ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「鴨、京都へ行く」第7話、感想、レビュー&視聴率】

   
なかなか、良い話だった。「失敗上等!」
「失敗させてくれて、ありがとうございます」

そうやって、学んでいくことに
気づくことが大事ってことだね。

梅垣やで手に負えなかった 外務省からのVIP客。
言葉も通じない上、に自由。
その客を急遽、引き受け、
準備が整わない!と反対する、鞠子と板長(高杉亘)に対し、
若いグループだけで、おもてなしをします!と言い出す鴨(松下奈緒)

6年たっても、いっこうに手伝いばかりで
料理を作らせてもらえない八木(小柳友)は
イライラし、ずっと、ここにいるわけじゃない!とまで言っていた。
その八木に料理を頼むのだが、
やっぱり、最終的には、板長が作り、
女将に、どっちが上手いか、味見してもらうと・・・

やっぱり、美味しいのは、板長の料理。

日本の文化芸能に触れたいとも言い出した
このVIP.

同じく、落語家、東雲亭 千雀(三遊亭円楽)の付き人で
6年やっても、まったく前座にも立たせてもらえないと
愚痴る千太郎(内野謙太)が
ぜひ、自分にやらせてほしい!と願いでる。


が、しかし、途中で飽きさせてしまう。
でも、それを救ったのも、鞠子さんが伝えた、師匠の言葉。

なんとか話を終えた千雀だったが
そこに、師匠が現れ、弟子の尻拭いと、高座に立った。

なんと、師匠
「空気が良かったな~」と、前にやった弟子を褒めたのだ!!

そして、料理の量が足りないと言う客に(ほんと注文が多い)
八木は、イカのお好み焼き風のものを用意すると、
今度は、そっちが採用!

八木も、やってみて、初めて自分の未熟さを知り
女将に、失敗させてもらって、ありがとうございます。と言う。
女将は、女将で、鞠子さんに、失敗させてくれて、ありがとうございます。と。
いいねいいね~。

しかし、そのVIP客が大変満足し、
外務省から、梅垣やあてに、メールが届くと。
鈴風(若村麻由美)さん、
うわ!出た!!!この目つき!!!!

本人の前では、微笑んで、ウラで睨みつける。
いよいよ、女の戦い勃発か!
いいねいいね~。

↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
新ドラマQ
【視聴率】
第7話 9,5%
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/2701-0307864c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ