ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【土ドラ長澤まさみ主演「高校入試」第7話感想レビュー&視聴率】

 
少しづつ過去の「出来事」が明らかに。

それは、5年前。
一高を受験した生徒が、自己採点では5教科平均91点
間違いなく、合格ラインだと母に告げ、
そばで聞いていた幼い弟も喜んでいる風景。

これが、沢村光一。

しかし、合格発表の日。掲示板に、光一の受験番号「79」は
合格の番号にはなかった。
不合格となったのだ。
それを知った母親は、あろうことか
「パパになんて報告したらいいの」と・・・・
一番傷ついてショックを受けているのは、誰でもない、当の本人、光一なのに。

それを知った、光一の父が母を責めている光景。
荒れ狂う兄を見ている弟。


「あいつらは、裁きをうける」


この光一の弟が、今回一高を受験した、沢村淳一。
杏子と小西に「今年の桜は、いつ咲くと思いますか?」と聞いた受験生で
受験中に、ニヤニヤしていて余裕で解いている風だった生徒かな。

そして、1枚消えた英語の答案用紙。
荻野(斉木しげる)は、関わった職員を事情聴取することに。

どうやら、枚数を確認しても、受験番号まで確認していた教師は
少なかった、いや、いなかったのかも。。。

事情聴取が行なわれるまで、他の教員たちは
校内を探しにまわる。
部室の灯りがついていたと聞いて、慌てて相田は
バレー部部室に行くが、灯りはついておらず、そのまま戻る
と、その背中を見つめてる携帯を手にした石川エリナが!!!!!


小西と宮下がトイレ内を探しまわり、廊下を歩いて去っていくと
その後ろに、人影!!!
でも誰かわからない・・・ぼんやり顔が白く、
男か女かさえも確認できない。


そして、杏子、相田、小西、宮下が教室内で話していると
杏子は、相田が、みどり先生と一緒に旅行に行く相手だと気づき
そこで言ってしまう。
と、宮下が、何かを言おうとすると、相田が慌ててとめる。
エリナのことか?


入試の方はというと
消えた受験番号46は、ほかの科目は、ほぼ満点だったことで
消えた英語の答案用紙を、平均して捏造するかとか、もめている。
が、1点差で合格、不合格が分かれる受験生が出る、
それが、同窓会会長の息子、沢村翔太であると知ると、
さらに校長と副校長は、アタマを悩ませる・・・・

なんという展開。
消えた英語の答案用紙が、玄関脇の窓に張られたのを
同窓会会長が見つけて、持ってきたのだ。
しかも、その受験番号は、「55」
消えた46ではなく、沢村の息子の受験番号。
しかも、満点。
しかも、カンニングをしていると告発があった受験番号・・・・・・!!!!

沢村は、携帯が鳴ってしまった教室内のほかの生徒の
対処について、聞いておこうと、再びやってきたのだと言うのを
みどり先生は聞いて、それだけ、余裕がなかったということになり
かえって、厄介なことになりますよ。と、ネット掲示板を沢村に見せると、
すでに、同窓会会長が学校に乱入!!!と、書き込みが。

ネット掲示板は、携帯を鳴らした県議の娘が合格したら訴える
携帯騒ぎのときにカンニングがあったが、同窓会会長の息子なら見逃すか
などなど事実に近いことが次々書き込まれ、

ついに、

>>おい、誰かマスコミにリークしろよ

うひゃー、すごい急展開っていうか。
一気に進んだっていうか。
5年前に不合格になってしまった子は、どうなってしまってるんだろう。
その採点に関わっていたのが、回想シーンに出てきた
杏子が慰めていた男性なのか。


第7話 7,3%

関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2012年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/1938-f578992b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ