ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【芦田愛菜、豊川悦司 主演「ビューティフルレイン」第7話、感想、レビュー&視聴率】

 
【サブタイトル:二人で暮らせない辛い父の決断…】
圭介(豊川悦司)の両親っていうのは、いないんだっけ?
兄弟とかもいないんだっけ?

美雨(芦田愛菜)を出産したときに他界した妻の両親が
田舎の静岡、沼津から、墓参りにと東京へやってくると連絡が入った。

久しぶりに祖父母に会えると、それはそれは、くそ楽しみにしてる美雨ちゃん。

計算づくの笑顔と、計算づくのセリフで
今回も、ばっちり好感度はキープじゃないでしょうか。

しかし、この暑さの中、
お墓参りの後に、スカイツリー、浅草で買い物、そして遊園地とは。。
私だったら、絶対ムリなスケジュール。

どこに行っても、どんな時でも、とっておきのピース!と笑顔の芦田愛菜ちゃん。
そのためのロケ、みたいなもんだよね。
写真におさめた、美雨の笑顔と、父の思い。

みたいな?


両親に、病気のことを話すかどうか悩み
工場の社長たちは、まだ良いんじゃないか、と言うのだが、
アカネ(中谷美紀)だけは、何かあってからでは遅い。
今から、美雨ちゃんのことを、どうするかも、考えておいたほうがいいし、
早く話したほうがいい。とキツく言うのだった。
アカネは、別居してる夫の義母を、同じアルツハイマーの介護を
3年していたからこそ、現実を話したのだった。。。


遊園地で、何度か、物忘れの状態が出たときも
咄嗟の機転をきかせた美雨に救われた圭介。
アタマのいい子だよね、美雨ちゃん。

やはり、本当のことを話しておこう。と、両親にあらためて
部屋に来てもらって、話をすると・・・

そのまま、おじいちゃん、おばあちゃんの家、沼津にお泊りに行くはずだった
美雨は、それが、圭介と離れ離れで暮らす、リハーサルなんじゃないか?と
秋生(三浦翔平)たちが話しているのを聞き、
血相をかえるのだった。。。

絶対に沼津には行かない!!!!って、泣き出す美雨。

いちいち、芦田愛菜ちゃんの、泣きの演技をクローズアップする
大人の事情だらけのドラマ、ビューティフルレイン。

当分は、今のままで大丈夫、と聞き、おとなしく戻った両親だったけれど、
やはり、今すぐ美雨を引き取りたい、と、電話がかかってきたのだ。
早いな・・
あまりに、孫のカワイさもあって、というのも、よくわかるよね。

最後、どうなるのかな。。
致命的にトヨエツ、ぼけるのかな・・・・・。

↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
【視聴率】
第7話 8,0%
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/1559-11b69d26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ