ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【小栗旬、石原さとみ主演「リッチマン・プアウーマン」第6話、感想、レビュー&視聴率】


【サブタイトル:消えた三千億円!そのとき君はいない…】
なんだか、断然、月9っぽい「恋愛」モードに入ってきちゃった。
日向徹(小栗旬)の学歴ではない、すぐれた才能とカリスマ性を持つIT社長と
頭はいいけど、空気が読めない東大生と、
あと一歩、仕事のほうに、うちこんでる姿のほうを描いてほしいのに。。

どちらかというと、2人の心のすれ違いと、
そこに、入り込んできたライバルの女性ながらに、シェフに抜擢されつつも
バッシングやイジワルと戦ってる、ちょっと出来る女の耀子(相武紗季)との
三角関係が、中心になってきちゃって・・・・。


だってさ。
情報漏えいってさ、あれだけの個人情報、USBたった1本に
入りきるのか?
データーベースはどうなってる?

社員疑うのに、持ち物検査?
検閲?
ええええ、、、、
持ち物じゃなくて、データベースでしょ。。。
そっち調べれば、簡単に判明するんでは?

そんな時期に、株主総会があって、
カネ返せ~~!!!!!と、怒鳴ってる株主さまを前に
パリっとしたスーツ姿で現れた日向社長、
高いトマト、投げつけられる。

へこむ。
ヒザかかえて、部屋で引きこもる。。。

癒されたいときは、いつでも呼んで下さい!って
へん顔する真琴(石原さとみ)が忘れられなくて
電話かけまくってる日向。
つながらない電話。

ありがち。

そこにやってくる耀子。

ありがち。

積極的で、けっこう良い女の役を演じてらっしゃる相武紗季さん。
ミタさんのときのドジな妹役とは大違い。

いっぽうで、真琴に近寄ってくるのは、朝比奈さん(井浦新)
これ、本気なのか、一瞬、遠野(綾野剛)との接触を避けようと
ふいに抱きしめたことへの言い訳なのか、
それとも、日向への嫉妬心なのか。

ま、いずれにせよ、この朝比奈って男。
すべてにおいて、最終的には、日向を裏切ろうとしているわけで。

どうでもいいけど、ARATAは、なんで井浦新に変えたんだ?
大河で名前が漢字表記じゃないと、違和感があるから変えた。って?
じゃ、AKIRAはどうなるんだ?
そのままでも、違和感なく出てたし、見てるこっちも違和感かなったし
ARATAはARATAのほうが、インパクトが強いし、元々クセのある役を
演じる役者さんなんだから、そこ、こだわる????
って、ものすごく不思議だったけど。

モデルじゃなくて、本格的に演技派俳優なのだから。ってことかな。


それた。それすぎ。


三角関係よりも、NEXT INOVATIONの
建て直しと、日向徹の、ここからの復活劇を中心に見たい。
それに、真琴が、大きな知恵で助ける、とかってストーリーで。

↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

【視聴率】
第6話  8,9%
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/1557-e4bf6028

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ