ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【岡田将生 主演「聖なる怪物たち」第7話 感想 レビュー&視聴率】

 
<キャスト>
司馬健吾……岡田将生
春日井優佳……中谷美紀
日向圭子……加藤あい
日向敏雄……長谷川博己      ・
有馬三恵……鈴木杏
平井瑶子……大政絢
糸川要次郎……渡辺いっけい          ・
水原良二……勝村政信
司馬宗吾……平田満
大久保志郎……小日向文世
平井 邦夫 - 長谷川朝晴


<サブタイトル:殺したのは…あなただ!!
引き込まれたーーーーー!!!
途中、2度ほど、セリフを確認するのに、巻戻したりして。。

ついに、日向のお母様、華江(山本陽子)に真実がバレたのか!!と
緊迫した状態。
圭子(加藤あい)がやったことを、
敏雄(長谷川博己)の元、妻から耳打ちされたわけだけど、
それを確認するために、圭子につめよる華江。。
かと思いきや、一瞬にして、顔つきがかわり


「圭子さん、あなたに由緒ある日向家の指輪を渡して
初めて良かったと今、思ったわ」と!!

ええ、いったい、圭子の何を聞いて、
そう思ったんだっけ??
と、確認したわけだ。
圭子のセリフ・・・。

圭子が、挙式のときにお腹の赤ちゃんとともに
子宮を失い、
そして、ある人物に二人のことに、とても共感してもらって
圭子の卵子と敏雄の精子を着床させて
代理出産という形をとったのだ。と。

お母様が、聞いている、八王子の病院で妊婦が出産後に亡くなったことと
今、いる、赤ん坊、慶は
同じ子供であるということ、
すべてを、告白し、

それは、つまり。
敏雄の血が繋がる子供が、どうしても欲しかった。
日向家の跡取りとなる子供が、どうしても欲しかった。
そして、何より、教育の場で、名をあげていく日向を
守りたかったのだ。と。

そこまで覚悟して、内密にしながら、
こんな大事業をなしとげた圭子を、華江は、認めないわけには
いかなかったということだ。

で、あっさり、元妻の希実代 (森脇英理子)は
抹殺されるのだ。
もっと早くに理事から追い出しておくべきだったよね。

けど、この希実代に、真実を伝えたのは、
瑶子(大政絢)の兄(長谷川朝晴)。
敏雄をゆすろうとしたら、
あっさり、「銀行口座を教えなさい」という敏雄に
2本の指をたてた兄の目の前に表示された金額は

200,000,000円!!!

2億だよ、2億。

やることが、汚すぎて、かえって小気味いいよ
日向家。

そして、問題の、ワカさまだよね。。。
どうしても、真実を知りたい。

そして、じょじょに明らかになってきたこと。
あまりの、熱意に、自分たちがやったことに
後ろめたさを感じはじめる瑶子とか、
いつも冷静沈着なのに、
あまりに感情的になりすぎて、動揺しまくってる春日井師長(中谷美紀)とか。

なぜか、病院に残っていた三恵の血液。
すべて、完璧に処理されていたはずなのに??
いや、もしかしたら、わざと瑶子が残しておいたのかも。。。

そして、圭子の赤ん坊を抱かせてもらったときに
赤ん坊の髪の毛を保存しておいた健吾(岡田将生)

2つのDNAの結果は、
親子の判定に、間違いがなかった。

三恵がの血液型が<ボンベイ型>という極めて珍しい血液型で、
それが原因で、亡くなったものと思っていた
三恵の恋人、本間(田中哲司)
なぜ、もっと早くに、妻と別れて三恵を迎えにいかなかったのか。
ずっと、三恵は、待っていてくれていたのに・・・・
待ってたのに・・・・
大好きな本間と一緒になるのを・・・?????


お????

けど、三恵は、敏雄が誘惑してきたのに
乗っかったわけだよね?
で、実は、そんなメンドウなことしなくても、
敏雄との赤ん坊が、三恵のお腹には、
出来てたんだよね????

「そんなに、好きな人がいたのに、
三恵さんは、代理母として、子宮を貸したりするはずがない!!!」
と叫ぶ、健吾。。。


ん?
子宮は貸さなくても、
やられるままには、やってたと?

このへんが、ちょっと曖昧ー!

でも、思ったのだ。
健吾は。
確信を持ったのだ。
三恵の赤ん坊は、本間との赤ん坊だったのではないか?と。

すべては、春日井師長が
仕組んだことだったのではないか?と。

それを裏付けたのが、ルールを犯してまでも
自分が手術に執刀した、糸川(渡辺いっけい)の目撃証言。
この告白シーンも、すごい。
術後、目がさめた糸川のもとに、手術着のままそばにいた健吾をみて
司馬先生が、執刀してくれたのだ!と知った糸川は、
もう、過去のことには振り返らずに、
先生には、明るく、前を進んでいってほしい。医者として。
と、告げておいての、
余計なおせっかいだったのだ。

これも、ワカさまのことを、考えたら、
死ぬまで黙ってろよ。と糸川にも言いたかったね。

春日井の、不信な行動・・・。

詰め寄った、健吾。
言い合い、もめあう春日井と、健吾。

「妹さんは、知っているのですか?
代理出産に関わった人たちは、知っているのですか?」

だったら、あなたも、黙っててあげましょうよ。
と言いたくなるような展開なわけで・・・。

ほら、警察がきちゃった。
捕まっちゃったよ、司馬先生。。。

とてつもなく、まっすぐで、真実しか見ようとせず
どこまでも、突っ走っていく将来有望の腕のある外科医。
司馬健吾。
岡田将生が、ウザいほどに、見事に、その姿を
表現していたと思います。

しかし、結局、瑶子の兄は、何がしたかったんだろう?

色々、まだまだ疑問が残る中、
来週が最終回だそうで。
あまりに、完璧すぎて、マジメさを売りにしすぎる
TBSの、運命の人やら、南極物語やらの、あのシリーズよりは
エンターテイメント性があって、
見せるドラマとしては、断然、こっちのほうが、魅力的だと
私は、思うよ。

↓ポチっとしてくれたら嬉しいです↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

【視聴率】
第1話 10,8% 第2話 7,9% 第3話 6,9% 第4話 5,6%
第5話 7,0% 第6話 7,7%
 第7話 6,8%
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bookblogsweet.blog135.fc2.com/tb.php/1162-36f5fb1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ