fc2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、レビュー。最近めっきり韓国ドラマ。パク・ヘジン★ユ・スンホ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「生まれる。」第9話 終章~生まれ生きてる奇跡 感想 レビュー】

   

てっきり最終回なのかと思ってた。
違った。
あと1話残ってた・・・・・!

肺炎を併発してしまった浩二(中島健人)
太一(大倉忠義)も、ヤバイ仕事から、逃げ出し、駆けつけ
家族全員がそろう。
息絶え絶えの浩二・・・・・・。

また、別の日。
愛美(堀北真希)が、やってきて、
病室の近くのスペースで、また全員がそろう。
しかし笑顔。

なんと、浩二の誕生日だった!!!
生きてた><。。。。

軽口たたきながら、仲良さそうな太一と浩二。
太一はパン屋の「PANNTEN」を浩二にかわって、切り盛りしていた。
イケメン兄弟の効果絶大。
商売繁盛に繋がってるらしい^^;


いっぽうで、国木(戸だ恵子)のもと、プレゼンを進める愛美と大川(鈴木亮平)
なんか、とっても乗ってきて、饒舌なプレゼンをしてる大川。
この役者さんも、とても良い味出してて、ドラマ界に欠かせない存在になりそう。
なってほしい
つか、この人、外語大出てるんだ@@; 

っと、またそれた。

出産は、妊婦の命もときに奪うこともあり
また、出産のときを迎えても、赤ちゃんが生きられないこともある。
そこで、今度は、死産を経験した人にも取材したらどうだろう。
ということで、18週のときに、赤ちゃんの体に異常が見つかり
それでも、出産を決意した女性(友近)を、二人は取材する。。。

なんか、友近だけど、
けっこう、ジンときた・・・この話。
そこから、つながる近藤先生(大杉蓮)の亡くなった奥さんの話とか。
とてもウルっときた(;;)

末っ子の美子(竹富聖花)も、アッサリ学校行ったんだ!と思ったけど、
親友だった、イジメの張本人に、立ち向かったね~

でも、浩二の容態は、あまりよくなくて
化学療法での効果は思わしくない状態が続いていた。
それでも、家族が、異常に前向きで笑顔。
本当は、きついとかツライとかって、ぜんぜん出してないし。
むしろ、重たい空気をここまで背負ってない感は、さばけてていい。
こういうドラマの場合って、暗いほうへ、
泣けるほうへと展開させてくパターンも多いので。

あくまでも、ぶれずに
新しい命。
今ある、命。へのテーマっていうのを描きぬいてるところも
心地いいかも。
(お、褒めた)

そして、愛子は、突然きたか?
陣痛?
道端で倒れてしまった!!

つ  づ  く

↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

【視聴率】8,9%
【ロケ地】
●太一の実の母の墓がある場所:川崎市幸区久野浜霊園
●愛美と大川が取材に行ったインテリアショップ:KAJA吉祥寺本店
●太一がパンを売っていた公園:井の頭公園
●太一がパンを売っていた広間:東京急行電鉄田園調布駅
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/330-020da50b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT