fc2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、レビュー。最近めっきり韓国ドラマ。パク・ヘジン★ユ・スンホ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【チ・ジニ、キム・ヒョンジュ「アンダーカバー」第1話~10話夫の秘密】

udertop2.jpg

チ・ジニさん、イケオジだわ~相変わらず。キレの良いアクションもあるし。

そのチ・ジニが演じるのは、元国家情報員。でも、妻はそれを知らないっていうやつ。
最近見てるの、そういうの多い気がする。


とっても仲の良い夫婦で、本当に愛し合ってるのが伝わってくる。
udertop1-1.jpg



出会いは、キム・ヒョンジュが演じるチェ・ヨンスがまだ大学生のころ。
当然、チ・ジニ演じるハン・ジョンヒョンも若いので、若きジョンヒョンを演じるのは、ヨン・ウジン。
どうもこの人を見ると、肛門科の先生だ!!って言ってしまう😅
under1-7.jpg


ヨンスは学生デモに参加して、そこでジョンヒョンと出会い、後に結婚。
弁護士になったヨンスを支えるため、自転車店を営みながら主夫として家庭を守る愛情たっぷりなジョンヒョン。
under1-8.jpg







しかし、彼は元、国家情報員。
ハン・ジョンヒョンという名前も、国家安全企画部の要因として働くことになったときにイ・ソッキュからハン・ジョンヒョンという名前に変え、たった一人の家族である父とも別れることに。


ヨンスのほうは、とても有能な弁護士で、友人である大統領府秘書室民政首席のカン・チュンモ(イ・スンジュン)から推薦を受け、高位公職者犯罪捜査処(高捜処)の処長を引き受けてくれないかとの打診が来る。



それが国情院に知れ渡ると、これが大変なことに。
全力でヨンスの処長就任を阻止しようと国家情報員、企画調整室長のイム・ヒョンラク(ホ・ジュノ)がト・ヨンゴル(チョン・マンシク)を使ってジョンヒョンへの嫌がらせが始まる。


二人の息子であるスペクトラム障害のスング(ユ・ソンホ)が起こした事件を蒸し返し、本当は彼は暴行を受けていた女性を助けただけなのに、顔写真まで流出させて相手側が訴えを起こしたり。
スングを演じるユ・ソンホくん。「シュルプ」では、たしか女装が好きな息子役だったかな。あと「ボクスが帰ってきた」にも出ていた。このスング役は、けっこう難しいと思うけど、かなりうまくて、本当にスペクトラムなんじゃないかと思ってしまうほど。
udertop1-2.jpg



スングのこともあるので、ジョンヒョンは家庭に入って妻にかわって子育てにも専念していたよう。



ヨンスの候補の声が上がって、ヨンゴルが目の前にうろつくことが多くなり、格闘するシーンも多い二人。
途中、若かりし頃の二人の様子なども描かれ、なんか、国家情報院って、暴力団???って思わないでもないような雰囲気。
udertop1-3.jpg




ジョンヒョンは、妻に過去の自分を知られないようにと必死に動き始めるわけだけど。
とにかく妻の処長候補を降りさせろとしつこいヨンゴル。
そして、やはり国家情報院の要員だった人物チャ・ミンホが殺されたのに自殺で処理されたことから、複雑になっていく。


チャ・ミンホの妻がヨンスに依頼にやってきて、ヨンスは警察署に行くと、すでに自殺で処理されたので取り合ってくれないなか、一人の刑事チョン・チョルフンが絶対に自殺とは思えないと考えていることからヨンスと行動を共にするようになる。


チャ・ミンホが殺された原因でもある秘密書類。それを受け取るためにヨンスよりも先にジョンヒョンが取りに向かうと、チョン刑事がジョンヒョンの姿を見て、鍵を握る犯人だと追いかけ始める。
udertop1-5.jpg





そこは、元国家情報員なので、刑事を巻くことぐらいはお手の物で拍手ものだった🤣
udertop1-4.jpg



そしてヨンスは聴聞会へ出席となり。。

ヨンスが弁護した脱北者の女性が、北で南を悪く言う番組に出ていたとそこで追求され窮地に追い込まれるのだが、実は、それはある理由があるためだったのをヨンスは、その場では黙っていた。
udertop1-6.jpg



国家情報院にその真相を止められようとしたときに、ジョンヒョンが先回りして窮地のヨンスを救う。
しかも、ヨンスには正体を明かさないように。


全力で愛する妻を守り、守り、守り抜く、すんごい夫の濃すぎる愛情が感動というか、驚きでもあるこのドラマ。
チ・ジニさんが、ホント淡々とそれをやってのけるからね。



全国民がヨンスを悪者にしたと思ったら、一変。
ヨンスは一躍英雄に。

ヨンスの処長への道筋を準備したチュンモもハラハラしながらもヨンスの活躍を称賛。
晴れて高捜処処長に就任したヨンス。


心配なジョンヒョンは、職場まで餅を届けると・・・・・・!



どうしてそんなに国家情報院はヨンスの処長就任を阻もうとするのか、ちょっと意味が分からなかったけど。
これだけ全うな人が処長になってしまうと、国家情報院としては動きづらいってことなんでしょうか。
そして、夫のジョンヒョンの秘密。今にもバレそうでドキドキなんだけど、自殺で処理されてしまったチャ・ミンホの妻が20年間、夫が国家情報員だったことを知らなくて、ショックを受けてたのを見て、ヨンスもそりゃショックよね。ってジョンヒョンと話すシーンとか、ハラハラ。バレたらどうなるんだろう?ホントに暴力団にいたみたいな知られざる過去の扱い方で面白い。


ほかのドラマだと、こんなに悪いところって感じなかったし、むしろスパイ的で「マンツーマン」なんて、それこそマイヒーローKなんだけど?



ほかの新作ドラマの合間に見始めた「アンダーカバー」
登場人物も多くて、大御所ベテラン勢もたくさん出てて、見始めると集中して見たくなるだろうな~と思ってたけど。
想像以上だね。面白いし夢中だすでに。



<アンダーカバー・キャスト>
チ・ジニ(元国家情報員)
キム・ヒョンジュ(弁護士)
ホ・ジュノ(国家情報員、企画調整室長)
チョン・マンシク(国家情報員)
ユ・ソンホ(ジョンヒョン夫婦の息子、自閉スペクトラム障害)
イ・ジェイン(ジョンヒョン夫婦の娘)
クォン・ヘヒョ(元国家情報員、レンタカー会社社長)
チュ・ソクテ(国家情報員、金融本部長)
ハン・ゴウン(元アンダーカバー要因)
ナム・ソンジン(国家情報員)
チェ・デチョル(国家情報院派遣検事)
イ・ハヌイ(ヨンスの弁護士事務所の事務長)
ペ・ユンギョン(ヨンスの弁護士事務所の事務員)
カン・ヨンソク(広域捜査隊サイバー捜査隊刑事)
イ・スンジュン(大統領府秘書室民政首席、ヨンスの友人)
チェ・グァンイル(ファン・ジョンホ事件の無期懲役囚
ソン・ジョンハク(公正党国会議員)
キム・スジン(新聞記者、ヨンスの友人
パク・国四(ジョンジョンの父)
ソン・ヨンギュ(ソウル中央地検検事長)
パク・ジヌ(広域捜査隊班長)
チョン・インギ(大統領府秘書室長)



<アンダーカバー・相関図>
under相関図最新


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | (韓)アンダーカバー | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT