ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【香取慎吾(SMAP)主演「幽かな彼女」第8話、感想とかレビューとか視聴率】


ずっと見てはいたのだけど、感想ってほど感想がなかったけど
今回は、かなりアタマきたんで。
イジメに関するドラマが多すぎる今季クールの中で
みんな同じようなパターンばかりで、
本当に、今は、そういう事が頻繁に起きているのだとしても
見てて気分悪くなる子供も多いんじゃないかな。
いじめてる当人たちは、見ないか、もしくは、何も感じないだろうし。

そんな中、今回は、キーポイントとなったサヨちゃんへのイジメが
じょじょにターゲットとされ、エスカレートしてく。

サヨちゃんは、唯一、アカネ(杏)の存在を知る
神山(香取慎吾)とも、そっちの世界についても、
色々アドバイスをもらえた生徒。

それが、かえって誤解を生む結果に。
とはいえ、イジメたい子は、理由なんて、
なんでも良いのでしょ。
自分の中での、不満や、問題を外にぶつけたいだけなのだから。

だいたい、クラスで一番可愛くて、美人な子が、
イジメのリーダーになるパターンが多い
ドラマの世界。

父は政治家、母はPTA会長。
誰も注意するものはなく、何があっても、もみ消してもらえるという
甘えからも来てるのだけど、
たぶん、それだけじゃないよね。

サヨちゃんが、一人になったところを狙って
ナイフまで出してきたときには、
さすがに、仲間たちも、引きまくり。

何が、そこまで、こリサを尖がらせているんだか。

あきれる。

いっぽうで、アカネ(杏)は、だんだん自分の過去に起きたことを
神山が調べ、自分も学校に行くことで思い出してきていた。
副校長の霧澤(真矢みき)は、アカネの教え子だったのだ。
そんな話を、神山から問われ、
いつか、神山先生には、聞かれる気がしてた。という副校長。

とても、生徒思いで、熱心で吹奏楽の顧問をしていた茜先生。

神山の住んでる部屋には、政治家の息子、中学生なのに
一人暮らしをさせられてた生徒がいたこと。
その生徒に、茜が刺されてしまってたこと。
後悔しながら、血まみれの手を見ながら
ひたすら謝る、その男子生徒に、すでに、幽霊になってしまった
アカネが、大丈夫だよ、とアタマをなでてるアカネ先生。。。。


消える。。。
アカネが消える。。。。。

浮幽霊の吉岡さん(佐藤二朗)
アカネの存在が感じられない!!と、神山に
血相をかえて(?)伝えにやってくる。。。。

アカネ・・・・・

またいなくなったけど、
今回だけは・・・・・

↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
新ドラマQ

【視聴率】
第8話 11,5%
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/2716-fc9b750d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ