ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【仲間由紀恵 主演「ゴーストママ捜査線」最終話 感想、レビュー】


2時間は、長いだろ!と思ってたけれど。
内容が濃くて、まとまってたし。良かった。

同じく幽霊になってしまった三船課長(生瀬勝久)には
出てったきりになってた息子、浩志 ( 塚本高史)のことが
気にかかっていて、それで天国にいけなかったのだ。

浩志は、3年前に、自分の好きなことをしたい。と言って
オヤジに逆らいながら出てったのだが、
亡くなった三船の家に、見知らぬ場所から届いた葡萄がキッカケで、
もしかしたら、ここに浩志くんがいるんじゃないか?と蝶子(仲間由紀恵)
しかし、山梨まで、トンボくん一人で行かせるわけにはいかないし。。。。


そんななか、トンボと姉の葵(志田未来)が買い物をしていると
工事中のビルの上から、大きな看板が落下!!!
それを見ていた蝶子は、とっさに、看板を持ち上げた!!
幽霊は、現世のモノを掴んだり取ったり投げ飛ばしたりは
自由にはできず、そこに、心がこもったときに(?)力を発揮することができるのだ。

葵は、トンボをかばってしゃがんだけど、
自分たちに危害が及ばなかった、その出来事で
母が、そばにいるんだ。と理解し、トンボの話が本当だったことを知る。

そして、葵が分かってくれたなら。と、
早速、三船のことをトンボを介して話してもらう。

トンボが、一人なのに喋ってたのは、こういう事だったのか!と
とんでもない環境にいたんだね。。。と、驚くのだ。
ほんとに。幽霊に囲まれてずっと過ごしてるなんて。

浩志は、知らない土地で色んな人と出会い、助けてもらって
農園を開くことが出来、家族も出来たし。
今なら、オヤジが言ってたことも分かるし。
とても、とてもオヤジのことを尊敬していたことを知る三船。
孫が生まれてたことを知る三船。

消えかかる三船の体。。

天国からのお迎えです。

そして、最後は、もちろん蝶子。

しっかりしてきたトンボは、自分が、しっかりしてきたら
お母さんと会えなくなっちゃう。お母さんが天国にいっちゃう。と
ずっとションボリしていたのだけど、
三船が天国に去る前に、トンボに、それは違うよ。と
男から男への話。って感じで、これも感動的だったね。
運動会も頑張る!って。

そして、亡くなった蝶子の誕生日を迎える日がやってきて
葵とトンボは、最高のプレゼントを蝶子に渡そうと考える。
そう、それは、夫である父の航平(沢村一樹)
蝶子の、今の存在を知ってもらうことだった。

でも、そこにいるのに、いないように話しかけるっていうのって
本当に難しいだろうな~と思った。
志田未来ちゃんなんか、見えてないのに感情高まるっていうシーンが
たくさんあったけど、ホントに自然で。目線とか、すごくて。

とてもシアワセな時間を過ごせた蝶子のカラダも消えかかっていく。。

そしてそして、小学校最初の運動会をむかえたトンボくん。
かけっこで転んでしまったけれど。
来なくていい!!と、強く言ったトンボくん。

なんだか、こっちまで、色んなことがあったよね。
栃木のおじいちゃんとこ行ったり。
初恋があったり。トンボくんの可愛らしい姿に
よく頑張ったね。って言いたくなった最終回だった。
仲間由紀恵も、このクソ暑いなか、長袖シャツに長袖ジャケットのかっちりした
制服を着続けながら、幽霊を演じるのは、大変だっただろうな~なんて。

充実した最終回だったかも。
間は、すっ飛ばしても良かったかも^^;


↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/1684-9ce19323

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ