FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「ブラック・プレジレント」最終回 】

   
まさか杏子先生(黒木メイサ)の実家がお寺だとは知らなかったし驚きだったけれど
母が持ってきたお見合いを、三田村(沢村一樹)に抱きつき
「この人が好きなんです!!」っていう展開には、
やっぱり、こうきたか!!!と、
予想を反してほしかった気持ちと期待通りの両方だったのに。

芝居。。。

からの、

二人で共同作業として結局、秋山杏子だけの名前では弱いし
本人の協力のもとで、一緒にブラック企業の暴露本を書くことになっていたのが。

出来上がってみたら、
三田村の顔写真入りの表紙。
著書は、三田村社長のみ。
杏子の名前は、裏方にまわってた。。。
しかも、印税はすべて三田村社長のもの。

杏子が書いた、その原稿を読んで
杏子は、本当に、こういうことが、大好きなんだと思ったから
やりたいことを、やりとおせ!と言ってたのに~

さっすが、三田村。

そして、みんなが、三田村本を読んでる。
それみて、さらにむかつく杏子。

「はあああぁああ?」と言うのが口癖の杏子。
私は、好きだわ、


いっぽうで、三田村の会社「トレスフィールズ」は
海外進出を計画していた。
アメリカのその会社は、なんと三田村にニューヨークに社長として
5年間就任するのが、提携の条件だと言って来た。

三田村のことを、杏子と秘書の冴島(国仲涼子)が
あれこれ相談しあったり、フォローしあったりするのが
なんだか、三田村を見守る保護者のようで。
とても、オモシロかった。

ま、結局、受けてしまい、受けるのなら辞任する!と言ってた
専務の明智(永井大)こそ社長代理にふさわしい!と
三田村が言う。
そうだ、そうだよ、それがいい!!

でも、わりと、あっさり早く戻ってきた三田村社長。
最後は、盛大な別れなのかと思いきや。

そして、映画サークルのみんなも、それぞれの進路へと進みだした。

やっぱね~~~
ユリちゃん(門脇麦)、絶対、トレスフィールズに入社試験の面接に
やってきた~。

この後、ぜひ見たいわ。。
ユリちゃんが入社して、その後。


とても軽快で、テンポもよくて。
社長と、ゆとり大学生という無関係そうなものを
社会人学生としてつなげて、
そこから出会う社長と学生と講師の
それぞれが受ける影響を、
けっこう、ある意味深さがあった内容だったよ、これ。
軽めに描いていたけれど。

ドラマのタイトルで誤解されて見ない人も多かったかも。
私は、さほど沢村一樹という俳優には興味なかったし
いても、わりと脇役でのドラマを見ることが多かったのだけど。
このドラマで、沢村一樹の俳優としての良さが、とても分かった。

「DOCTORS」見てみよっかな~とさえ思ってしまった



はぁあああ?
(あまり良い口癖ではないよね^^;)

でも、最後まで青木さやかの存在の意味がわからなかった。。。
ranking.gif
↓よろしかったらクリックお願いいたします
励みになります↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村新ドラマQ
【視聴率】最終回 7,8%
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

進路~

お疲れ様です。

>ま、結局、受けてしまい、受けるのなら辞任する!と言ってた
>専務の明智(永井大)こそ社長代理にふさわしい!と三田村が言う。

まず、明智専務!
社長が受けたら辞任する??? 笑っちゃいますよね。
「トレスは任せてください!」が何故云えなかったんだろう。

ちょうど、明智光秀(専務を想定)が織田信長(三田村を想定)相手に謀反?を起こしたような展開で、未熟な専務を印象付けてしまいましたね。ちょっと残念です。

しかし、三田村がこの台詞を言うと、待っていたかのように自分で辞表を破ってしまいました。
一世一代の芝居だったのかな?とも思いましたが、そんなに器用な方ではないですよね(^^;
専務には、社長みたいに外の空気を吸いに行ってほしいですね。
冴島さんだって休暇使ったじゃないですか~(^^

そして、三田村社長!
専務の言葉に動揺してどうする!?・・・と言いたい所ですが、
今までやってきたことを捨てる勇気~、悩んで当然ですね。
でも、こういう時の外野(大学の仲間)って、いいですよね。
損得なしに、純粋に背中を押してくれます。

新天地に関しては、英語が不安だったんでしょう。でも先生と仲良く会話してたので、コミュニケーションには大きな自信を持ったようです。

機は熟したようで、だから社長を引き受けることに決めたんだと思います。
こうなると、明智専務にかける言葉は、おのずと決まってきますよね。(^^;

>そこから出会う社長と学生と講師のそれぞれが受ける影響を、
>けっこう、ある意味深さがあった内容だったよ、これ。

いい話を沢山聞けましたよね(^^)
三田村語録(ボールペンやシャベル売りなど)も、人間関係を考える上では結構役に立つと思いました。

大学での関係は、まるで化学反応を起こしたみたいで面白かったし、いろんな世界を経験することの意義もよく描かれていたようです。

知らないと、不安になったり卑屈になったりしますが、
知りたいという思いさえあれば、ある意味怖いものなし・・・
なのかもしれませんね。(^^

| LB56 | 2014/06/19 03:44 | URL |

Re: 進路~

そうですよね!
明智専務には、「任せてください!安心して行って来てください!」って
言って欲しかったですよね。
なさけない^^;

でも、ま、そこまで社長をブラックと言われながらも
近くにいる人たちは、とーっても信頼してたってことですね。
なかなか、いい話でした。

本当に、とてもタメになるドラマでしたね!

| ちゃめ | 2014/06/19 14:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/4098-2e1c432a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ