ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「おやじの背中」第8話 大泉洋と田中奏生】

 

前回の渡辺謙・東出のは、もお、途中で見てられなくなって
リタイアしたけど。
あのわざとらしい口調、不自然な会話、
母親を25歳にして「ママ」と呼ぶ東出の気持ち悪さ。
最悪な脚本で、この二人の話題先行でのキャスティングに
まんまと始まりから、チャンネルを合わせた自分を呪ったくらい。

で、今回は、10分ほど経過して、
まあ、オモシロくないだろ。と思いながら、チャンネルを合わせた「おやじの背中

いや~ところが、今回は、引き込まれてしまった。

すごいな、大泉洋って人は。
なんだろ、あの惹きつけるものは。

本当にダメおやじに見えるし。
本当に、駄菓子に人生ささげるほど打ち込んできた姿に見える。

それに子役の田中奏生くん。
どうして、この子は、いつもいつも、ダメな親父の息子役なの???
と、思いながらも、その切れ長の目が
キリっとしてて、親父よりも、しっかりしてる息子を演じるのに
ぴったりなのだと思った。

子供のころから、大好きだった、駄菓子のメーカーの社長の家に
直接のりこんだ二人。
門前払いをくらった親父。
出てきた子供を見た、湊(田中奏生)は、
持ってきた駄菓子を父の手から持ち去り、
「先に行ってて」と言いはなつ。

子供どうし、近づいていく。っていうのは、ありだ。
賢い!と思った。
何より、駄菓子は、子供だ。
サッカーのユニフォームを着ていた社長の息子に
「サッカー好きなの?」と、好きなことに話題をもっていく。
うまい!
「リフティングできる?」
そして、ぽりぽりと持ってきた駄菓子を食べ始め
相手が興味を持ち出したところで、「食べる?」と食べさせる。
相手は、小さい子供だ。
喜んで食べるさ~!

ここで、展開は、読めたのだけど。
なんか、うまくいくと、見てるこっちも嬉しい。

ダメ親父は、実は製薬会社の御曹司。
実家は資産家。
親父の親父は、社長だったのだ。
その親父の余命を兄(田中哲司)から知らされる。
一緒に会社を手伝ってほしい。といわれていたのだ。

すっかり駄菓子に、疲れ果てていた大泉洋
あきらめようと、駄菓子たちを片付けはじめ
捨て始めようとしていた、まさに、そのとき。

くるぞ、くるぞ!くるぞ~!~!!!
きました。
ハシバ製菓の社長、羽柴(塚本高史)

こういうのは、見てて安心だし。
なんだか、その続きが、見てみたいな~と思わせる。

親父と子供のケンカばかりを描いたものが多かった
オムニバスの「親父のせなか」
これは親子3代、それぞれの背中を見てきた息子たちの姿が
映し出されていて、けっこう良かった。

ranking.gif
↓よろしかったらクリックお願いいたします
励みになります↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村新ドラマQ

【視聴率】
第8話 7,6% 先週の渡辺謙、東出昌大につられて見てしまったけど
失敗した~!!と思った人が、今回は見るのやめたパターンで数字が減ったと思われる。
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/4409-dfa44f3d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ