FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「生まれる。」第7話 私達は家族だから 感想レビュー】

あーあ。
結局、太一(大倉忠義)は、暴力団の仕事についちゃったーー;
それも、これまで育ててくれた母、愛子(田中美佐子)
実父、中野(斎藤歩)が、母に危害を加えるのを避けるため。

それにしても、もう少し、
うまく立ち回れないものかな・・・。

そして、浩二(中島健人)は、再発して
たった一人で入院していった。
それも、母には、「仕事が見つかって、夢のために
海外へ3ヶ月くらい急遽行くことになったから」と。

これって、普通、気づかないかな。
いくら、自分が妊娠してるからって。
あまりにも、子供たちへ、目が行き届かなさすぎなきがするんだよ、愛子。
母親の勘みたいなのが、まったく描かれてないのが
ちょっと不自然すぎるな・・・

しかも、こんなに明るいお母さんと
あの亡くなった父(三宅裕司)の両親のもとで育ったわりには
子供達、問題を抱えすぎてるし、
気を遣いすぎて、あまりにも、隠しすぎる気がして
そこも不自然。
絆を描きたいはずが、逆に、気遣いがよそよそしいほどで。

唯一、しっかりものの長女、愛美(堀北真希)
うまい具合に、まとめてるけど。


そんな愛美は、養子縁組の話も掘り下げて
恒例出産の本への取材は、順調。
自分の周りでおきてる出来事も、すべて仕事に役立つような
愛美にとっては複雑だけれど、糧になることが多い。

編集長の国木(戸田恵子)が、急に入院する設定になったけど
これは、愛美が浩二の入院に気づくため?もあるかな
あ、いや、国木は、子宮筋腫をとるために、子宮摘出という
女としての重大決断をし、
その決意や、どんな思いで仕事をしてきたかも
愛美は知ることが出来た。

浩二が再発したことを知った愛美。

いや、やっぱり、そんなに体調が悪いの
普通は、気づくって。
愛子・・・・・・・・。


浩二は、絶対に母親には言うなと言うけれど
妊娠した母が、また骨髄移植をすることを悩むのは
かわいそうだというけれど。
私も、愛美と同じように、言うべきだと思う。

あとで知ったら、狂っちゃうよ愛子・・・。

でも、次週、愛美は言うみたいだね。
なんか、この浩二の再発もイヤだし
太一の、あの環境もとてもイヤだし。

生まれるには、命にまつわる、重たいテーマも必要なんだろうけど
TBS,わりと好きだよね。
重病から感動を、っていうテーマが。

私、そういうの嫌いだから。

実際に、経験してる人は、ドラマでまで
体験したくないし。
明るい気持ちで移入できないドラマは、
なんだかな・・・と、思いつつ、ここまできたら
最後まで見届けるつもりだけど。

↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | 2011年4月スタート連ドラリスト | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/257-d2a5858f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ