fc2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、レビュー。最近めっきり韓国ドラマ。パク・ヘジン★ユ・スンホ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「花子とアン」第141回(9/10) おじいやんの差し入れと疎開】

  

醍醐さん(高梨臨)が行ったシンガポールは戦争は終わってたんだね。
戦争が、どういうものなのか少し分かったわ、
死って遠くにあると思っていたけれど、隣にあるものなのね。。。

そう怯えながら話す醍醐さんを、
いっこうに家にあげようとしない花子(吉高由里子
玄関先で、こんな話させるなんて、
それ以上、話せなくてよ。

梶原が尋ねてきて
「醍醐さん、あまり話したくないようで・・」って
おまえ。。。。

梶原は、向こうで醍醐がどんなことがあったのかを花子に話す。

梶原さんは、すっかり老けて。
白湯しか出せなくて、と言った花子に
「うちでも紅茶が出てきたら、驚くよ」と言った梶原さんの言葉で、
あ、これは、もしかして、富山先生と一緒になれたのかも!と思った。
けど、そこには触れず。。。

自宅の庭で、食べられそうな葉っぱを捜す花子。。。。

食糧難。。。

どうして、軍のニュースを読むのがいやで
軍の印刷物を扱う仕事もいやで
軍事工場は良いんだ?
わけわからん。。。

と、そこに、吉平おっとう、現れる
「グッドアフタヌーン~」
ダメでしょ、英語使っちゃ!!!

花子は、このお父さん、そっくりなんだね。
自分よがりなところ。
周りのことを考えないところ。

そんな、おっとうも、食料を心配して、
たくさんのお米、ミソ、次々と、あらゆるところから出して見せた。
手品かっ!
おっとうらしい。

ところで、村岡花子って人は、酒は飲まなかったらしいね。
酒癖が悪いのは、吉高由里子のアテガキなのね、中園先生。


子供たちと一緒に、甲府に疎開しないか?と話す父に
かよも、ももも、花子も、行かないという。。

かよは、店が自分の命だから。と。
ももだけでも、子供たちと行ったほうが良いのに。。。


結局、子供たち二人を連れて、花子が甲府へ向かった。
「ごきげんよう」
実家に戻ったのに、それはないだろ。
「ただいま」って言え!

すっかりヤマンバのようになってしまった、ふじおっかあ(室井滋)
ますます真っ黒になったリンさん
そして、白髪だらけの老け顔になってしまった、アサイチ先生!(窪田正孝)

みんな年とったな~
でも、花子だけが、なぜか、ちらっと白髪が数本あるだけ。
物腰も、話し方も、成人してから、変化なし。
残念だ。。。。

蓮子さんは、どうしているんだろう。
「SAURA」がクランクインしたかーー;

ranking.gif
↓よろしかったらクリックお願いいたします
励みになります↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村新ドラマQ


関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/4455-c46a464c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT