ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【向井理 主演「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」第3話感想、レビュー】

 
サブタイトル:母のいのちを救え
ツライお話だったね・・

腹部大動脈瘤が見つかった圭吾(向井理)の母。
遥(尾野真知子)の罵倒も耳に入らず、下山し、病院へ。
天候が怪しかったけど、無事に病院に着いた、良かった。

でも、病状は極めて深刻。
手術さえも危険という判断だったけれど
圭吾は、自分に執刀させてほしいと教授(松重豊)に頼みこむ。

しかし、開いてみると手の施しようがなく
何も出来ないまま閉じることに。。

「母は、具合が悪いとか、どこか痛いだとか言ったことがない」
って・・・・。
医師になって初めて看取ったのが母になるなんて。。

でも、そのつらさも、医師という仕事をしていく事で
克服していくのかな。
急患が入って、医師が足りないと聞き、圭吾は自分が行くと
患者を救いにいく。
そこに、倉木から、指の腱を切ってしまって圭吾が山で縫った
朋子からの感謝の手紙を受け取る。

しかし、教授は、なんなん?
山に行けだの、ドイツに行けだの。
しかも婚約者の女は、義母がオペでも顔出さないし
亡くなった後すら出てこない。
もう少し山の診療所で医師をしたい。という手紙を受け取ったというシーンだけの登場。
不自然すぎる。。。

圭吾と、母の、親子だけのシーンってことなんだろうけど。
あまりに、婚約者との「愛」を感じない

ちょっと、あちこち、ん?と思う所も多くなってきてるけど、
まあ、いいや。
向井理が一生懸命だから。

Aスタジオで、器用に見えるようだけど、
そう出来るようになるまで、やるだけだ。って言ってた。
ものすごい負けず嫌いで
ものすごいプロ根性の向井理の話聞いて、
危ない・・・・・
惚れそうになったーー;

余裕な顔して、実はめちゃ努力して
なのに涼しい顔して
白鳥のように、穏やかな顔で、見えない足元は、必死に水をかいているってやつ
心惹かれます。

そんな速水圭吾。
戻ってきたよ、山に。
言ったよ、遥に。
「いろいろ教えてください」って。


↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/1501-66633e9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ