ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【NHK大河ドラマ「八重の桜」第1話感想レビュー】

  
「ならぬことはならぬ」
年齢設定がヘンなんじゃないのぉ~?と
突っ込みいれてみたんだけど、
あんなに小さい八重さんのお母さんが、風吹ジュン
お父さんなのかと思った西島秀俊
兄だったっ!!
いったい、何歳離れてるんだよ!
25歳くらい離れた兄弟なのかと思った。

そうだった、大河ドラマは、ここからが長いのだった。
あ!っというまに、八重さんは、綾瀬はるかになり、
母も兄も、ちょうどよい設定となるのだよ。

八重の父は、砲術師範。
銃を放つ兄の姿をこっそり覗きみては
ワクテカしてる八重。

男の子顔まけのおてんばぶり。
木登りして、上から、訓練でもある追鳥狩を
さらにワクテカしながら見る八重。
西郷頼母(西田敏行)の邪魔をしてしまう。
でも、武士の子。
正直に名乗り出る八重。

しかし、こっぴどく怒られる。
そこへ会津藩藩主の松平容保(綾野剛)
心広い対応をしてくれるのだよ。

そして、山本家にやってきた吉田松陰(小栗旬)の言葉に
影響を受けた、八重の兄、覚馬(西島秀俊)
洋式砲術を学ぶため、佐久間象山(奥田瑛二)の塾へと入門。
このとき、兄さま、22歳だそうだ(老けてる・・・)

その佐久間象山塾で出会った、川崎尚之介(長谷川博己)
なんと色っぽい!!
思わず見とれてしまいました。

どうしても、砲術を習いたい八重に
父は、女は母の台所の手伝いをしろ!と許さない。
それでも、諦めきれない八重さんは、
こっそり、砲術の本を読んだり、銃をぶっぱなすマネをしたりと
かなり過激な性格の女の子。
真っ直ぐで凜としたジャンヌダルクらしさが
すでに、この幼少の八重から、にじみ出てた。

これは、綾瀬はるかになってからが、ものすごく楽しみ!!と、
なかなか大河ドラマを、じっくり見るのが苦手な私でも、
斎藤工さんの出番までと思いながらも
今回は、わりと時代物も、その言葉も理解しやすそうなので
まずは無事第1話、集中してみることが出来ました
( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/2135-cd06a29d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ