fc2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、レビュー。最近めっきり韓国ドラマ。パク・ヘジン★ユ・スンホ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【5分で[花子とアン] 第6週ダイジェスト「腹心の友」」】



第6週ダイジェスト「腹心の友」あらすじ
大文学会で「ロミオとジュリエット」を上演して以来、
はな(吉高由里子)と蓮子(仲間­由紀恵)は
「腹心の友」とも言える仲となり、好きな文学や将来の夢などを
日々語り合っ­ていた。はなは茂木(浅田美代子)の紹介で、
梶原(藤本隆宏)が編集長を務める出版社­で
アルバイトを始める。初めは失敗してばかりだが、
出入りする印刷会社の村岡英治(鈴­木亮平)と
出会ったことがきっかけで、はなは梶原に英語の才
能を認められる。
翻訳の手­伝いをすることになり、初めての
「英語を翻訳する」という仕事にやりがいを感じるはな­。
そんな彼女に英治はトンチンカンなほめ言葉を投げかけ、
はなを戸惑わせるのだった。­一部始終を聞いた蓮子は、はなは
翻訳を職業にすれば良いと告げて、あるペンネームを
は­なに授け、自分は歌人になると宣言する。
そんな折り、はなは学校の外で、富山(ともさ­かりえ)が
男性と密かに会っているのを目撃。相手は、
なんと梶原編集長だった。醍醐(­高梨臨)らによって、
噂が学校中に広まってしまう。一方、蓮子は
兄・晶貴(飯田基祐)­に呼び出され、驚くべきことを告げられる。
「九州の石炭王」と呼ばれる男と見合いをし­ろと言うのだ。
蓮子はきっぱりと断るが...

ranking.gif
↓よろしかったらクリックお願いいたします
励みになります↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村新ドラマQ
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/3934-9404823e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT