FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【田中圭主演×安田顕とタッグ『らせんの迷宮』、共演に倉科カナ&松坂慶子ら】

  

俳優の田中圭が主演を務め、安田顕と共演するドラマ
『らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~』(テレビ東京系/4月24日より毎週金曜20時)に、
女優の倉科カナ、松坂慶子らが出演することが発表された。

本作はビッグコミック増刊号(小学館刊)で連載された作:夏緑、
画:菊田洋之による人気ミステリー漫画『らせんの迷宮―遺伝子捜査―』の実写ドラマ化。
難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫る。

 「DNAは嘘をつかない」が口癖で、数億桁の遺伝子配列を記憶するという
天才遺伝子科学者・神保仁を田中が、神保と事件解決のためタッグを組む
熱血刑事・安堂源次を安田が演じる。

 倉科が演じるのは、警視庁科学捜査研究所の美女・乱原流奈。
優秀で明るい性格の乱原は、研究所にいるだけでなく、
安堂たち刑事と共に現場にも臨場する行動派。プライドは高いが、
神保のことは研究者として非常に尊敬しており、神保と安堂の捜査に進
んで協力するという役どころだ。

 倉科は「原作のキャラクターとは色合いが少し違いますが、
新しい乱原流奈を作り、生きていけたらなと思います」と意気込む。

 松坂が演じるのは、神保に部屋を間借りさせ食事などを作ってあげたり
何かと面倒をみているスナック「ゲ呑ム」(げのむ)のママ・馬場ゆかり。
おおらかで純真な性格であるが、時折物思う姿を見せ、
何らかの過去を抱えているような謎めいた大人の女性でもある。

 松坂は「脚本がとても面白く、引き込まれました。
田中圭さんとご一緒にお仕事ができる事も楽しみです」とコメントした。

 ほかに、原作にはないドラマオリジナルキャラクターとして、
警視庁・捜査一課長・栗原四郎役で渡辺いっけい、
警視庁捜査一課・巡査で安堂班の若手刑事・瓜生夏樹役で中田圭祐が出演する。

 金曜8時のドラマ『らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~』は
テレビ東京系にて4月24日から毎週金曜20時放送。
(クランク・イン)

<キャスト>
田中圭
安田顕
倉科カナ
渡辺いっけい
中田圭祐
松坂慶子







最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【田中圭、ゴールデン帯ドラマ初主演! 遺伝子科学者役で安田顕とバディに】

  

俳優の田中圭が、テレビ東京系新金曜8時のドラマ『らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~』
(4月スタート 毎週金曜20時~)に主演することが12日、明らかになった。

同作は、作:夏緑、画:菊田洋之による『らせんの迷宮―遺伝子捜査―』の実写化作品。
「DNAは嘘をつかない」が口癖で、数億桁の遺伝子配列を記憶するという
天才遺伝子科学者・神保仁(田中)が、熱血刑事や科捜研の美女とともに、
難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫る。

主演を務める田中は、ゴールデン帯ドラマの主演は初となる。
同局では深夜ドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』(13年)以来
7年ぶりの主演に。
細胞医療学科・ゲノム解析学研究室所属にして准教授の肩書きを持つ
DNAの専門家で、趣味は個人的なDNAデータベースを作成することという
神保を演じる。DNA研究に没頭するあまり常軌を逸した行動をとることがあり、
周りからは変人と思われている。

そんな神保と事件解決のためにタッグを組む
熱血刑事・安堂源次を演じるのは、安田顕。
神保とは正反対で、涙もろく直情型の昭和な刑事であり、
変わり者の神保に何かと振り回される役どころとなる。
田中と安田は今回初共演で、バディとなっていく。
また、豪華共演者、そして原作にはいないオリジナルキャラクターも登場予定となっている。


田中圭 コメント
台本を読んでワクワクしましたし、これから安田さんをはじめ共演者の
皆さまと一緒に、新しいモノを作っていければいいなと思います。
金曜20時なので、みんなが楽しくみられるけど、気付いたら
集中して夕飯を食べ忘れた……みたいな、のめり込める作品に
なればいいなと思います。みんなで頑張っていきます!
自分の役も特徴的で、今まで普通が持ち味の役ばかりやってきたので、
最初は戸惑ったり照れたりするだろうと思いますが、
自分なりの神保准教授を生きられればいいなと思います。
皆さま楽しみにしていてください。そして、毎週一緒に事件を
解決していってください!宜しくお願いします!

安田顕 コメント
刑事役は、いつもワクワクします。安堂という役を現場で楽しみながら、
人間味あるよう演じていけたらと思います。
田中圭さんとご一緒するのは初めてですが、とても嬉しく、光栄です。
これまた今から楽しみで仕方ありません。
ご覧くださる方々に、楽しんでいただけるドラマをキャスト、
スタッフの皆さまと作り上げていけるよう、頑張ります。
(マイナビ)


お!公式発表出ましたね!!!



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【田中圭、テレ東主演で天才教授役決定 「らせんの迷宮」】

  


「4月期からテレ東系で田中さんの主演ドラマ『らせんの迷宮』が
放送される予定です。コミックが原作で、彼が演じるのは
数億桁の遺伝子配列を記憶できる天才准教授役。
熱血刑事とともに未解決事件を解決していきます」(ある演出家)

田中は今年で芸歴20年になる中堅俳優だ。
11年に元女優と結婚した二児の父でもある。

18年に放送された「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の中では、
結婚した理由について次のように語っていた。

〈ボク、授かり婚なのでいろんな選択があったんですよ。
仕事もまだまだしていきたいし、人気も欲しいしとか。
もっとモテたいし、もっと遊びたいとか。やりたいことだとありすぎて
選べないから、自分が今一番失って
嫌なものなんだろうって思った時に嫁だったんで結婚しました〉

聞きようによっては、かなり身勝手な発言にも聞こえる。
しかも同年に、「おっさんずラブ」で共演した女優の内田理央(28)との
密会疑惑が女性誌に掲載された。
だが、いずれも全くと言っていいほど波風は立たなかった。

「田中は進学校として名高い渋谷教育学園幕張中学高校の出身で
もともと地頭がいい。それでいて、下積みが長く、
酸いも甘いも知り尽くしている。
だから、人気が出ても調子に乗ることがない。
話している内容や行動が多少変でも素の部分で正直さや
誠実さが視聴者にしっかり伝わっているのでしょう。
言動に“嘘臭さ”がないから、ファンも裏切られた感じがしないのでしょう」

昨年末、田中圭は週刊文春の単独インタビューでこのようにも語っていた。

〈注目を浴びれば浴びるほど愛のある言葉もたくさんいただきますが、
その分アンチも増えていきます。僕がどう振る舞っても、
全ての人に自分が思った通りに受け取ってもらえるわけではないです。
だったら無理に好かれようとは思わず、自分らしくいるのが一番いい思っています〉

言葉と行動が完全に一致することは難しい。
それを自然体で表現できる田中圭はやはり稀有な存在なのだ。今年もブームが続きそうだ。
(エキサイト)


テレ東からの公式発表は、まだかな。。。?

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ