初に亡くなった飲食店プランナー会社経営者
阿川(浜野謙太)が現れる。
「あなたのことは、本当に好きだったのよ。」
「そうだよな、君はほかに本音で話せるやつなんて
いなかったもんな」
と、普通に会話しはじめる(!)

これ、なに???
肘井基子には、小栗旬のようなBORDERの能力があるの??
しかも、サイモンくんだし(!)
この二人の会話からすると
基子は、この人のことは、殺してないんじゃないかと
連想させるような内容。。。




しばらくは、ホテルでおとなしくして
外出もひかえるように言われたのに
さっそく、いなくなる基子。

晴樹(永山絢斗)は、思い当たる場所があった。
そこは、晴樹の実家の近くの海辺。

いたし!

「どうして居場所がわかったか、あとで、ゆっくり聞くから!」と
黒坂に言われた晴樹^^;


同じころ、泉美(蓮佛美沙子)は、晴樹の実家へ向かっていた。
迎えたのは、笑顔の兄、克樹(青柳翔)
母は、買い物からまだ戻ってないけど、どうぞ。と言い
泉美がくると、母は、とても嬉しそうだと話しはじめ
すっかり泉美と、打ち解けたかのようにみせておいて。
信じられないことを、兄は、泉美に次々と告げていく。

「タイヨウみたいに明るい君みたいな女が
大嫌いだから。

悲しむ顔がみたいから」


うん、この兄は妙なやつだけど、
泉美の、やけに健康的で明るい献身的な性格。
大嫌いだ。っていう気持ちが、分からなくもない。

基子と晴樹の過去を知り、
泣きながら帰ろうとする泉美に、
さらなる悲劇。

海辺に、基子と晴樹の姿が!!!

泉美には、聞こえてないけど
そのとき、基子は「ホテルの部屋に来て」と言っていたのだ。

泉美は、二人を追いかけた。
ホテルで待ち合わせた二人のそばに座った泉美。。


蓮佛美沙子ちゃんって、いつもこういう役ばっかだよね・・・・



晴樹は、基子が無罪になったカギとなる
3番目の被害者といわれた千倉が
重大なことを思い出したことを聞かされる。
それを、基子に確かめようとするが・・・・・

もう、間違いなく、やってるよね。広末。
悪女悪女。
救いは、あるのかな?
罰がくだるのかな?


【視聴率】
第5話 6,6%
訪問ありがとうございます。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
お手数ですがバナーをポチっとしていただけると嬉しいです

ranking.gif 
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
人気のドラマブログはコチラ

関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/4515-07ab50da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ