ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【香取慎吾、山下智久主演ドラマ「MONSTERS」第5話感想レビュー&視聴率】


今回は「料理の鉄人」みたいなお話。
料理人の最高峰を1年に1度決める「全国料理人コンペティション」
その対決をする料理人、二人。
日本料理の丸岡 龍次郎(榎木孝明)は、これまでに4年連続での勝利
5度目の今回が勝利すれば、料理界では初めての永世王座の称号が受け取れる。
いっぽうの対戦相手 四条 敦彦(中村俊介)は東大大学院卒という経歴の
かわった料理人で、料理は科学と、まるで実験のように
フラスコを使ったりと斬新料理家。

そんな中、コンクールの審査委員長でもある料理研究家の大河原(奥田達士)が
殺されたと、大河原の妻、美津子(生田智子)から
丸岡に電話があり、
二人は、料理教室に向かったところ、大河原が血を流して
倒れているのを発見する。

どうしても食材を前もって知りたかった四条が犯人なのか、
大河原の遺体のそばには、四条のブレスレットと
四条の指紋のついた大河原の携帯が落ちていた。

ま、出来すぎだよね。
これじゃ、絶対に犯人に思わせるため、って誰もがわかる。

意表をついたのが、「ニオイ」ね。
また、ドクターXと同じように、味覚障害の料理人の話なのかと思った。
違った。

ナゾが次々浮かぶのを
もったいつけずに、わりと軽快に解いていく平八(香取慎吾)
ミステリーは好きだけど、犯人の謎解きをやらせるように
回りくどいのは、好きじゃないので
こういう殺害ものっていうのは、テンポよくいってくれると
とても見やすい。

犯人の動機は分ったけど、
あまりにも、殺害を犯すには、短絡的で、事故欲求を満たすためすぎる
とはいえ、世に起きてる殺害事件なども
そうなんだろうな・・・・と。
あげく、イライラしてたから。と、相手への動機など
まったくなかったりする世の中だから。

せめて、こんなカワイイ山Pやカッコいい慎吾のような
刑事がいたら。と思わせてくれるドラマは、ドラマらしくて良い。

古畑のようで、当麻 紗綾のようで、右京のような平八。
私は、この平塚平八は、ちゃんとしたキャラとして確立していると思う。
もちろん頼りなさげな西園寺公輔も。

しかし、なぜ恵美ちゃんは、公輔のプロポーズ断ったし。。。
↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

【視聴率】
第5話 11,0%
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/1939-c6a85315

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ