FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【田中圭、4月期ドラマ掛け持ち! フジ木10で石原さとみの先輩役】

  

俳優の田中圭が、フジテレビ系ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』
(4月9日スタート、毎週木曜22:00~ ※初回15分拡大)に出演することが
12日、明らかになった。

病院内にある薬剤部で、主に患者の薬の調剤、製剤を行う“病院薬剤師”たちの
知られざる舞台裏を描く同ドラマ。4月クールは、テレビ東京系
『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』に主演することも決まっている田中が演じるのは、
石原さとみ演じるみどりの先輩薬剤師・瀬野章吾だ。

いつもぶっきらぼうで愛想の無い人間にみえるが、実際の心根は優しく、
誰よりも患者思いという役どころ。チームメートからの信頼も厚く、
みどりが困ったときいつも頼りにする相手となっている。

そんなみどりに対し冷たい態度を示すこともしばしばだが、
患者と真摯(しんし)に向き合うみどりのことを心の中では認めている。
瀬野が感情をあらわにすることはほとんど無いが、
心の中では“誰よりも患者の日常を守りたい”という情熱を秘めており、
一見対照的にみえるみどりと進むべき道は同じという関係だ。

田中は、台本を読んで、「僕の個人的な印象ですが、薬剤師は
人気の職業というイメージで、『その人気の理由はどこにあるのだろう?』と
以前から思っていました。そんな薬剤師にスポットが当たる今作の台本を読んで、
とても大事な仕事だということを改めて痛感しました。
医師のような派手さはないけれど、
絶対に調剤を間違えてはいけない責任を負っています。
薬剤師が持つ魅力を、ドラマを通して伝えていければと思っています。
主人公のみどりをはじめ、病院薬剤師の人間的な魅力が
感じられる台本でした」と印象をコメント。

役柄については「瀬野はみどりに対してツンツンした態度を取りますが、
そこには先輩としての厳しさや愛があります。石原(さとみ)さんとは
十数年来の友人ですが、“先輩と後輩”という関係性もあるので
演じやすいかなと思っています。台本から読み取れるものに、
僕と石原さんの普段の感覚を少し乗せたら、僕たちにしかできないみどりと
瀬野が作れるのではないかと思います。楽しみです」と語る。

そして、視聴者に向けて、「薬剤師のことをちゃんと知らない方は多いと思いますが、
ドラマを通じてみなさんに知っていただくチャンスですし、
僕自身知りたいと思っています。普段薬局で薬を受け取るとき、
結構待たされますよね?(笑) 『待ち時間が長いな』と感じている方も
いらっしゃるかもしれませんが、このドラマを見ると、
そういう以前の自分に“さよなら”できると思います。
薬剤師に対するイメージが変わると思いますのでぜひご覧ください」と呼びかけた。

野田悠介プロデューサーは「瀬野はみどりの指導薬剤師だったので、
みどりを育てるため、常に厳しく指導しています。
キャリア8年目になった今でもみどりのことを半人前扱いしていますが、
みどりは心の底では瀬野に対して絶大な信頼を置いている、
師弟関係とも呼べる間柄です。冷静さ、ストイックさの中にある
心の温かさを、田中圭さんならば表現していただけると思いました。
瀬野とみどりの関係性がどう発展していくのかにもご注目ください!」と話している。
(マイナビ)


すごいな。
テレ東で主演やるから、他ではないかと思ってた。。。
倒れなきゃ良いけど。。。
え!?しかも、このドラマ、西野七瀬に金澤美穂も出るんだよね???

あな番じゃん!!!

<キャスト>
石原さとみ
西野七瀬
清原翔
桜井ユキ
井之脇海
金澤美穂
でんでん
池田鉄洋
迫田孝也
田中圭






最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【真矢ミキ、石原さとみの上司役に起用「いとおしきズルさを出していきたい」】

  

 女優の真矢ミキが、4月9日スタートの石原さとみ主演によるフジテレビ系
連続ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(毎週木曜 後10:00)に
出演することがわかった。
舞台となる萬津(よろづ)総合病院薬剤部の部長で、
石原演じる主人公・葵みどりの上司・販田聡子(はんだ・さとこ)を務める。
真矢は「販田は一ひねりどころか、二ひねりも三ひねりもあるので、
体操選手だったらきっとカッコイイ着地を決められるんじゃないでしょうか(笑)。
いとおしきズルさを出していきたいですね」と展望する。
このほか、でんでん、池田鉄洋、迫田孝也らも物語の脇を固める。

 聡子は部下に気を遣う上司として、新人の相原くるみ(西野七瀬)に対しても
細心の注意を払って優しく接するなど、
ハラスメントに敏感な現代を象徴する上司像を持つ。
一方で、ただ単に優しいだけではなく、ある種のズルさや計算高さも垣間見える。
真矢自身も「今の時代を象徴するような、組織の中間ポジションに
位置する女性」とたとえ、「販田と同世代の方には、
“上司だってズルさがなければ生き抜けない”という人間くさい部分は
共感していただけると思いますし、その内面が視聴者の方に
伝わればうれしいです」とアピールする。 

 主演の石原の印象については「石原さんがまだ10代の頃、
CMの現場で初めてお会いました。演技でご一緒するのは今回が初めてです。
当時はオンオフのない、天真爛漫な子。
先日、別の番組でお会いしたとき、『真矢さーん!』って明るく話しかけてくれて、
その気さくな雰囲気はあの頃と全く変わっていなかったですね。
いつもビタミンを発射しているような方で、さりげない気遣いが好きです」と癒やされているよう。

 演技についても「彼女はキャラクターの嫌な部分や、
かすかな影の部分もちゃんと表現できる俳優。
だからこそ演技に振り幅も生まれると思うし、彼女の表現が私は大好きです。
今回の役も彼女にぴったりだと思いますね」と絶賛している。

 また、でんでんが演じるのは“調剤の魔術師”という異名を持つ
ベテラン薬剤師の荒神寛治(あらがみ・かんじ)。
医薬品情報を専門的に管理するドラッグインフォメーション室(通称:DI室)の責任者だ。
ひょうひょうとした物腰の柔らかい雰囲気で、たとえどんなに厄介な患者でも
荒神を前にすれば不思議とクールダウンしてしまう。
一体、どんな“魔術”を使って患者の気持ちを落ち着かせているのか…。

 池田が演じるのは、薬剤部副部長の七尾拓(ななお・たく)。
薬剤部メンバーの中で独特な空気感を漂わせる不気味な男。
治験管理を担当する七尾は、薬の開発の臨床試験で実績を上げており、
その優秀さゆえに他のメンバーとは一線を画した“治外法権”の立場にいる。
薬剤部の“ワンチーム”を描く今作だが、七尾はみどりたちの味方なのか、それとも…。
石原とは法医学ミステリードラマ『アンナチュラル』(18年、TBS)以来の共演となる。

 迫田が演じるのは中華料理店・娘娘亭(にゃんにゃんてい)の店主、
辰川秀三(たつかわ・しゅうぞう)。辰川は萬津総合病院では
“待たせると激ギレする”と有名な外来患者。
辰川の扱いには薬剤部メンバーの誰もが手を焼いている。
みどりは客としてたびたび来店しており、謎の青年、
小野塚綾(清原翔)と出会うのも娘娘亭。
ここでの団らんが、普段仕事で気を張っているみどりたちにとって、
ほっと一息つける癒やしの時間となる。
(ORICON)

<キャスト>
石原さとみ
西野七瀬
清原翔
桜井ユキ
井之脇海
金澤美穂
でんでん
池田鉄洋
迫田孝也





最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【西野七瀬&金澤美穂、“あな番”隣人がフジ木10でチームメートに】

  

元乃木坂46で女優の西野七瀬が、フジテレビ系ドラマ
『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(4月スタート、毎週木曜22:00~)に
出演することが26日、明らかになった。
西野は、同局の連ドラ初出演となる。

病院内にある薬剤部で、主に患者の薬の調剤、
製剤を行う“病院薬剤師”たちの知られざる舞台裏を描く同ドラマ。
主演の石原さとみが、キャリア8年目の病院薬剤師・葵みどりを演じ、
西野は、その薬剤部の新人病院薬剤師・相原くるみを演じる。

西野は「台本を読むことで、薬剤師の仕事内容を初めて知ることも多くて、
ストーリーも面白いので、演じていくのがとても楽しみになりました」といい、
「新人らしく全てのことに新鮮にリアクションするよう意識したいなと思っています」と語った。

また金澤美穂が、うわさ話が大好きなキャリア4年目の
病院薬剤師・工藤虹子役で登場。
西野とは『あなたの番です』(19年、日本テレビ系)で共演し、
同じマンションに住む隣人を演じたが、
今作では西野と同じ薬剤部のチームメートとして結束力を見せる。

さらに、現在放送中の『アライブ がん専門医のカルテ』で研修医を演じる清原翔が
、2クール連続で木曜劇場にレギュラー出演。
ひょんなことからみどりと出会う青年・小野塚綾を演じ、
清原は「『アライブ』と『アンサング・シンデレラ』はどちらも医療ドラマですが、
舞台も内容も全く異なるので、新鮮な気持ちで楽しんで撮影に
臨みたいと思っています」と意欲を示した。

ほかにも、桜井ユキが調剤のプロ中のプロ・刈谷奈緒子役、
井之脇海がキャリア3年目の若手病院薬剤師・羽倉龍之介で出演。
桜井は「実際に働いていらっしゃる薬剤師の皆さんに対する意識や
目線が変わればすてきだと思います」、井之脇は「毎週、
みなさんが楽しめる処方箋のようなドラマになるといいな」と話している。
(マイナビ)


<キャスト>
石原さとみ
西野七瀬
清原翔
桜井ユキ
井之脇海
金澤美穂



これは、めっちゃ楽しみ!!
今、日テレの藤ヶ谷太輔の深夜ドラマに、奈緒と金澤美穂が
一緒に出てるんだけど、シンイーちゃんのときとは、また違った雰囲気で、
ものすごくキレイなんだよね、金澤美穂ちゃん。
西野七瀬も、すっごく楽しみだわ~。

このキャスティング、いかにもフジっぽい。

脚本が面白いドラマになりますように!!!

あ、でも脚本も「グランメゾン東京」の黒岩勉さんだって。
これまたぬかりない。
フジっぽい。
とはいえ、黒岩勉さんの「dinner」が、私はものっすごく好き!!




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【石原さとみ、連ドラ史上初・病院薬剤師の主人公「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」4月スタート

 

女優の石原さとみが、4月スタートのフジテレビ系ドラマ
『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(毎週木曜22:00~)で
主演を務めることが4日、分かった。

このドラマは、『月刊コミックゼノン』で連載中の
『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』(荒井ママレ/医療原案:富野浩充)が原作。
院内にある薬剤部で、主に患者の薬の調剤、
製剤を行う“病院薬剤師”たちの知られざる舞台裏を、
黒岩勉氏の脚本、石原主演の『ディア・シスター』を手掛けた田中亮氏の演出で描く。

“アンサング”とは「褒められない」という意味。医師のように頼られず、
看護師のように親しまれなくても、“縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)”として
患者のために奮闘する、病院薬剤師たちのヒューマンドラマだ。
病院薬剤師が主人公の日本の連ドラは、史上初だという。

石原が演じるのは、キャリア8年目の病院薬剤師・葵みどり。
「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。
それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っているが、
ついつい患者に深入りして時間をかけてしまい
、他の薬剤師からもっと効率的に仕事をすべきだと叱られることも。
チャームポイントのお団子ヘアを揺らしながら、患者一人ひとりと真摯(しんし)に向き合っていく。

石原は「薬剤師の方は薬局で“お薬を渡してくださる方”という印象で、
一体どういうお仕事をされているのか具体的には知りませんでした。
今回ドラマのお話をいただき原作を読んで、仕事内容の大変さに
驚きましたし、薬剤師は“薬で命を助ける専門家”なんだと痛感しました。
私自身、ドラマで医師や看護師を演じた経験はありますが、
薬剤師が登場人物として描かれることはほとんどなかったのではないでしょうか。
患者に寄り添う大切な存在なのに知らないことばかりでした」とコメント。

今回の役柄については「ドラマで描かれるみどりは、
原作よりもキャリアを積んでいる設定なので、
患者さんに寄り添う温かさや優しさを持つ一方で、
冷静な部分も持ち合わせていると思います。
患者さんにとっての“最後の砦”という自覚をもち、単にがむしゃらなだけではなく、
優しさが本当の強さだということが伝わるように演じていきたいです」と話す。

薬剤師の衣装は、デザインから一緒に考えたそうで、
「機能的でスタイリッシュながらも、どこかかわいさもあり、
自然に身にまとうことができています。白衣だと医師や看護師と
見分けがつかなくなってしまうのでデザインの違いを意識しました。
というのも、私の友人の薬剤師が、“院内で医師と間違われてはいけないので、
服装がかぶらないように徹底している”と教えてくれたんです。
このドラマを通じて、薬剤師にもユニホームがあることが
浸透してくれたらうれしいです」とのこと。

そして、「薬剤師というお仕事をもっと多くの人に知っていただきたいと思います。
私自身、初めて知って驚いたことがたくさんありました。
そして、夢物語ではなく、きちんと現実を伝えていけたらと思います。
実際に薬剤師として働く方にとって、“明日もがんばろう”という
活力になれたらうれしいです。そして、世の中で働く皆さまに
“諦めないこと”、“人を大切にすること”というメッセージが伝わるよう
精いっぱいがんばりたいと思います」と呼びかけた。

漫画家の荒井ママレ氏は「この作品を立ち上げるとき何人もの
薬剤師さんに取材させていただきましたが、
皆さん必ず“薬剤師が主役で大丈夫ですか…?”とおっしゃっていました。
医療モノは数あれど、薬剤師はほとんど出てきません。
けれど、そんな“縁の下の力持ち”たちが必死に働く日常を掬(すく)い上げて
この作品は生まれました。
ドラマならではの『アンサングシンデレラ』が見られること、
1人の視聴者として楽しみにしています!」と期待。

野田悠介プロデューサーは「今回の主人公・葵みどりは、
周囲の状況や自分が置かれている立場を弁(わきま)えつつも、
患者さんのためであれば、ときに医師と、ときに患者さんと闘う、
信念の強さと優しさにあふれた人物です。そんな葵みどりを
冷静さの中に強い情熱を感じさせる石原さとみさんならば、
リアルに具現化していただけると思い、お願いさせていただきました」と起用理由を語っている。
(マイナビ)






最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ