fc2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、レビュー。最近めっきり韓国ドラマ。パク・ヘジン★ユ・スンホ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【キム・ヘス主演「未成年裁判」第2話 戦略】

miseinen-1.jpg

朝を待たずに少女の逮捕に走り回ったウンソク判事(キム・ヘス)。
すごい形相だった。
あそこまでするウンソクには、過去に何かあったのかな?と
思わずにはいられない・・・・。

小学生殺害事件の犯行は、13歳の少年だけではなく高校生16歳の少女も
関わっていたという真実。
ずっと少女をかばう少年から真実を聞き出すには戦略が必要。
でも部長の知らないところで逮捕劇が行われ
これまでのウンソクの判事としての行動、言動がマスコミで騒がれだしてしまう。

それは、少女の弁護人の仕業で。
この弁護士の人、「ハイエナ」にも出てたし、つい最近みた「シークレットブティック」にも出てたし
「今別れの途中です」でも見たな~。
全部、雰囲気が違う@@;

担当をおろされてしまったウンソクだけど。
それくらいは想定内だと言いはる。
担当が、別の裁判所にならなくて良かったとウンソク。

かわって担当になったテジュ判事だけど。
すっかり、ウンソクを信頼するようになってる。

3人で行われる判決。
マスコミも大勢騒ぎ立て、最も注目をあびるこの裁判。


判事3人は、戦略を立てていった。
綿密に。
少年、少女、お互いを売るように仲違いをさせようと。
そこは、やっぱり未成年。
大人の戦略には勝てなかった。

本当に起きたことを、それぞれ口にしていく二人。

聞くにたえない被害者の両親。。。。


これは、残酷だよ。。。
ホント残酷。。。

でも、ウンソク判事は、一見冷たいながらも
遺族には、かなりよりそってるように見えたな。。。
もしかしたら少年犯罪被害者とか?

こうして、この事件の首謀者だった少女は未成年では最も重い判決禁固20年。
少年は14歳以下で最も重い10号。
少年鑑別所に2年。。。だそうだ。。。

2年なのか。。。
たった2年。。。

それでも、少年の母親は自分の息子は首謀者じゃなかったんだから釈放しろ!と
勘違い甚だしいセリフを判事にぶつける。
それを言われたウンソクの言い返した言葉。

それは、少年の母には、突き刺さったようで。。。
自宅に戻り、被害者の子どもの血痕を見つけたときの悲愴な顔。
やっと、
やっと、ごめんなさい。と心から謝罪の言葉が出た被害者の親。

それならまだ良い方で。
結局、少女の両親は裁判には一切顔も見せない。
すべて弁護団に任せっきり。
20年刑務所にいたところで、結局更生は出来ないだろうと判事たちは話す。

親が、大人がそばでしっかり道を正していって
本人が本当に起こしてしまったことの罪を理解しないと。。
これは、かなり重たいテーマだけど。
こういう少年犯罪をクローズアップするっていうのは、少年、少女の残虐性を
もっともっと知るべきかもしれないと思うような
考えさせられるドラマだ。

<キャスト>
キム・ヘス(シム・ウンソク判事)
キム・ムヨル(チャ・テジュ判事)
イ・ソンミン(カン・ウォンジュン部長判事)
イ・ジョンウン(ナ・グンヒ副長判事)
パク・ジョンファン(コ・ガンシク 女性青年少年課所属、警長)
パク・ジヨン(ウ・スミ 少年刑事合意部主任)
シン・ジェフィ(ソ・ボム警察官)


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
関連記事

br_decobanner_20110417165910.gif | (韓)未成年裁判 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT