ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「独身貴族」第3話 草彅剛か伊藤英明か!迷う~】

 

とは、まったく言ってないね、春野ゆき(北川景子)

でも、このドラマ、なんか良い~
すごく良い~
映画を意識して作ってるからだろうか。

裕太(藤ヶ谷太輔)に意地悪されてるんだけど
それを、意地悪とも思わない、ゆき。
そっと、手をさしのべ、裕太を持ち上げて
ゆきを助ける進(伊藤英明)

ヤマタのオロチは、ついに、ゆきを食事に連れてった。
それも、ごく自然に。
「仕事があるから、借りるね~」と裕太に言いながら。
さすがのヤマタノオロチ。

ハウスキーピングの仕事をしていたときの
「社長がヤマタノオロチ」の話しを思わずすると、
「あ、それ、オレオレ!!」
と、明るく言っちゃう進。

「どんな映画が好きなの?」と聞かれ
社長と同じ、「あじさい」だと言うと、
進には、「あじさい」の良さが分らないのだという。

進と、守(草彅剛)は、幼い頃から、性格正反対。
仕事でも、明るく積極的で社交的な進は、
誰からも、「あなたのほうが、社長に向いている」と言われる・・・
その気持ちは??


しかし、進は、映画に対する情熱がパネエようで。
取り戻した、ゆきの脚本「8月のボレロ」を
手直ししたので、見て欲しい。と言われ
見始めたら、入り込んじゃうタチなのね守社長。

時間関係なく、相手の事など何も考えず
「何ページの何行目の、あそこなんだけど・・・」
という具合に、頻繁に、確認の電話がなるように。

ついに、ゆきは電話で話しながら、守の部屋に。
「一緒に見たほうが早い」
ホントだ。

あれだけ、自分のテリトリー距離感を大切にしていた守も
映画の脚本となると、夢中になり
ゆきとの距離が近すぎることすら、気づいてない。

なんか、いい。
自然で、すごくいい。

ゆきが、あまり、二人を男としてみてないのも良い。
こんな北川景子だったら、大好きだわ。私も。
これまでの役は、どれも、あまり好きじゃなかったので。。

3人の、良いところが、すごくよく良い感じに引き出されてる。

ただ一人、嫌われ役になってる裕太が気の毒。
もう一人、これ必要???って役の須美加(蓮仏美沙子)も気の毒。
デヴィ婦人が相変わらずひどい棒読みでいらないのに、出番が多くなってる><。。

こうして、主役の3人が引き立てられていくのだね。

「8月のボレロ」が完成されていく過程もとても楽しみ。

ranking.gif
↓訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村新ドラマQ

【視聴率】
第3話 11,6%
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/3298-43d57f01

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ