fc2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、レビュー。最近めっきり韓国ドラマ。パク・ヘジン★ユ・スンホ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【草剛(SMAP)主演「37歳で医者になった僕」最終話 感想、レビュー&視聴率】

 
【サブタイトル:僕が医者を続けるただ一つの理由

いや、なんというか。
絵に描いたような最終話!
だから、見ていて気持ち良かった。

37歳の研修医、紺野祐太(草剛)によってかき回され
立ち止まり、考え。
心を取り戻し。

みんな変わったーーーー!!!

あの新見先生(斎藤工)が、
患者の顔を見た!
患者が痛いって言った背中を診た!!!
うう・・・私も、背中診てもらいたい。
お腹も(いや、これはやばいか)
お口のなか、あーんとか

それた。

末期の肝臓がんだということが分かった佐伯教授(松平健)
佐伯教授のようになってしまった森下先生(田辺誠一)
ところが。
ここで、やっぱり動くんだ。紺野先生が。

佐伯教授に「僕はあまりセンセイのことが好きじゃありません。
きっとセンセイも僕が嫌いだと思います」と言いながらも。
佐伯教授、いや、患者となった佐伯さんの家族にも紺野先生は話を聞き

ホスピス行き。と判断された内科の医局に駆け込み
研修医たちが望む、生きるための治療をつづけることに
佐伯教授が承諾した!!と。

以前、紺野が担当した患者が服用した新薬。
それをもう一度、リスク管理も十分に行ないながら投薬していくということに。

2年後。

早っ!

すず(ミムラ)は、助からなかった・・・
紺野のことを報告にお墓参りに来ていた沢村先生(水川あさみ)

研修医たちは、それぞれ一人前になり、それぞれの道で
地に足つけて医療の道を確実に歩んでいた。


そして、森下先生と、方針が合わなくて胃潰瘍を再発していた
中島先生(鈴木浩介)も、なんとも笑顔でお互いを信頼しあって
協力していくっていう(!)

そして、紺野先生は・・・
(  ̄▽ ̄)。

最終回らしい、最終回。
笑顔で見ることができた最終回で良かったw

↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
【視聴率】
第1話13,2% 第2話13,1% 第3話14,5% 第4話13,6%
第5話13,6% 第6話13,6% 第7話12,5% 第8話14,0%
第9話10,2% 第10話11,2% 最終話13,0%
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/1414-dcf3cfb8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT