ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【天海祐希&沢村一樹、2夜連続アガサ・クリスティドラマSPで主演】

    

女優の天海祐希と俳優の沢村一樹が、テレビ朝日系で3月に放送される
2夜連続のアガサ・クリスティ原作ドラマスペシャルに主演することが1日、明らかになった。

アガサ作品初挑戦となる天海が主演するのは『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』。
原作の主人公はミス・マープルという老婦人だが、
今回の日本版で天海が演じるのは、元敏腕刑事にして危機管理のプロという
華麗な経歴を持つデキる女・天乃瞳子だ。

物語は、瞳子の義母が「特急オリオン」に乗っていたところ、
並走していた「寝台特急朝霧」内で、男が女性の首を絞めているのを目撃。
だが、寝ぼけていたとして車掌も警察も取り合ってくれないため、
真相究明に立ちあがった瞳子は、犯人が車内から死体を投棄したものと推理し、
遺体が投げ込まれたのは、沿線に広がる豪邸の敷地内だと考え、
ある人物をその屋敷に潜入させる…。

天海は「列車を舞台にしたミステリーは今となっては定番に思えるかも知れませんが、
この『パディントン発4時50分』の発表当時はとても衝撃的な内容だったのではと思います。
登場人物のキャラクターも個性豊かで、さまざまな人間が絡み合うミステリーなので
最後まで楽しんでいただけると思います」と見どころを語る。


一方、沢村が主演するのは『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』。
昨年放送されたアガサ原作『そして誰もいなくなった』で演じた警部・相国寺竜也役で再び登場する。

今作で描かれるのは、大女優が開いた豪華絢爛なパーティーで起きた殺人事件。
何者かに脅迫を受けていた大女優、彼女を取り巻く、
一癖も二癖もある怪しい人物たち、と容疑者だらけで捜査が難航する中、
相国寺が最大の謎に挑んでいく。

沢村は「『そして誰もいなくなった』のとき、僕はみなさんが亡くなってしまってからの登場だったので、
容疑者たる人物たちには会うことができなかったのですが、
今回はたくさんの"容疑者たち"にも対面できておりますので、
相国寺がどのようにトリックを解明し、事件を解決していくのかご期待ください」と予告した。

そんな沢村に、天海は「『がんばれ!』のひと言ですね(笑)。
どんなストーリーなのかとても興味がありますし、
沢村さん主演の作品を見るのはすごく楽しみ!」とエール。
それを受けた沢村は「同じアガサ・クリスティ作品でも、
まったく違った推理劇となっていますので、その違いを存分に
堪能していただきたいと思います」とアピールしている。
(maynavi)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


br_decobanner_20110417165910.gif | ●スペシャルドラマ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【草なぎ剛主演ドラマ「NHKスペシャル 未解決事件 file.06 赤報隊事件」】

  
普段あまり、こういう特番は見ないのだけど。
もちろん、草なぎ剛主演ドラマっていうことで興味を持ちました。


見てて思ったのは、NHKが、朝日新聞サイドにたっての報道って
これって、正しいの?
って、ちょっと疑問に思った。

もちろん、未解決事件の殺人事件だし
テロのようにいきなりやってきて
銃撃した先が、新聞社っていう衝撃の事件だけれど。

そういう私は、この事件のことは、
あまり知らない。
詳細も、このドラマではじめて知ったくらいだ。

新聞記者が記事を書かずに、ひたすら犯人だけを追えっていう
「特命取材班」が結成される中に、草なぎ剛は実在する樋田記者を演じた。

反日を許さないという犯行声明や
これまでに報じてきた朝日新聞の記事に対して朝日新聞を許さないという脅迫が
犯人と思われる「赤報隊」を名乗る人物が声まで残していた。

あの30年前の声でも、今なら分析出来るだろうに、
それでも、分からないのか。。
とか、
右翼説、元自衛官説という犯人像が
取材の中で樋田が得ていく情報。。

でも、このドラマの描き方は、完全の今野浩喜が犯人だよ。
絶対そう言ってる伝え方してるよ。
後に、寺の住職になって一酸化炭素中毒自殺をしていたことを知らされるけど
それも、もしかしたら幹部によって殺害されたのか。
それとも、もともと単独犯だったのか。

樋田は、この人物に一度は接触しようとして
近づいたときに、逃げられている。
あの逃げ方は、まぎれもない。って感じだった。


というより、もう、右翼の人間でおそらく決まり
な報道の仕方だったと思う。

警察発表だけがなくて、
おそらく朝日新聞サイドでは、掴んでいるってことなんじゃないのかとすら思う。
途中で、右翼を装った右翼とは関係のない人物説っていうのも出てくるけど
あっさりそれは、消滅してたように見えた。

この未解決事件のテロ事件を許さない。
というのは、分かる。


wikiによると、「この事件を意味することは」
犯行声明で「反日朝日は五十年前にかえれ」と記し、戦後日本の民主主義社会をターゲットに戦後を全否定、
戦前に戻そうとする攻撃を掛けてきた。朝日新聞、日本のジャーナリズムだけでなく、
国民に対して「言うことを聞かないと朝日のような目にあうぞ」という脅迫


とあるけれど、
その朝日が報道してきた偏向報道のようなものについての細かいところは
わりと取り上げられなかったし、
朝日新聞は読んでないので
犯人の言ってることが、よく分からないのと、
右翼の考え方も、よく分からないので、

どうも、NHKが朝日新聞を忖度してるようなドラマに見えてしまって
しょうがなかった。
朝日新聞を全面的に応援してます的な番組に見えた。


NHKが、公平な報道をしなくて
良いんだろうか?と、なんだか疑問に感じた後味悪いドラマになってしまった。


だったら、「電通過労死」について、
CMのないNHKこそが、どんな背景があったのか
それこそドラマ化して、見せてほしい。と、思った。


にしてもだ。
やっぱり、草なぎ剛の演技は、素晴らしかった。
年齢を追うごとに演じ方も変え、
柔らかな口調の向こう側に、確固とした信念を持ち合わせてる人物を
みごとに演じてた。
長谷川朝晴や丸山智己の昭和感を出した演技も楽しめたし。
ただ、草なぎ剛の後輩でずっと事件を追う特命取材班の辰濃哲郎記者を
上地雄輔じゃない役者で見たかった。
これは好みの問題だけど。

この人が出ると、せっかくのスペシャルドラマの重みが
とても軽いものになっちゃう感が残念でしょうがない。
いつぞやの「最上の命医」の久しぶりのスペシャルドラマしかり。


今夜の「ドキュメンタリー」のほうは、
おそらく見ません。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | ●スペシャルドラマ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【天海祐希主演2018年春読売テレビ開局60年記念ドラマ『天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~』放送決定】

  
女優の天海祐希を主演に迎え、2018年の春に、読売テレビ開局60年記念ドラマ
『天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~』が放送されることが決定。
この度、11年ぶりに夫婦役を演じることとなった天海と佐々木蔵之介が取材に応じ、
役に対しての思いや、ドラマの見どころなどを語った。

本作では、誰からも認められない中、ただひたすら世界の難問に
立ち向かっていった大阪生まれの天才数学者・岡潔(佐々木)と、
潔の数学に対する純粋さを理解し、最後まで信じ続けた妻・みち(天海)の姿が描かれる。

天海と佐々木は現在49歳で同い年。
また、共演経験も豊富ということで、天海は「私は普段、
(佐々木のことを)蔵ちゃんと呼ばせていただいているんですけど、
同い年で、また何度も一緒にお仕事をさせていただいている俳優さんなので、
とても安心してお芝居をさせていただきました」と告白。
続けて「潔さんとみちさんご夫婦には到底及ばないかもしれませんけど、
蔵ちゃんに対する信頼感というのは、
画面に出ているのではないかと思います」と話すと、
佐々木も「僕もこの役を楽しみながらできたのは、みちであり、
天海のおかげだと思っています」と、お互い心強い存在だったよう。

みちは、潔に対して非常に献身的という役どころ。
共感する部分はあったのかと聞かれた天海は、
「もちろん献身的な面もあるけど、それだけじゃないんですよね。
洋装をご自分で作ってパリに行ったときに着たり、フランス語を勉強したり、
岡潔さんがパリの大学で勉強されているときは、
わけがわからないながらも見学していたりとか、
ただ献身的なだけの女性像ではなかったのではないかなと。
そういう女性だったからこそ、こういう方を面白いと思えて、
支えていかれたんじゃないかと思います」と自身の解釈を述べ、
「人を信じるという部分では、ドラマや映画や舞台で、
一緒に出演する共演者を信じるということに似ているのかもしれません。
ご夫婦に比べれば短い期間ですけど、そこで生まれる信頼関係とか、
この人の芝居を信じようとする感覚は同じなのかな」と語った。

最後に、見どころを聞かれた佐々木が「岡潔さんに関して、
最初は興味から入ったんですけど、深く知れば知るほど、どえらい方だな、と。
この方を演じるには覚悟が必要だなと思ったんですけど、
最後は楽しく演じることができました。苦難しかなかったといっても
過言ではないんですけど、それが報われる瞬間は見ていただきたいですね。
あと、僕の学生服姿は大きなトピックスです」とアピールすると、
天海も「ポイントです。試験に出ます」とおどけて笑いを誘っていた。
(ドガッチ)


「離婚弁護士」じゃなくて、夫婦。
やってたんだ・・・。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



br_decobanner_20110417165910.gif | ●スペシャルドラマ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【長谷川博己主演「都庁爆破」パスコードのスペルは・・・】

   

まるで爆破された都庁が
ゴジラのように見えるではないですか!!

それ、狙ったんだろうな~って感じでした。

しかし、今回は長谷川博己さまは議員ではなくて
元自衛官。

あんな華奢な自衛官は、あまりいないと思うけど。
それも、とても心に傷を抱え、トラウマを持っている
ちょっと、病院行ったほうが良いよ。
お薬もらったほうが良いよ。ってくらいの症状で。

機密だから、家族にも言えず。

愛する娘と妻、優香。
色々とスレ違いがあったようで
記入した「離婚届」を、なぜか都庁の前で渡すヒロキさま。

そして、なぜか都庁の展望室に行ってくる。と言う娘。


なぞのアメリカSBIだった吉川晃司。
あの年で、あの足の上がり方は、ハンパないです。
大河ファンタジー以上のアクションを見せてくれました。

余貴美子さんにも負けない、寺島しのぶさんの演じる
小池百合子ならぬ、大池都知事。
上手かった~。

リリーフランキーの総理は、ただただ憎たらしいだけで
最後は、東京丸投げの逃亡。
これが、日本政治の現実なのね。


すでに一般人なのに、果敢にテロリストに立ち向かい
妻と娘を守るため、
ケイン(吉川晃司)と戦う本郷(長谷川博己)。

これがダムなら、「ホワイトアウト」の織田裕二だな。
とか思いながら見てたけど。
ダイハードっぽくもあったらしい。
(海外ものはよく分からない)。


さすが、自衛官の娘だけあって、
とても勇気ある行動が随所に見えた。

父の来ることを察して、歌い出すところなんて、
最高だよ!

そして、ケインが、どうして、日本にやってきたのか。
どうして、都庁、東京が狙われることを知っていたのか。

それは、テロリストのボスが、実の弟(渡部篤郎)だったという
オチだった。

最後に残された爆弾。
果たして、本郷は解除出来るのか!!!

ひたすら、パソコンデータを打ち込む本郷。
解除成功!!
と、思われた次の瞬間に、
画面にあらわれたのは、「パスコード」

なんと
「PASSCORD」
でした。


誰も気づかなかったの?
スタッフ。。。

「PASSCODE」だよ><。。。

色々残念すぎたけど
カッコ良かったから、大丈夫。

和田くんも死んでなかった。


人質をヘリに乗せて、テロリストたちは
国会議事堂やらに、自爆テロを起こすつもりだと言ってたけど
その救済が、どのように行われたのかが、謎。

あのギリギリな時間では
屋上の人質とテロリストたちを
どうやっておさめたのか。。。。

まあ、良いんです。

主人公は死なず。

ケインに本郷の胸、思いっきり撃たれたときは
ドキっとしたけど。
ちゃんと、想定してたのね。
優秀なケインは、そこに銃弾をよけるようになっていくことを。


抱き合う親子3人。
お正月だけど、舞台はクリスマスイブ。
夜には、雪も舞い散る寒さのなか
家族の愛の温かさを、あらためて感じ合う本郷と妻。

ちゃんと向き合い、やり直そうと。


どうせなら、自衛隊のシーンから始まるとか。
どんな訓練をしていたかとか
合間に入れるのではなく
ちゃんと見たかった気がする。


どちらにしても、映画化できそうなスケールではあったけど。
庵野監督がやったら、すごいドラマになっただろうね。。。

しかし、「奥様は取り扱い注意」を
「小さな巨人」で心身ともに、疲弊したので、
少し休養したい。とオファーを断ったと言われる長谷川博己さま。
このドラマも、かなり疲弊しそうだったけど
大丈夫かな?

3ヶ月の連ドラよりは、ましだったかな。

シンゴジラを意識しての起用だったと思うけど。
長谷川博己さまは、昨年、NHKで演じた「夏目漱石」みたいな文豪も
とても良いよね。

今後の活躍も、さらに楽しみにしてますよ!!

いや~~正月スペシャルドラマで
長谷川博己さまに会えて嬉しかった(≧∇≦)b



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 



br_decobanner_20110417165910.gif | ●スペシャルドラマ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【森川葵と森岡龍が、又吉直樹による初脚本ドラマに出演】

  


芥川賞作家で芸人の又吉直樹が初めて脚本に挑戦したドラマ
『許さないという暴力について考えろ』が、12月26日(火)22時からNHK総合にて放送される。
今の「渋谷」を舞台に「不寛容」をテーマにした2つの物語が展開していく。

ドラマの舞台「渋谷」は、上京したばかりの下積み時代、
渋谷のライブハウスでネタを勝負していた又吉にとって、
“東京の象徴となった街”である。今回、ほぼオールロケによる撮影で、
「渋谷 SHIBUYA」の今を切り取ることにも挑む。

ひとりめの主人公は、「渋谷」という街の本質は何かを取材す
るテレビディレクター中村(森岡龍)。
渋谷という街の深層を探るために、渋谷にいる様々な人々へ取材を続ける中、
おっさん(でんでん)や老婆(宮本信子)と出会い、
不思議な体験をする。そして、渋谷と人との関わりがどのようなものか
気づいていくが、同時に、理解できない他者を拒絶してきた自分というものと向き合っていく。

もうひとりの主人公は、服飾デザイン専門学校に通うチエ(森川葵)。
チエには漫画家の姉(柴田聡子)がいる。
「東京」に流されて、流行の服を追い求める日々に葛藤するチエは、
強烈な自己を持った姉に見守られ、渋谷で出会う人との関わりの中で、
自分を見つめ直し、「自分の色」を見つけることの大切さに気づいていく。
(ドガッチ)


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | ●スペシャルドラマ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ