ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【AKIRA主演「GTO」第5話 感想、レビュー&視聴率】




今回は、けっこう深刻な話だったよね。
母親が男にだらしなくて、
最後に入れあげた男が、チンピラでひどい暴力男。
DVで疲れ果てた母親は、子供の堂島( 白濱亜嵐)を置いて
出て行ってしまった。
その母の男だった一之瀬(高杉旦)
同じ刺青を背中に入れられてしまった堂島は
体育のプールで水着になれずにいた。。。

知らずにからかった鬼塚(AKIRA)
飛び出していった堂島を追いかけた親友の村井 國男(森本慎太郎)に
事情を聞いた鬼塚は、堂島が今、身を寄せているという
施設に行ってみると、
同じ施設で過ごし、今は、里親に引き取られたという双子が現れ。

これが、ひどい。
見た目も酷かったけど、演技もひどい。
喋り方もひどい。
でも、その酷さが、なるほど。
暴力団に引き取られ、義父を殺そうとしている堂島に
拳銃まで手配していた、女たちだった。
え、それにしても、演技ひどい。

今度ばかりは、家族の問題、
親子の問題。と、鬼塚も手をだせずにいるのかと思いきや。。。

それとは、裏腹に、堂島の父が教室に入り込んで暴力的な行為を行なった際に
生徒を助けることも、何もできなかった冬月(瀧本美織)は、
鬼塚先生だったら、どうしただろう。。。と真剣に悩み始める。
でもすでに遅し、生徒たちは、そんな冬月に冷たい視線を浴びせていたのだ。

裏の社会にも、つてがある鬼塚には
情報は、すぐに入る。
おまけに、いざとなったら、
なんせ強い。

もう、それだけで、カッコいい。

「オマエ、なんなんだよ!」
「おれ?担任」

ごくせんも、ここからきてたのか?GTO

いやー、これ、反町バージョンでは、同じストーリーあったのかな
とか、反町だったら、どんな鬼塚演じてたんだろう。
とか、またまた興味をそそられた。

なんせ、AKIRAセリフがどうよりも、なりきってる。
カッコいい。

いっぽう、センセイイジメの中心でやってた雅(川口春奈)だったけれど
だんだん、みんなが、やりすぎ、と感じるようになってきていた。
特に、神埼麗美(本田翼)は、雅に対しても挑戦的で、なんか、良い。

ちょっと教師としては若すぎて違和感ありありの瀧本美織だけど。
次回は、いよいよ生徒の矛先が冬月に向けられそう。
どんな冬月先生を演じてくれるのか。ちょっと期待

↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

【視聴率】
第5話 11,5%
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/1530-8c9ee84c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ