ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「ビブリア古書堂の事件手帖」第2話感想レビュー&視聴率】

  
落穂拾ひ・聖アンデルセン (新潮文庫)

ホームレスになるのが流行ってるのか?
キムタクにタニショウに高橋克実・・・
その高橋克実が演じる志田さんが、女子高生とぶつかって
自転車を倒してしまい、その中に入ってた1冊の本
「落穂拾ひ」がなくなっていた。

きっと、その女子高生が持っていったに違いない。
しかし、なぜ?

と、ここで、またしても栞子(剛力彩芽)のみごとな推理が始まる。

女子高生が持っていたえんじ色の紙袋。
急いでバス停に向かったのに
バスに乗らなかったこと。
客を乗せてバスは去っていったこと。

その女子高生と居合わせた笠井 菊哉( 田中圭)
志田と同様に笠井も競取りやをしている。

てっきり、安易に田中圭が持ち去ったんじゃないかと思っちゃったよ
ぜんぜん違った。
もっともっと深い物語が、そこにはあった・・・。

しばらくしてから、その女子高生、小菅 奈緒(水野絵梨奈)が現れる。
栞子のその推理に驚いた菜緒。

でも、栞子は、本は、今は返せないと言って去っていった。。

にしてもさ、西野、ひどくない?
断るにしても、もう少し言い方があるだろうに
「オマエに誕生日祝ってもらう理由ねえから」って。
傷つくわー
そんな男と付き合わなくて良かったって
って、ここで慰めてどうする。。

志田さんは、ホームレスになって
すべてを捨て家を出ようとしたときに、
その本「落穂拾ひ」だけは、なぜか手にとって出たのだ。
なんてことない内容に、何度も読み続けるうちに
感じ方が、だんだん変わってったのだという。
そして、その本がお守りのような存在になったのだと。。。

どうしても、返してあげたいと思った大輔(AKIRA)
同じ本を古書店をまわって探したけど
それを志田に見つかり、怒られてしまった。
その本じゃないと意味がないんだよね・・・。

大輔は、夏目漱石の「それから」にまつわるナゾを解いた栞子の
推理は、崇拝するほどに信じてるから、
思ったとおりにまっしぐらに進むのだ。

そして、再び現れた菜緒。
志田に謝り、「耳かきとツメきりを贈った」

なんか、ジワジワ~~~~とくる文学的な感動。
こんなドラマは初めてだ。
コミックがバカ売れした理由が分る気がする。
もっと感動が違うんだろうな~

今回、菜緒を演じた水野絵梨奈ちゃん、
「Piece」の折口はるか役やってたE-Girlsのメンバーなんだけど
色んな役をこなせて、それでいて主張しすぎない演技が
とても魅力的。
とてもいい女優さんになりそう。
あ、本業はダンサーかw
AKIRAも、GTOとまた違った顔で、こっちは力まずに自然に演じてて
とてもイイ。
うまくなったな~
(えらそうに・・^^;)

↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
【視聴率】
第2話 12,2%
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/2192-48e63cc8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ