ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【向井理主演「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」第6話感想、レビュー&視聴率」

 
【サブタイトル:医学生の反乱!】

いや!素晴らしかった!!!

時任三郎

もう、この人の存在感ったら。
今回の見所
すべてを、この人が持ってった。

倉木先生!!

沢木先生と、倉木先生が研修医のころに、訪れていた
この山で、もう一人の研修医が命を落としていたとは・・・。

しかも、その死んじゃった仲間、浅利陽介だったけど
回想シーンで、映像もぼかしてて
セリフもなかった^^;

今回、山荘の小山さん(笹野高史)が、午後には、風が強くなる
と言った言葉を無視して、山に登っていった研修医たち。
お約束どおり、お坊ちゃんな自分の環境すべてに、「うんざり」してた
木野(菅田将暉)が、すべてがオモシロくなくて反抗して
滑落。

それにしても、すごいケガだったけど。
腕と足に、枝が、貫通してたよ。
全身麻酔がかけられない山小屋の診療所で、
倉木先生と速水先生(向井理)は、見事にオペをやってみせた。
ハラハラドキドキなオペシーンは、
切開しよう。と言った倉木先生のことばで
想像させただけで終了。

ちょっと、そこのシーン、もっと見たかった^^;

包帯ぐるぐる巻きだったけど、元気に立ち上がることもできた木野くん。
そんな木野と、研修医たちの安易な行動に対して
倉木先生は、オペの凄さなんか、どうでもいい!!と、
らしくなく、とてつもなく感情的になるのだった。

いや、お見事!!!

すごいわ、時任三郎。

ほんとに30年前の出来事を体験してきてる
倉木、そのものだった。

でも、この診療所は、ついに閉めることを決意した倉木先生。。

しかし、なんで菅田将暉っていつも金髪なんだ?
↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


【視聴率】
第6話 9,0%
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/1606-072bdab4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ