fc2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、レビュー。最近めっきり韓国ドラマ。パク・ヘジン★ユ・スンホ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【キム・ヨングァン「D-DAY」第3話~7話 病院、消防倒壊】

ddayTOP.jpg

ソウルで大地震が起きた。
ヘソンのいる漢江未来病院は古い建物で、あちこちヒビ割れも見られ、倒壊が起きることが予想された。
ヘソンたちは、なんとか患者たちを守ろうと患者を避難させる手立てを考える。
1人の男性が、船ならなんとかなる!と、みんなで船まで徒歩で移動することに。


大変な思いをしながらも、たどり着いた船。
しかし、途中で船なんて信用できない!病院に戻る!家族に会えなくなる!と戻ってしまった患者が2人。
追いかけたヘソンだったが、2人が病院に入ったとたんに病院は見るも無惨に崩れていく。
2人を助けられなかったこのときのことが、ヘソンをずっと苦しめていく。

って言ってもさ、みんなで移動しようって言ってるのに、倒壊するから危ない!って言ってるのに戻った2人がいけないと思うんだよね。。。。

なんとか船は動き出す。
dday6-1.jpg



しかし見えてきたのは無惨な惨状。。。
dday6-2.jpg



ソウルに着いたヘソンたちは、一番近い未来病院へと向かった。
dday6-3.jpg



ところがパク院長が患者の受け入れを拒否をする。
長官だと分かってる男性患者のみを受け入れると言い出す始末。
ヘソンは、土下座してすべての責任を自分が負うからと念書まで書いて受け入れてもらった。
dday6-4.jpg



スーパーの駐車場で息子がいなくなってしまったカン室長が病院に戻ってきた。
何かあったら、病院で待ち合わせようねと息子と約束していたからだ。院長はこれ以上患者を受け入れられないから病院は閉鎖するという意向に、カン室長は大反対し、病院は開放すべきだ!と訴える。
dday6-5.jpg



今すぐにでもオペをしないと助からない患者を目の前にして、やはり院長は手術を拒み続けていた。

dday6-6.jpg



ぜんぜんまだ意識のある患者の目の前で、もうこいつは死ぬんだから、これ以上は無駄なことは出来ない。というようなことを平気で話している院長たち。人格疑うよね。それをトルミが「聞こえてます!!」と制止する。ホント、このトルミは明るくて人懐こくて、へんにこびたりせずに誠実に外部医師なのにあれこれこなしてる。なくてはならない存在だったと思うよ。
dday6-7.jpg




インターンのデギルが保証人になるから手術を承諾してほしい!!と院長に頼み込みにやってきた。
実は、この患者とデギルは同級生で、デギルは彼に借りがある関係だったのだ。なんとかして友人を助けたいデギル。ちょっとポンコツなところもあったインターンだったけれど、とても立派に成長していく。
dday6-8.jpg



手術は無事成功したものの、容態が悪化し、血小板が必要となった。
ところが、血小板はあるだけウジンが持って言ってしまって、なくなってしまった。
ヘソンは、自分がバイクで血小板を取りに行くことにする。

dday6-11.jpg



患者と一緒にやってきていた少女のナリは、持ってた笛をヘソンに渡し、「これをお守りにしてお兄ちゃんを助けてあげて!」とヘソンに頼んだ。
精神科医ソユルはジャケットを渡し、「絶対に、行き帰り、途中でバイクを降りないこと」と忠告をした。
dday6-10.jpg



その忠告が、どんな意味をこめていたものだったか。。。


あたりは、想像を絶するような光景。
助けを呼ぶ声。
ヘソンには、病院に戻った患者の声が聞こえてしまったり、色んな声に反応してしまう。
途中、瓦礫を走りながら、やはりこけて怪我してしまうヘソン。
なんとかバイクを降りずに血小板をもらうことが出来、応急処置をして、バイクにまたがり再び病院へと戻ろうとしたのに。
dday6-12.jpg




漢江病院の前で、どうしても忘れられないあの光景と重なり、バイクを降りてしまい「今助けるから!!」と幻覚と妄想で倒壊している病院の瓦礫をどかし始めてしまったヘソン。
dday6-13.jpg




すると背後から角材を持った男がヘソンを殴りつけた。
dday6-14.jpg

その男はヘソンのバイクを奪って走り去ってしまう。



血小板のバッグは必死に抱きしめて無事だったものの。
さらに怪我してしまったヘソンは起き上がれず。
dday6-15.jpg





ヘソンは呆然としながらも、ナリから預かった笛を吹いた。。。。
dday6-16.jpg




ヘソンの帰りが遅くて心配しているトルミとソユル。
dday6-17.jpg



バイクの音がして!!!!
なんと怪我したヘソンは後ろに乗っているではないか。
バイクを盗んだ男が、笛の音で戻ってきてヘソンに「なんでその笛を持っているんだ!!」と聞くと事情を知った男は。。


実は、なんとなんとナリのお父さんだったのだ。
ナリをあちこち探して、バイクで探そうと思って奪ったようだった。

dday6-18.jpg



すぐにヘソンの怪我の処置が行われ。幸い傷は深くなかったので良かった。

dday6-19.jpg



病院で保護されていたナリは、無事に父と再会することが出来、父はヘソンに本当に申し訳なかったことをしたと謝り、自分を警察に突き出してくれ。と覚悟を決めてヘソンに言ったが、ヘソンは、「何かありましたっけ?」と、温かく父親を許していた。
dday6-20.jpg




ヘソンの手術のあとを縫合するトルミ。
あまりに良い体すぎて、あちこちヘソンの体をつついてまわるうちに、目をさましたヘソン。
「セクハラだ!」と喜んでる。
トルミ、ちょっと恥ずかしかった。
dday6-21.jpg





未来病院にカン室長の恋人で国会議員のク・ジャヒョクがやってきた。
病院を倒壊してしまった消防の拠点にさせてほしいと願い入れにやってきたのだ。
ところが、そんな余裕は病院にはない!と断ろうとする院長。
dday6-22.jpg




この院長ってさ、権力とか大好きなのに、このク議員には媚びないのが不思議。
このク議員も長官って呼ばれてるのに、入院してる長官には厚遇してるくせに。

しかし、カン室長って、長官が好きなんだな。。夫も長官、今の恋人も長官。



そのカン室長が出てきて、院長をなだめる。
ク議員も院長に交渉のエサを与えて、了承を得た。

dday6-23.jpg





トルミはヘソンに休ませてもらってたので、今度は今にも倒れそうなヘソンに「3時間仮眠をとって、あと30時間働いて!」と休ませた。
ところが・・・。
ヘソンは地震のトラウマに襲われてしまっていた。。
dday6-24.jpg




本当は一丸とならなきゃいけない医療スタッフなのに、トップにいる病院長が最悪で、自分のことしか考えてなくて草。
トルミが釜山からやってきて、怪我人と出くわした最初が消防の隊員だったり、また別の患者を搬送することになったり、やっと帰ろうとすると今度は大地震に見舞われてしまい、それだけでも大変なのに、医者という仕事を全うしてドロだらけの血だらけの白衣のまま風呂にも入れず一生懸命働いてる姿が、とても感動的。
泣き言言わず、ここのスタッフでもないのに、いちばん頑張ってて。
チョン・ソミンの魅力が存分に出てるキャラクターだよね。
釜山の方言も可愛いし。




<D-DAYキャスト>
キム・ヨングァン(イ・ヘソン)一般外科医
チョン・ソミン(チョン・トルミ)整形外科医
ハ・ソクジン(ハン・ウジン)一般外科医、准教授
イ・ギョンヨン(パク・ゴン)未来病院院長
キム・ヘウン(カン・ジュラン)未来病院緊急室室長
ユン・ジェヒ(パク・ジナ)看護師
キム・ジェファ(キム・ヒョンスク)看護師
キム・ジョンファ(ウン・ソユル)精神科医
イ・ソンヨル(アン・デギル)インターン
コ・ギュピル(ユ・ミョンヒョン)外科フェロー
ヨ・ムヨン(ユ・ヨンタク)未来病院影の院長
キム・サンホ(チェ・イルソプ)消防署救助隊班長
ソン・ジホ(イ・ウソン)消防署救助隊員ヘソンの弟



<D-DAY相関図>

dday相関図

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | (韓)D-DAY | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT