FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【「路 ルウ~台湾エキスプレス」第3話 最終話】

  

台湾新幹線は、開業予定には間に合わず。
延期をすることになる。

台湾高鉄と日本とで対立になったりするんだけど。
どうも、これが担当副総経理のジャックと
安西(井浦新)の二人だけが対立してるみたいに描かれてる。
本当はもっと根深いものもあったんだろうけど
3話しかないし、この二人を対立させることで
わかりやすくさせてるのかもな。。。

安西さん。
結局、ユキとはあのあとどうなった??
最後の最後に描かれるかと期待したんだけど。
ユキも安西が本当に好きになってたってことで
良いのかな?

全3話だと、登場人物全員を描ききるのは
難しいので、
どうしても、こちらの想像を膨らませて。という終わり方には
なるのだけど。

台湾高鉄をやめると言った王さん(リャン・ジェンチュン)は
やっぱり日本での運転手たちの研修を推し進めたことで
やめることになってしまったようだ。
だけど、やっぱり王さんがいないと
他の社員はついてこない。

最後に指揮を取るのは、やっぱり王さんだった。
カッコ良かった~~!!


そして、春香(波瑠)と繁之(大東駿介)なんだけど。
まあ別れてしまうのは想像ついてた。
でも、突然だったよね。
台湾新幹線の開業が延期になったので
春香は、当然、台湾に残ることになる。

だけどなんの相談もなく
迷うこともなくっていう春香の態度が気に入らなかったというか?
台湾に突然やってきて
めちゃ機嫌悪い。
これ、男と女の立場が逆バージョンは
ありがちだけど。

だいたい、春香のほうは、繁之と会えない時間に
ぜんぜん繁之のこと
考えてなかったからね^^;
切ないとか思ってなかったからね。

繁之を裏切ってはいけない。と思うことはあっても。

そのあとも春香の気持ちは
繁之にはないとあの突然の繁之の訪問で
実感しちゃったのかも。

日本に突然帰国して、
突然、婚約指輪突っ返したからね。


最後は、やっぱりエリック(アーロン)と結ばれなきゃ!!と
思って待ちわびた。

葉山さんのエリックを見つけたときの
素早さが、すごかった。


13年愛かぁ。。。

もっと長く春香とエリックの物語を見たかったな~。


台湾新幹線。
開業に向けて、いろんな人たちの
国境を超えて
たくさんの思いがつまってる希望だったんだろうな~。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【波瑠主演「路~台湾エキスプレス」第1話】

   

全3話。
台湾と日本の共同制作ドラマ。

台湾に新幹線が走っていた。
その新幹線に乗り込んだ女性は
これを作った人を知ってるんだ!ととても自慢げに
隣の座席の人に話している。
偶然居合わせた隣の人は、ちょっと迷惑そうだったけど^^。

それは20年前。

東京の商社では
1つの電話を待っていた。

台湾鉄道の車両システムの優先交渉権を日本の新幹線が
得られるかどうか。
朗報を待っていたのだ。

そして、優先権は与えられた。

春香(波瑠)がは、そのプロジェクトのいち員として
台湾に行くことになる。

台湾には、これまで6回訪れている春香。

春香には恋人がいるので
両手をあげて喜ぶってところでもなく。
いや、それとは別に春香には
台湾という土地に
なにかありそうだった。

ホテルマンとして働く恋人の繁之(大東駿介)に
出向の話しをすると、
行って来い。と笑顔で送り出してくれた。
そのかわり、自分と結婚すること。と
条件つきで。


台湾に着くと、いつも何かを追いかけているような目の春香。

現地社員のリン(アンナ・リー)がキレイな日本語で
話しかけてくれて、
すぐに春香は仲良くなっていった。

そして、春香はリンに話した。
大学1年のときに台湾に一人でやってきたときに
知り合ったエリックという青年との出会い。

いや~
やばいよね。
一人旅で海外にやってきて、
現地のイケメンに案内してもらって
恋に落ちるとか。

誰もが羨む恋の話しじゃないの。
しかも、エリック、めちゃイケメンすぎ!!

帰り際に、エリックに電話番号を渡そうとすると
エリックの番号を教えるので
春香からかけてくれと言われ、別れた。
だけど、肝心な番号、なくす春香。

なくすか?普通。。。


それを聞いたリン。

探してくれるのだ。


仕事のほうは、順調
ともいかないようで、
現地スタッフといえど、台湾人ばかりでなく
外国人がめちゃ多いのだ。

けっこう強引に話しを勧めてくる台湾高鉄の副総経理に
悩まされる春香の先輩で一緒に台湾に渡った安西(井浦新)。

この安西も台湾でちょっと素敵な出会いがあるようで。
単身赴任を癒やしてくれる台湾美女。
これもやばいよね~。

台湾高鉄の副社長代理のレスター・王(リャン・ジェンチュン)
これがまた、ひげはやしてとても素敵な男性で
春香を食事に誘ったりしてるけど。
こちらは、なにか起きるのかしら。。


なんだか夢のような恋物語ではあるけど。

骨組みのところは、
台湾に新幹線を通す!って話し。

どうして恋愛を絡めたのか。
恋愛に新幹線を絡めたのか。

愛と仕事は片方だけでは人生ではないからなのか。

3話ではもったいないくらいの
台湾と日本の素敵な物語になりそう。


残念ながら、また大東駿介は
振られそうだよね。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






br_decobanner_20110417165910.gif | | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ