ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【斎藤工 出演ドラマ「カラマーゾフの兄弟」第8話 感想レビュー】





文蔵(吉田鋼太郎)が亡くなって、まるでスッキリしたかのような勲(市原隼人)
心なしか、足取りも軽く、顔つきも柔らかく、体の緊張も少ない。
これを、表現しちゃう市原隼人の演技力・・・

満(斎藤工)は、拘留されたまま。

秘書の小栗は、勲か諒に、黒澤地所の次期社長として
早く就任して事業を進めてほしいと願い出る。
勲は、取り急ぎ、処理は自分がすると。

諒(林遣都)は、自分は、父の遺体の第一発見者なのに
それから、一度も涙が出ないんだ・・・と。
父に、「オレが死んだら、泣いてくれるのはお前だけだ」と
言われていたのに。。。

泣けるわけがないっしょ。
あんな父親。
しかも、母がどうして自殺したのかまで知ってしまって。

加奈子(高梨臨)は、勲に、満の弁護をしてほしいと頼むけれど
自分は刑事事件が専門ではないので。と断る。
にもかかわらず、加奈子が警察で満には会えず、
逆に、満が好きになってしまった女、クルミを見かけてしまった。
あまりに加奈子とは、違う雰囲気のクルミを見て圧倒される加奈子。

それを聞いた勲は、
朝起きると、爽やかな顔で、諒を誘い、「警察に行くぞ」と。
そんなに、こんなに勲は加奈子が好き。。。。。。。怪しい・・・



そして、そんな勲を、諒は見ていた。
父の自画像を見て、ほくそえんでる姿を。
自由になったぞ、と開放感たっぷりにしてる姿を。


勲は、警察には「家族としてではなく、
担当弁護士として、会いたい」と、満と面会する。

が、満は、思い出していた。
凶器をさわっていたことを見ていた勲。
勲のことが信じられなくなっている満。

この面会シーンの緊迫した二人のやりとりは
圧巻!!

言ってしまう。
言ってしまった、勲。

「この出来損ないが!!!」

「父さんにそっくりだな!!!」
その言葉に傷つき、ハっとする勲。

勲には、まぎれもなく、あの文蔵の血が流れている。

もしかして、勲さん、
かなり心病んでるんじゃないだろうか・・・。
幻聴まで聞こえてるし
統合失調症??

3人、共謀して殺害したのかとも思ってたけど、
どうやら、その線はなくなったみたい。



関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | カラマーゾフの兄弟(斎藤工) | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/2399-29197c1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ