ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜」第8話感想レビュー&視聴率】


大臣の話しも、なんだかなーと、マスコミ相手の話だし
緊迫感もないし、ライセンスを取るとかっていう香織(深田恭子)の試験も
何が合格で、どこが違ったんだかも、ちっとも分らなくて。
あんなに、見事に英語で管制塔に立ってやってたのに。
え!ライセンスって、まだ取ってなかったの???みたいな
どうにも、臨場感に欠ける管制官の話しだな・・・と思ってたら

今回は、違った!!
色んな角度から、整備士、消防士、管制官
そして、パイロット訓練生やオペレーションコントロールやら
グランドスタッフ、それぞれの役割が明確だったし
管制官がコックピットに飛行訓練として入ることがあるとは!!

九州からの折り返し、帰りの飛行で
その重大なトラブルが発生。
フライトディスプレイがバックアップもすべて表示できなくなってしまったという

さすがに、このトラブルは、想像しやすく、分りやすかった。
羽田までどうやって誘導して、どうやって着陸させるか
こういったあらゆる角度からの描かれ方だと
とても臨場感あふれるし
おまけに、搭乗客として、スーツケースにチケットを入れて
カギがあかなくなったという伏線のトラブルが
無事に戻ってきたときに、
「とても快適な旅だったわ」と言った一言が
その中で起きていた、重大なトラブルを、いかにスタッフたちが
冷静に対処したかを思わせるものだったし。

うざいオバさん!と思ってたのが
こんな落ちがあったとは。

ずいぶん、内容に格差があるな~と思ったら
やっぱり今回は脚本家が違ったんだ。
プロットの大事さっていうのは、映像にも顕著に現れるんだな~と思った。

次回は、羽田停電!と、また大きなトラブルが起きそうで
オモシロそうになってきたぞと。

しかし、あんな重要な場面で、わざわざパイロット候補生を使うのかな?
それくらい一刻を争うっていうことだったのか・・・
本上くん(平岡祐太)、心も前に踏み出せた感がたっぷりで
ものすごく良かった!

↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
【視聴率】
第8話 12,0%

関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/2002-736ca2c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ