FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【『白い巨塔』岡田准一主演で 2019年5夜連続放送】

   

アイドルグループ・V6の岡田准一が、19年にテレビ朝日系で放送される
開局60周年記念5夜連続ドラマスペシャル『白い巨塔』で主演を務めることが
17日、分かった。故・山崎豊子氏の不朽の名作を、再び映像化する。

同局のドラマに主演するのは、スペシャルドラマ『反乱のボヤージュ』(01年)以来18年ぶり、
テレビドラマ出演も4年ぶりとなる岡田が演じるのは、
腹腔鏡手術のスペシャリストとして医学界に名を馳せる、
浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎。
これまで、田宮二郎、唐沢寿明といった名優たちが演じてきた役で、
岡田は初めて医師役に挑む。

そんな主人公について、岡田は「現代にはなかなかいないキャラクター」と評し、
「何かに慮っていないと生きづらい世の中にあって、
財前は絶対の自信と揺るがない信念を持ち続け、
野心を抱きながらギラギラとエネルギッシュに生きています。
医師として、この"白い巨塔"を登っていこうとあがき、
もがく男なのだと思います」と語る。

また、「『やるからには財前五郎を味わい尽くそう』という気持ちで、
監督を信じてついていきたいです」とのこと。
「撮影は始まったばかりですが、現場はとても楽しいです」と明かし、
「難しいシーンばかりでどのシーンも気が抜けないのですが、
他の出演者の方々もどんな芝居をするのか模索されたり、
楽しみながら撮影に臨んでいらっしゃるのを感じています」とも話す。

原作は1963年に発表されたが、今作では物語の設定を2019年に置きかえ、
現代の最新医療ならではの、今までにない新たな『白い巨塔』となる。

岡田は「医学の進歩にともなって、今の時代だからこそできる
『白い巨塔』になっていると思いますので、そういった部分にもご期待ください」と
呼び掛けながら、「『白い巨塔』という作品を制作することも、
僕が財前五郎という人物を演じることも、"今やること"に何らかの意味や
意義があると思います。それを探し、見つけながら、
監督はじめ、みんなでエネルギーをぶつけて『白い巨塔』と戦っていますので、
ぜひ出来上がりを期待してお待ちください!」と決意を語っている。

同局が5夜連続のドラマスペシャルを制作・放送するのは、
開局45周年スペシャルドラマ『弟』以来、15年ぶり。紫綬褒章、
旭日小綬章を受賞した巨匠・鶴橋康夫氏を監督に、
脚本には日本アカデミー賞を受賞した羽原大介氏らを迎え、
第一夜では、欲望渦巻く教授選が描かれる。

テレビ朝日の船津浩一プロデューサーは、
「変わるもの、そして変わらないもの。両者が融合し、
作り上げられる新たな『白い巨塔』は、必ずや今の視聴者に
深い共感と感動を与えるものになる、と確信します」と自信をのぞかせる。
そして「財前五郎を演じられる俳優は、この人しかいない!と、
岡田准一さんにオファーしたところ、
『やるからにはこの難役を徹底的に演じ切りたい』という心強いお言葉とともに、
ご快諾いただきました」と明かした。
(mynavi)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


 

br_decobanner_20110417165910.gif | ●スペシャルドラマ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【松嶋菜々子主演「誘拐法廷」】

  

 

すっごい見ごたえあったぁ~~!!
オモシロかった~~~~~~!!!


元となった映画は見たことないけど。
なるほど、スピーディで
とてもよく出来ていた。
最後のドンデン返し。


出演者で、だいたい、役柄を想像しちゃうのが
悪いクセで。

小市慢太郎や、風吹ジュン、伊武雅刀。
この人たちが、ちょい役なはずはないよね。
と思いながら。
(いや、そうじゃない脚本家もいたっけね・・・まだ引きずる)


子供を誘拐してまで
殺人事件の被疑者の冤罪を晴らせという
犯人の意味不明な要求。

てっきり、被疑者に近い人間かと思いきや。。。


怪しい議員の動き。
もしかしたら、味方と見せかけて
敵なのか?とも思わせた丸ちゃん、丸山隆平。
国選弁護人。

みんな、みごとでした。


真犯人の動機は、いったい何なんだろう?と
最後まで目が離せなかったけれど
それも、スッキリ。
というか、逆に

ええええ!???という流れ。


許せない母の思いというのは
重いのだ。。


だから、誘拐して足手まといなはずなのに
具合が悪そうだと
ちゃんと薬を要求したりしてたのね。
と、
隅々に至るまで、しっかり納得のいく結末が
かなり気持ち良かった。


柄本時生って、こういう役は、うってつけだよね><。。


菜々子。

美しかったし、
カッコよかったし。

とても良かった。

こんな菜々子の弁護士ドラマ。
また見たいな。と思っちゃった。

なんなら、真犯人の弁護、その後。
っていう続編あったら、ぜひ見たい。
もちろん、丸ちゃん共演で!!

丸ちゃんも、かなり良かったよお!



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



br_decobanner_20110417165910.gif | ●スペシャルドラマ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【金子ノブアキが伝説の刑事に扮するドラマ第2弾!オウム幹部との攻防を描く】

 

 

10月4日19時57分から放送の『直撃!シンソウ坂上』
(フジテレビ系、毎週木曜21:00~)は、2時間スペシャル。
金子ノブアキが“伝説の刑事”を演じるドキュメンタリードラマの第2弾をおくる。

同番組は、世間を騒がせた「人・事件」などの“今”に、
坂上忍をはじめとしたジャーナリストリポーターたちが追跡&直撃し、
真相を突き止めていくジャーナリズムバラエティ。
今回は『直撃!シンソウ坂上SP 独占スクープ!
サリン事件極秘資料―オウム天才信者VS伝説の刑事―』と題し、
今年7月、教祖・麻原彰晃を含めた13人の死刑が執行され、
大きな節目を迎えた「オウム真理教事件」を取り上げる。

金子は、昨年10月に同局で放送した『衝撃スクープSP』で
昭和と平成をまたいだ史上最悪の事件
「東京・埼玉幼女連続誘拐殺人事件」の宮崎勤元死刑囚を取り調べる
刑事を熱演。今回は、その刑事のもう1つの戦い、
オウム真理教が起こした「地下鉄サリン事件」を極秘資料をもとに
実録ドラマ化。サリンを製造した科学者・土谷正実元死刑囚との
取り調べの真相を、当時の報道映像も駆使しながら、その知られざる攻防を描いていく。

ドキュメンタリードラマには金子のほか、秋元才加、遠藤雄弥、大浦龍宇一らが出演する。
(ドガッチ)



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



br_decobanner_20110417165910.gif | ●スペシャルドラマ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【妻夫木聡、井上真央「乱反射」 小さな罪から】

  

 

この秋、スペシャルドラマが
とても充実していて。
やっと3本見終わった。

佐藤浩市と天海祐希「Aではない君と」
これはある日突然、別れた妻の元にいる中学2年の息子が
殺人事件を犯し、そこから一転してしまう話。
天海祐希が弁護士なのだけど。
正直、このドラマが一番おもしろいかと期待してたけど。
よく出来てたけど。
結局、少年は犯罪は犯してたのか・・・と
ちょっと冤罪を期待してたので。
その3年後も描かれているのだけど。
色々考えさせられた。
やっぱりテレ朝の、いや今回はテレ東だった
天海祐希の扱いは、あまり好みじゃない。
もっと天海祐希らしい役を演じてほしい。。。


北川景子の「指定弁護士」は、面白かった。
これは続編~連ドラもあるかもしれないな。という印象。


そして、妻夫木聡井上真央「乱反射」

このドラマは、まあ、取り敢えず見てみようかな。
くらいにしか思ってなかった。

けれど、一番引き込まれた。
いろんな意味で。


その事件は、
特別、犯罪者という人物はいないのだけれど。
それぞれが、たった1つの
小さな小さな罪。
たった1つの間違いが重なって起きた不幸な事件。


それは、「人間」という正義と悪の裏表で出来ているのだと
まざまざと知らしめられた感じがして
ゾクっとした。


大きな街路樹が強風で倒れ
そこに通りがかった
母親とベビーカーに乗った2才児の男の子。

その事件の起きた場所は
目の前は病院。
その病院から出てきた親子だったのに。
その病院で救ってもらうことはできず
2時間、受け入れ病院が見つからず救急車で
たらい回し。

最初の病院の医師(三浦貴大)
バイトの医師で、内科医。
その日の夜勤は急患でごった返していたけれど
どの患者も、ただの風邪で夜間救急にやってきていたのだ。
それでも、自分は手いっぱいだし、外科医ではないし、外科医はいないので
受け入れは出来ないと、看護師(堀内敬子)に断るように伝える。
医師の指示に震える怒りをおぼえてる看護師。。。。



そもそも、その街路樹は
道路拡張のため、伐採が決まっていた。
しかし、5年に一度は、街路樹の診断をすることになっており
ちょうど、その事故の直前に樹木診断師が回っていた。

が、こともあろうか、その担当(萩原聖人)
潔癖症にかかっていた。

街路樹伐採の反対運動の主婦たち。
その主婦たちは、樹木診断師がやってくると
食って掛かっていた。

毎日、毎日、その街路樹を散歩コースに
犬を連れている老人(田山涼成)
腰が痛いからと、犬のフンは、やらせっぱなしで
掃除の用具など持って歩いてはおらず
いつも、その街路樹の根本に犬はフンをするのを日課にしていて
大きなフンを出たことに、喜んですらいた。


それを毎日見ていた、目の前のレストランの店員は
市役所に苦情を言い
それを受けた市役所の職員(芹澤興人)
一度は片付けに行くのだけれど
子供にからかわれ、
フンを片付けるために、公務員試験を受けたんじゃない!!と
日頃から苦情ばかりの日々に嫌気が指していて
ほっぽりだしていた。


そのフンがたくさんある街路樹の診断だけ
診断師は、出来ずに取り乱し、帰ってしまった。


本当に、いろんなことが、
小さなことだけれど、重なり重なり。
それは起きた。

そもそも、病院に行ってた井上真央は
夫、妻夫木聡の父が脳梗塞で倒れ
看病で行っていたのだ。

その事故をうけて、
父親は「自分が病気などならなければ・・・」と悔いている。。。



新聞記者でもある妻夫木聡が
事故の原因究明と
息子を殺したのが、誰なのか
徹底的に追求しようとした

けれど。。


誰も責められない。


そんな妻夫木聡も
事故前日に、家から持ってきてしまった
家庭ゴミを、公園のゴミ箱に捨てていた。
「家庭ごみは捨てないでください」と
注意書きがしてあるゴミ箱に。

息子がいなくなって
それでも夫婦、生きていこうと
一緒に手に手をとって。
前を向いていこうと決め
思い出の公園に再び、二人で訪れるのだけれど。

やっぱり、ゴミを持ってきてた二人。。。。。


なんとも言えない気持ちになったよね。


市役所のお役所やろう!!って、思うほどに
こういう人、いるいる!!って堅物が
ホントに、まんまで、市役所の人なんじゃないかと思うほどに
うまくて。


田山涼成さんなんかは、
自分の犬のフンが原因なのに
そんなこと知るはずもなく
ニュースで事故のことが流れると
「これ、いつもの散歩コースじゃないか!
危なかったね~」と、犬を、よしよししてるし。。。


伐採反対運動の主婦たちは
反対した木が倒れたことで事故が起き、
あれだけ率先してリーダーよりも中心になって
運動していた筒井真理子さんは、
自分はリーダーじゃないから。と
事故が起きると、リーダーに電話して釘さしたりするし。

みんな、自分が大事。。。


そんな「人」としての、汚いところも
よく描かれてて。


恐いドラマだった。

ちょい役の人も、すごい役者さんが出てて。
骨太なドラマになってたな。。
まるで映画のようだった。


相楽樹も出てたんだけど。
この人は、これから!ってときで、
こんなに良い女優なのに
もったいないーー;

ま、お子さん生まれて落ち着いたら
ぜひ復帰して、また一回り大きくなった女優さんになって
戻ってきてほしい。

やっぱ妻夫木聡に井上真央。
うまいわ。



原作、貫井徳郎さんの小説らしいけど
読んだことなかったな。

すばらしいスペシャルドラマでした。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ




 

br_decobanner_20110417165910.gif | ●スペシャルドラマ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「過保護のカホコ」スペシャル】

 

オモシロかった~!!!

想像以上だった。


カホコ(高畑充希)がはじめくん(竹内涼真)と結婚して1年。

カホコのママ(黒木瞳)のように
完璧に家事をこなしているとは思わなかったけど。

あれは、ひどい!!!
笑える!!!
うける!!!

いい!!

これでこそ過保護に育ったカホコ。

洗い物はシンクからあふれ
洗濯物は洗濯機からあふれ
荒れ放題の部屋。

ご飯のおかずは、出来合いのお惣菜。


たった1年でカホコママや、ばあばのように
できるはずがなく。
カホコハウスを始めて
やんちゃな子供たちを相手にしてる仕事も
めちゃくちゃになってる様子が
一瞬にして分かる。

はじめくんは、
やはり、なかなか絵だけで食べていくことは出来ず。

相変わらず、カホコの親戚たちも
色々な問題を抱え
両親までもが妙な空気。

それを、いっきに抱えてしまうカホコ。

どうにかしたい。
みんなが幸せになってほしい。


まあ、その前に、家のことしっかりやろうか^^;
って感じだったけど。


今回、保くん(横山歩)の母親が出てきて、
映美くららさん。
やっぱり、宝塚の娘役やってただけあって
あんだけ濃いメイクすると
めっちゃキレイ!!!!
ビックリした。
あまりメイクをしっかりする役で見かけたことなかったから。
一瞬、誰だろう?って思ったくらい。

映美くららと黒木瞳の宝塚絡みは
なんだか、ワクワクした。


保くんの気持ちを、同じ境遇だったはじめくんが
よく分かってて。

「今、自分が思ってることを言えばいいんだ」と、
施設で育つと、なかなか自分の気持ちを言えなくなるっていう
それは、誰が何を説得するよりも
保のママにはこたえたんじゃないかな

保も、背中押してもらって
吐き出すことができるようになって。

カホコへ2つのお願いも、ここは小学生らしくて
とてもかわいかった。
横山歩くん、大きくなったな。。。


この横山歩くんは、
同じ遊川和彦作品のドラマ「はじめまして、愛しています。」で
やっぱり育児放棄をされて
逃げ出して、江口洋介と尾野真千子の家の庭に逃げ込んで
養子になる役をやってた子なんだけど
しかも、そのときの役名が、「はじめ」

同じ子役を使うところが
なんとなく繋がってて面白い。

今回も、母親のところから逃げ出して
同じように庭に隠れてて
おお!と思ってしまった。


色々、問題を振りまいておくけど
ちゃんと、最後にはしっかり回収していく。
みごとだったな。と思った。

やっぱ、これ続編で見たかった~


カホコは、なんだかんだいっても
可愛い!!


そんなカホコを、
みんなが守りたくなるのも
なんとなく分かる。

最後、双子なのは
ちゃんと、カホコママとカホコパパが
それぞれ面倒がみられるようにって
一人だと、また過保護な孫たちになっちゃうから
半分半分で良かったんじゃないかと。


はじめくん、今度は家事少し手伝おうね。


でも、はじめくんが、なんでも家のことが
できるような男だったら
面白みに欠けるので
こんな新婚で、少し安心したな。


一人で出来なかったら
甘えられる人がいるのなら
甘えたらいいと思う。

親だって、ずっと元気なわけじゃないんだし



【視聴率】10,9% 


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ




br_decobanner_20110417165910.gif | ●スペシャルドラマ | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ