fc2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、レビュー。最近めっきり韓国ドラマ。パク・ヘジン★ユ・スンホ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「奇跡の兄弟」観了~~~!!】

奇跡の兄弟top

突然、神父(教祖)の前に現れたカンサン(ペ・ヒョンソン)。ドンジュ(チョンウ)が現れなかったら、そのまま殺していたに違いなく。カンサンは、また突然姿を消した。それを大勢の信者と刑事たちも目撃。
信じがたいけど、やはり過去からやってきたというのは本当だったんだとヒョンス刑事(パク・ユリム)も思ったはず。

この刑事役のパク・ユリムなんだけど、中盤くらいまで、ちょっと刑事にしては幼い雰囲気だしあまり合ってない気がしてたけど。最終回までくると、すっかり刑事の顔つきになってた。



カンサンがいたのは、兄のハヌルのところだった。
意識を失ったままだったカンサンが目がさめたとき、兄は優しい笑顔で、「一緒に暮らそうか」と言った。
カンサンは、とっても喜んで、数日後には、ここを離れると聞くと、絶対に一緒に行く!!とカンサンは嬉しそう。
kisekinokyodai16-2.jpg



いっぽうで、盗作作家だと分かってしまったドンジュは部屋を借りるために探していた。
カンサンが戻ってきたときに、「ボクのことはいいから」と言ったけど、気を使ってるのだとしか思わなかったドンジュ。

実は、兄と一緒に暮らすんだ。と聞いて、一瞬、悲しそうな顔からすぐに、「それは良かった!」と喜ぶドンジュ。



ドンジュは、すっかりカンサンのことを弟のように可愛がってて、帰るとカンサンが出迎えに出てたりすると、すっごく嬉しそうだったもんね。。。可愛くてしょうがない!!って感じ。この二人の絆も素晴らしかったな。
でも、本当はカンサンのほうが年上っていうのも面白くて。
kisekinokyodai16-1.jpg




カンサンのスニーカーを27年間持っていたチュ・ハンジョン。
ドンジュが父の亡くなった場所に行くと、偶然出くわし、自分がどれほど償いの思いで生きてきたかをドンジュに話すけれど、「それは違う、神ではなく、被害者の家族に謝るべきだ」と言うと、ハンジョンはすぐに警察署に出向き自首し、すべてを打ち明けた。

でも残念なことにドンジュの父を殺した議員は殺されてるし。
それでも、カンサンたちを虐待していた教会の神父が、他の子どもたちにも虐待、殺害をし始末した場所を打ち明けたことから神父も逮捕に至った。




そして、ハヌル。
イ・ビョンマン刑事(アン・ネサン)は、ハヌルに再び会いにやってきて「ずっと探していた人物が実は人違いだということがわかりました。27年間本当にすまなかった、一生申し訳ないと思っていたことを伝えたかった。どうか幸せでありますようにと思っているんだ」と話す刑事。



絶対捕まると思ったハヌル。

ずっと隠れてたった一人で生きてきたハヌルは、これからも別人になりすまして、カンサンと一緒に遠くで暮らす決意もしていたのに。すべてを分かってくれた刑事。見逃した刑事に逆に良心が痛む思いだったのかな。
人は、間違ったことを押し通そうとしても、そこに温かさに触れると、ふと後悔と冷静さを取り戻していくのかも。





でも、この人はまったく後悔も何もしていない。イ・テマン会長。
とりあえず逃げることだけ考えて、秘書にすべてを背負わせるように説得した。



だけど、腹違いの弟は今度こそ兄を超える時と、一歩先を行く。


秘書は、自首すると同時にイ・テマン会長の犯罪をすべて打ち明けた。



その腹違いの弟、ミョンソク(イ・ギウ)は、ドンジュに盗聴器入の時計をプレゼントしてたけど、ヨンデがそれに気づくとドンジュは、ミョンソクにわざと聞こえるように嫌味を言ってやった。いい気味。





ドンジュが、まだ子どもだったころ、高校生のカンサンとハヌルはドンジュは見つけた石を見せて「これは石じゃなくて星だよ」と二人に渡した。
それをハヌルがずっと持っててリュックに入ってたんだ。
その隕石が、時々光ってたけど、星がカンサンを守ったんだね。


時を超えてのタイムリープや、記憶を読んだり不思議な力を持ったりとSFチックな要素もあり、27年もの年月を超えた隠された犯罪というサスペンスもあり、つい出来心で人のものを自分のものとして小説を出版してしまったりと、色々な要素が重なり合ってみごとな構成になってたこのドラマ。1話からとっても見応えがあって、すごく面白かった。


kisekinokyodai16-3.jpg


ドンジュの新しい本がどうかベストセラーになりますように。
その後、奇跡の兄弟がどんな暮らしをしていったのか、見たい気もする。


「奇跡の兄弟」(5)




<奇跡の兄弟・キャスト>
チョンウ(ユン・ドンジュ)作家志望
ペ・ヒョンソン(カン・サン)正体不明、記憶喪失
パク・ユリム(パク・ヒョンス)強力チーム刑事
オ・マンソク(カイ)なぞの男
イ・ギウ(イ・ミョンソク)財閥系出版社社長
カン・マルグム(チェ・ウジョン)ブックカフェ「本」の店主
チェ・ドクムン(オチーム長)強力3チーム刑事
ソ・ジェヒ(カン・ヘギョン)高級バーの店主
ソ・ヒジョン(チャ・ヨンスク)ドンジュの母
ユン・ナム(ユク・チャンソン)ドンジュの父
アン・ネサン(イ・ビョンマン)強力チーム刑事
ソ・ジェギュ(カン・ジェス)強力3チーム刑事



<奇跡の兄弟・相関図>
奇跡の兄弟相関図


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | (韓)奇跡の兄弟 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT