ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【タッキー主演「真夜中のパン屋さん」第2話、感想、レビュー】

 
すっかりパン屋になじんで、手伝いまでしている希実(土屋太鳳)。
と、そこに男の子がやってきて、
ビニール袋に、次々とパンを入れて

もって帰っちゃった・・・・・・

追いかけた希実。
若い母親が、「父親がいないので、躾が行き届いてないところがあって
申し訳ありません」
と、過剰なくらいに謝まった。
しかも、パン代金だと1万円も渡して。

そして、男の子を叩く音。
泣く声。。。。

それは、よくないからと、暮林(滝沢秀明)は
翌日、お釣りを届けてほしい。と頼まれると、
その男の子の、色んなところを見てしまう。
自分の幼少時代とも重なるところも。

お客さんが来ているときは、
外で待ってないといけないんだ。
雨が降ろうと、
寒かろうと・・・・・・

けっこう、重たい・・・・。

その男の子、こだま(藤野大輝)は、
パン屋が出来たら、好きなだけ、もって行っていいよ。って
お姉ちゃんに言われたんだ。と話した。
基(桐山照史)は、ハっ!!として
こだまを、2階に連れて行き、
陽介の亡くなった妻の写真を見せると

「このお姉ちゃんだよ!」と。

そっか、
パン屋さんは、もともと陽介の妻が開こうとしていたのか。。。

↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村新ドラマQ
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/2631-25b34201

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ